表現の不自由展 広島。 「表現の不自由展・その後」実行委員・永田浩三氏(武蔵大学教授)の目に涙も「作家に一言もないことは尋常ならざる事態」 ~展示会の再開~緊急集会&記者会見 あいちトリエンナーレ「表現の不自由展・その後」中止事件

「表現の不自由展・その後」中止に対する日韓の音楽家有志による抗議と声明

今回の「表現の不自由展・その後」の中止によって、芸術、並びにそれを表現した人間、そして表現しなければならなかった世界と歴史がそこに存在したという事実は「強いられた沈黙」「強いられた忘却」によって歪められ、消却されたのです。 数カ月前、このイベントに、あいちトリエンナーレ2019で話題になった「表現の不自由展・その後」の出品作家である大浦信行や小泉明郎の作品が展示されることが知られると、ネットがざわついた。 ・むしろ 正体隠さ無いトコロが 日本人舐めてるとしか 考えられない!…にしても 【バカで無知で愚かだ!】 ・これぐらいの事をしても注意で済むのか・・・。 しかし、そもそも芸術は、傷を媒介に人の感性を活性化する営み。 その上で、我に向けての不当な攻撃に対する正当防衛だと言うわけだ。

Next

あいちトリエンナーレ「表現の不自由展」論争再燃

また「'86」展の副担当で現在、金沢21世紀美術館(金沢市)館長の島敦彦さんも、美術館側から当時を振り返った文章を寄せる。 このような事実は、芸術家に、これから日本で作品を発表すること自体に不安や懐疑を抱かせることになるからです。 あの拍手をどう受け止めればよいのだろうか、と。 2019年10月27日閲覧。 でも改めて考えてみたら、その拍手は恐らく、封印されていたものがようやく解かれた、「表現の不自由展・その後」がようやく再開された、ということへの拍手だったのではないかという気がする。 だがある時、ある場所に「存在」したという「事実」は「忘却」されない限り残ります。

Next

高須長院 大村知事を「リコールします」 「表現の不自由展・その後」対応問題視/芸能/デイリースポーツ online

그러나 이럴 때일수록 예술가로서 우리들이 해야 할 일은 서로 반목하기 보다는, 각자의 생각을 있는 그대로 자유로이 표현하여 토론의장을 형성함으로써 양국간 나아가야 할 방향을 도출해내는 것이라고 생각합니다. この項目は、 に関連した です。 肝心の「表現の不自由展・その後」の会場内取材・撮影が全面禁止であることが伝えられ、その会場入り口も代表取材にするといった条件が示され、取材希望者が手を挙げて意思表示をするなど、やりとりが行われていた。 そして、その 作者である大浦信行、「表現の不自由展・その後」でも作品を展示していた小泉明郎らが発壇して、検閲されるモチーフ等について対話する企画なのです。 抽選で入場者を選ぶのに大変な行列が 一般の客は抽選で30人2組だけが、その日再開する「表現の不自由展・その後」の会場に入れることになっていた。 それは彼ら自身が表現の不朽性を認め、恐れるからに他ならない。

Next

ケント・ギルバート氏「北海道の【表現の不自由展実行員会】が私の写真を燃やしたのはヘイトだし肖像権侵害。処罰を」

これを受け主催側は、今後も継続して展示会を開催する意向を示した。 今回19年度愛知トリエンナーレ 「表現の不自由展・その後」にて、「平和の少女像」の展示が中止された事態について深く残念と思います。 저는 이하의 두 가지 내용을 선언합니다. しかし、作品の終盤には「被爆最高」「最高」「もうちょっと浴びたいよ」という叫びもあり、には「東北揶揄」「反日」「」といった反発の声があがっている。 まずこれらの点について、強く念を押しておきたいと思います。 傷を理由に企画を中止することになれば、他のあらゆる芸術表現の場も恣意的に閉ざされうるリスクに晒されます。

Next

あいちトリエンナーレ「表現の不自由展」論争再燃

参加作家は16組。 しかし芸術とは、今、声を挙げることすらできない、また過去に声を挙げることもできなかった人々に代わって彼ら/彼女らの「内にある/あったものを外に出す」すなわち表現することができることにおいて強いものなのです。 ただ、被災当時の若者たちのをそのまま単純に映し出した作品」「地元の子たちも盛り上がって、徐々にになっていく。 2019年に愛知県で開催された国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」は、会期中に企画展「表現の不自由展・その後」が一時中止に追い込まれ、「表現の自由」や「公共と芸術」など多様な論議が巻き起こった。 様相は異なっても、市民が暴走し、権力が同調し、集団による暴力と権力が一体化した時に事態が最悪に向かうという構図は、関東大虐殺や虐殺否定論とも同様であった。 したがって韓国の芸術家の方も、このような状況の中で芸術家たちと連帯し、日本の中で表現の自由を守ろうと声をあげている日本の芸術家たちを覚えてください。 耕作をしないと、土は痩せて固まり、作物は根も張れず、育たなくなります。

Next

あいちトリエンナーレ「表現の不自由展」再開後初の天皇動画上映に拍手が湧いた理由(篠田博之)

少女像に対する攻撃は、表現問題に偽装した明白なヘイトスピーチだった。 参加作家には、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」(10月14日終了)で一時中止された企画展「表現の不自由展・その後」(不自由展)の出展者だった大浦信行さんや小泉明郎さんも名を連ねる。 표현의 부자유의 부당함을 호소하는 전시는 결국 그 부자유에 의해 억압됨으로써 완결되고 말았습니다. タイトルの通り、バイト先である香港式の中華料理店で日本人の社長から「中国のもの食わないから」と言われて渡されたというお菓子を作品にしたものだが、五美大展では「腐敗の怖れあり」との理由でお菓子を包んだ個包装の展示が却下された。 2019年11月25日閲覧。 朝日新聞デジタル. 一部アーティストが作品の近くでメディアの取材にも応じており、比較的穏やかな雰囲気が流れていた。 行政は展示内容に 口出ししないのが正しいのか ただ今回の本質の問題は、その後の(5)と(6)の論点だ。

Next

「表現の不自由展・その後」中止に対する日韓の音楽家有志による抗議と声明

10月8日、「あいちトリエンナーレ2019」の「表現の不自由展・その後」再開の日。 作家・キム夫妻は8月1日のハフポスト日本版によるインタビューで、少女像は元慰安婦の女性たちが戦時中・戦時後に受けた苦痛を表現したものだと説明。 그리고 이 연대의 지속을 위해서도, 저는 표현의 자유가 영구히 보장되는 사회가 될 수 있기를 마음 깊이 소망합니다. まとめ 「ひろしまトリエンナーレ2020」はまだプレイベントが開催された段階です。 ・訴訟してもいいと思う ・これは素晴らしい放送だなぁと見ていました!これは左翼の反日活動へのいろんな意味での対処になりそうですね!!. これら主催者と行政との対立に対し「企画意図は理解できても芸術としては受け入れられない」とする大村への賛意と、「トリエンナーレで表現の自由を強調した大村知事が、今度はヘイトだと言う。 そしてそれぞれの作品について、一定の知識を持っていた。 私は動画を見たのは3回目だったが、その拍手は予想外でちょっと驚いた。 帰京後、夜に大浦さんに電話でそのことを話した後も、ちょっと考えた。

Next

北海道「表現の不自由展」著名人の写真燃やし批判殺到 謝罪も波紋

즉 붓에 의한 전쟁이다. 土を耕すと、土の中では劇的な環境変化が起こります。 一方、造形美術にはその弱さがない。 上記のような目的から、なぜ彼らの作品が展示されることになったのか、その経緯は不透明という他ありません。 ところで本事件は海外においては関東大虐殺 Kanto Massacre と呼ばれるが、この簡便な呼称が日本語としてはほとんど流通していないように思われることも注目に値する。 先人の犯した罪を直視できない社会に未来はない。 表現の適切性、政治性を論じる前に、現代の姿を、現代が進むべき姿を表現することは、現代を生きていく芸術家としての義務だと思います。 感情的な対立が激化するだろう」と伝えた。

Next