古いスマホ 監視カメラ。 古いiPhoneを監視カメラ代わりに使っても大丈夫?実際に使って試してみたぞ

古いiPhoneを監視カメラ代わりに使っても大丈夫?実際に使って試してみたぞ

これらをすべて遠隔で操作できるわけです。 一方、泥棒や空き巣の防止、駐車場の防犯や車上荒らし対策、外壁等への落書き防止、近隣トラブル対策といった本格的な用途には、先ほど紹介した方法もいいが、万全を期すのであれば、屋外設置用の専用カメラの方がいいだろう。 そのため、携帯としては使わなくなっても、しまったままにしておくのはもったいない話です。 セキュカム — 動体検知監視カメラ• 今使っているiPhoneにアプリをインストール• ダウンロード数1,000万超という大ヒットアプリですが、筆者が少し触ってみた感じでは外部からアクセスするために自宅のIPアドレスとデフォルトのポート番号8080番をリクエストする必要があるなど、初心者が設定を行うには少しハードルが高い印象です。 電話回線が使えなくなるだけで、LINEなどのアプリなどは普通に使うことも可能です。 これで、外出中や県外遠征中でも確認ができます。

Next

iPhone(アイフォン)が監視カメラになる!今すぐ防犯カメラが必要な時に使えるスマホアプリ

使わなくなったスマホが家にある人は、ぜひ一度試してみると良いでしょう。 FLIR• ユーザー登録しないと動画の保存ができない• 1つ目はスマホを固定しておくことです。 そんなみなさんにアプリを一覧形式で紹介する前にまず、アプリの種類について知っておいて欲しい内容があります。 ・Motion Detection Camera HD 人の動きを感知して、自動で撮影してくれるアプリです。 Ivideon 監視カメラ 幅広いカメラに対応する「Ivideon 監視カメラ」は、選択肢が多いため便利に使いやすいです。

Next

古いiPhoneを監視カメラ代わりに使っても大丈夫?実際に使って試してみたぞ

最近は街角だけでなく、個人宅でも防犯カメラを設置する家が増えてきています。 監視カメラアプリは2つのタイプから選ぶ まず知っておきたいのが、監視カメラアプリの種類です。 万が一ハッキングとかされるとカメラを設置した場所のプライバシーがダダもれになる 【 とるスマホ用アプリ】 AtHome Video Streamer iOS Android 【 みるスマホ用アプリ】 AtHome Camera iOS Android アプリからの画面 ふつうにスマホからみると、こんな感じです。 Lorex• ターゲットが映る位置に、スマホをセットします。 ユーザー登録不要• 撮影した写真をパソコンにWiFi経由で送るには さて、バッテリーも持つようになって、ガンガン写真を撮ったのはいいけど、これパソコンに送るにはどうすんの? 数枚程度なら「Gmail」で自分あてにメールで送って、パソコンでそのGmailのアカウントにログインすれば楽です。 特にレンズの性能がスマホだと落ちるのは仕方がないところです。 不要になったスマホを最大限有効に活動することで、常に外の映像を室内から見ることができるようになります。

Next

古いスマホを監視カメラとして再活用するアプリ

これにより、いつどこにいても防犯カメラの確認ができます。 映像の解像度の設定もできるので、回線の状況がよくない場合は解像度を下げるといいでしょう。 だいたいのスマホは、解約した後もWi-Fiにつなげることでアプリやオンラインサービスを利用できます。 古くなったスマホといっても購入当時は数万円もした高額なデバイスですので、コレを無駄に眠らせておく必要はありませんよね。 また、ウェブカメラの購入時に付属しているCDやメーカーのウェブサイトからダウンロードできる専用ソフトには、動体検知で録画できる機能を搭載しているものも多いのでまずはウェブカメラのメーカー純正ソフトを調べてみると良いでしょう。 もう1回タップすると元に戻ります。 音楽プレイヤーに特化して使う といった用途での使用ならば、基本的に通信をオフにしておけるのでホントにおすすめですね。

Next

古いスマホの使い道12選!使わなくなったスマホにまさかの活用法が!?

玄関についてたりするものとか、そういうタイプですね。 また、きちんとした防犯カメラを使う場合は費用面で心配がありますが、アプリならそのような心配も不要です。 asustor. C:スナップショットが撮影できます。 アルフレッド専用のスマホとして使うのであれば、わざわざ新品を用意する必要はない。 多くのお店で使われている防犯カメラですが、個人宅で使用するには、少しハードルが高いのではと思う人も多いのではないでしょうか。

Next

【無料アプリ】使ってないiPhoneやiPadが防犯・監視カメラに!【Alfred】

とる側とみる側、 二台それぞれに同シリーズの別アプリをいれるのがややこしい(とる側が青い『 AtHome Video Streamer』、みる側が赤い『 AtHome Camera』)• 新しくスマホを買い換えた際、それまで使っていたスマホは不要になる人が多いものです。 すごい! また、動体検知機能がありますので、 監視カメラ側で動きを検知した場合、 ビューワー側のスマホに通知してくれるとともに、 キャプチャもしてくれます。 映像を記録できる防犯カメラシステムをご検討されていらっしゃるなら、当社にご相談ください。 監視カメラとしては、十分のクオリティの動画が撮れます。 カメラの映像に変化があったときにメール通知をするためには、監視システムソフトの「」を使います。

Next

【無料アプリ】使ってないiPhoneやiPadが防犯・監視カメラに!【Alfred】

つかっていないスマホやタブレットが 有効活用できる• もし外出先や遠隔地でトラブルが発生した時、大切な証拠となりうる映像が無い状態では不十分なものとなってしまいます。 Bluetooth• ビデオマークをタップすると、 映像をキャプチャできます。 ユーザー登録しなくてもつかえる(登録するとつかえる機能や端末数がふえる)• それなりに電気代がかかりそうです。 監視カメラでも中古のものは存在しますが、型落ちの中古端末と比べると、高額になることが多いです。 AtHome Camera&AtHome Video Streamer このアプリは、カメラ側とビューアー側が別のアプリになっています。 そのURLを映像確認用のスマホの検索画面で入力すればすぐ映像が確認できます! リビングなどにあるパソコンでiPhoneの監視カメラ映像を確認する パソコンが近くにあればパソコンからiPhoneの監視カメラ映像を確認する事も可能です。 監視カメラを増やしたいなら中古を活用 スマホ1台だけでは監視できる範囲が狭く、さらに追加したいなら端末は中古で購入するのがおすすめです。

Next

スマートフォン利用の監視カメラで身近な防犯対策を考えよう

実際、筆者が空き巣被害に遭ったときは、同じアパートの1階の居住者、4世帯すべてがサッシガラスを割られて侵入されていたくらいだ。 PCにも取り出せるので、証拠撮りもバッチリでしょう。 iCSee カメラの購入が必要な分コストはかかりやすいですが、高機能で利用できるのが魅力でしょう。 その映像を録画しておけば紛れもない証拠になるので、相手も言い逃れができません。 スマホ一つだと動画を再生しながら、メッセージでやり取りしたり、何か他のことをする時に動画を停止させなけらばいけませんが、使わなくなった余ったスマホと現在使用しているスマホ2台あれば動画を再生しながら他のことも楽しめますね。 みてないときの行動は保存されていないのでわからない• ビューワー側のスマホのアプリを起動して、 映像を確認します。 そういうときは「アプリ」を使いましょう。

Next