オタコン メタル ギア。 メタルギアソリッドストーリーまとめ・作品時系列で簡単解説(後編)![TPPネタバレ注意]

ハル・エメリッヒ(オタコン)

本名はヘレナ・ドルフ・ジャクソン。 それには形骸化していた「賢者達」への叛乱という意味も含めていた。 画面を暗転させて視界を奪う「」では、「ビデオ」と表示されるはずの画面右上に「ヒデオ」と表示された偽の外部入力待機画面を映し出す。 「シャドーモセスの真実」によると、彼女はスネークへの復讐の為が極秘に開発していた暗殺用ウィルス兵器であるFOXDIEの開発計画に自ら売り込みをかけ、開発に関わっていたリチャード・エイムズと利用目的で関係を結び、自らの知識や技術を用いて当時開発が頓挫していたFOXDIEを完成させたとされている。 「頼む!遊んでくれ!」「もう切るぞ。 てかその室内用パーカーで雪原歩き回るのは寒かっただろ、ケチャップありがとな -- 名無しさん 2014-11-09 12:54:01• また、サイボーグ忍者のライフをゼロにすると錯乱状態になり、「、、、…」という声が室内に響く。 物語終盤、本物のミラーは作戦の三日前に自宅でトレーニング中に毒ガスで殺害されており、作中でのミラーは髪をくくりサングラスを着用したリキッドであった事が判明する。

Next

ハル・エメリッヒ(オタコン)

- 本作の原案とされている作品。 DEAD MAN WHISPERS(死者は囁く) スコット・ドルフ率いるSEALs チーム10のビッグシェル演習中にヴァンプが暴走し、仲間たちを殺害し始める。 。 身長148cm(『』〈以後『MGR』と表記〉時。 その正体はザンジバーランドでスネークに倒されたはずのグレイ・フォックスであり、半死半生であったところを非道な実験により、生き延びていた。

Next

METAL GEAR 25th ANNIVERSARY SPECIAL SITE

前作・小説版『メタルギア ソリッド』の続編。 これは映画『ニューヨーク1997』の登場人物「スネーク・プリスキン」がスネークのモデルとなっていることに由来しています。 劇中では名前のみの登場となる。 Pieuvre armement ピューブル・アルメマン。 終盤には300人近い人員を擁する大組織になったが、序盤から中盤の間(アマンダ達が合流した直後あたり)は人員不足に悩んでいた(小説版では、深刻な人手不足の為に、薬局店員の経験があるという理由だけで医療班のチーフに任命された人がいる事がチコの発言から分かる)。 でも今君にできることは、もうあと数週間、自宅に籠もることなんだ」となだめられる。 と(から) - 人形で登場。

Next

実写版『メタルギアソリッド』監督、スネークの「無線会話」ネタ動画と共にコンセプトアート公開へ

そして作戦を成功してしまった(=アウターヘブンを壊滅させた)スネークに逆切れして、アウターヘブン首領と言う正体を自ら明かし襲い掛かってくる事に。 HARDと同じくレーダーは表示されず、敵兵の視界は二倍に伸びている。 KGBで対外諜報を担当していた第一総局の後継機関である。 その他の国家における諜報機関・軍事組織 Secret Intelligence Service の諜報機関。 メタルギアはオセロットに奪われ、タンカーは沈没。 -- 名無しさん 2015-09-25 18:48:46• 陰のあるイケメンで頭も良くて優しくてユーモアもある、唯一の欠陥は死亡フラグのみってんじゃ無理ない -- 名無しさん 2014-08-27 16:36:22• スネークイーター作戦に登場する部隊はヴォルギン直属の部隊なので、武装も本来のGRU所属兵士とは異なっているところがある。 大佐 声 - 雷電の所属するハイテク特殊部隊FOXHOUNDの司令官。

Next

実写版『メタルギアソリッド』監督、スネークの「無線会話」ネタ動画と共にコンセプトアート公開へ

シャドー・モセス島事件後、スネークとともに反メタルギア財団「フィランソロピー」を設立し、世界中に拡散したメタルギアの亜種を根絶すべく活動している。 マンハッタン突入後、フェデラル・ホールの屋根の上で雷電と決闘し、刀で背骨を斬られ転落、ジョージ・ワシントン像の前で落命した。 アメリカに本社をおくPMC。 回避術 情報提供:かわい様 メリルの攻撃を回避する方法です。 その後でリキッドに閉じ込められた際に電子ロックをハッキングして開錠し、ガス攻撃からスネークを救出した。 このような「人間らしい」部分も魅力的なキャラクターです。

Next

メタルギアREX

またその後のレイブン戦前のデモでもレイブンに怒られます。 忍者雷電 『メタルギアソリッド』に登場する「忍者」の姿をした雷電。 スネークと格闘の末にREXの上から転落するも生還し、カーチェイスでスネークをあと一歩の場所まで追い詰めたが、FOXDIEによって死亡した。 2017年1月8日閲覧。 続編『メタルギアソリッド4』でも「DUALSHOCK」ネタや「ヒデオ」ネタは使われており、「HIDEO」「HIDEO2」「ヒデオ2」と種類が増えている。 また、オセロットも冷戦時代に3重スパイとして所属していた。 その際に現地の男の子と親しくなっていた。

Next