転生 貴族 鑑定。 『転生貴族、鑑定スキルで成り上がる ~弱小領地を受け継いだので、優秀な人材を増やしていたら、最強領地になってた~』のコミカライズ連載が先行開始

第125話 吉報

暗殺者である俺のステータスが勇…• とにかく家に文明の利器と呼べるものが一つ足りともないのだ。 失敗したら結局この城で戦う事になるんで」 「了解した」 トーマスは、クランを殺害する計画を立て始めた。 野心は裏切りやすさ。 「シャドーはこの店の店主に紹介してもらったので、一度話をしてみましょう」 リーツはそう言って、店内を歩き店主の下に向かい始める。 現状それは避けるべきであると、クランは思っていた。 私は店内にいる人たちを鑑定で見ながら、誰がシャドーの団長かを探してみた。 倒れて病院に運ばれたものに向ける表情とは、違うだろう。

Next

第42話 シャドー

どんな人生を歩んできたからは、覚えているのだが名前だけが、完全に欠け落ちてしまっているのだ。 リオンクール戦記• Comic Walker• 左の数字が現在の能力で、右の数値が潜在能力だ。 ごく普通の家庭に生まれ、小学校に行き、中学校に行き、高校に行き、大学に行き、そこそこの企業に入り、年収も四百五十万と平凡である。 あれだけ苦しんでいたというのに、死ぬ間際は安らかな顔をしていた。 本陣の椅子に座りクランは、渋い表情でこれからどうするかを考えていた。

Next

第42話 シャドー

てか俺の名前知ってたの?」 私に話しかけられて、ミレーは狼狽える。 葬儀の日、父の遺体は火葬された。 そうなると、今まで攻め落としてきた城も取り返される可能性もあり、努力が完全に水の泡と化してしまう。 私も口を動かしてみる。 今は待つしかないか。 歴史上にもないはずである。

Next

第42話 シャドー

この前から練習を見ていたのだが、ずっと槍の練習をしていて、弓の練習をする気配がないのだ。 適性がBあれば間違いなく、それなりに上手く弓を扱えるだろう。 人間だけを鑑定することが可能だ。 だが大量の犠牲を出す覚悟をして、攻めたのにも関わらず落とし切れなかった場合、甚大な被害を受けた状態で、撤退する羽目になる。 私は、三十五年間、日本という国で実に平凡な人生を歩んできた男だ。 城内は城内で多くの兵がおり、簡単に防衛魔法を使っている魔法兵のいる場所までたどり着けないだろう。

Next

第42話 シャドー

まあ、重用はされていないようなんで、そこまで危険視する必要もないかもしれねーですけどね。 マガポケ• 僕の所属していた傭兵団はミーシアン各地を転々としていたのですが、ちょうどここに来る機会がありました。 まあ、雑兵のステータスなど普通はこの程度だ。 ガチ恋粘着獣 ~ネット配信者の彼…• マガポケ• よっぽど変わった家庭に生まれたとい可能性もあるので、これだけでは断定できない。 クランには嫡男がいますが、未熟な嫡男に付く貴族は少数派です。

Next

『【Web版】転生貴族、鑑定スキルで成り上がる~弱小領地を受け継いだので、優秀な人材を増やしていたら、最強領地になってた~』の詳細情報(N5619FV)

顔がよくプロポーションも抜群なシャーロットは、男どもの視線を集めているようだった。 ガンガンONLINE• 僕の部屋がダンジョンの休憩所に…• そして、店主の下に辿り着く。 能力値の目安として、 100以上、化け物 90台、超優秀 80台、優秀 70台、良い 60台、平凡 50台、微妙 40台、悪い 30以下、駄目駄目 こんな感じか。 そうなるとほかの守りは疎かになる……問題はルメイルに預けた兵だけで足りるかということだな。 涙が込み上げてくるが、グッと堪える。 某歴史ゲーム通りだったら、こんな感じだろ う。 顔に傷が複数入っており、戦場で幾度となく戦ってきたということが窺い知れる。

Next