ワイモバイル3年目料金。 ワイモバイル3年目の料金は?継続・機種変更・乗り換え一番安くできるのはどれ?

ワイモバイル3年目の料金プラン詳細/本当にベストな乗り換えタイミングなのか?

そのため2年目の料金にプラス500円となります。 ワンキュッパ割は適用されない プラン変更がおすすめ 機種変更される方は、 機種変更と同時にスマホベーシックプランにプラン変更しましょう。 特に他社に乗り換えるなら必ずこのタイミングにしましょう。 またワイモバイルのSIM契約時にキャッシュバックが貰えるのと、前回使用していたiphoneの売却で最新端末をほぼ無料で購入できています。 かといって、ドコモやau、SoftBankへ乗り換えると、通信は最強ですが月額が機種変更時よりも高くなるので本末転倒です。 20以上の格安SIMプランをリアルタイム計測 ワイモバイルと楽天モバイルの料金比較 の10分かけ放題がセットになった「スーパーホーダイ」と比較してみます。

Next

ワイモバイルで機種変更はおすすめしない?2年後も安く使い続ける方法はコレ。

3年目以降はこれまで無料でついていたデータ2倍オプションが500円有料になります。 ワイモバイルを2年以上継続して契約している• 翌月にワイモバイルでまたいい案件がでたので2台新規で契約しようとしたら総合判断?ではじかれて契約できませんでした。 もちろん外での利用が多い人には光は必要ないですが。 このキャンペーンは2018年5月31日まで行なっているとのことです。 mobileを利用 上記に該当する方は、UQモバイルでは該当割引サービスがないので、機種変更を行う事で逆に合計額が高くなってしまう可能性があります。

Next

ワイモバイルの料金は2年後どうなる?押さえるポイントはここ!

下取りプログラム 下取りプログラムとは ワイモバイルでスマホセットを契約する場合、今お使いのスマホや使っていないスマホを下取りしてくれるサービスがあります。 もしインターネットの使用量が少ないなら安いスマホプランSを、たくさん使うならスマホプランLを選ぶと良いでしょう。 2019年10月1日以降、下記のいずれかの条件を満たしているお客さまについては、契約解除料を免除します。 3年目以降はどうなるでしょうか。 理由は、 1,000円が割引される 「イチキュッパ割」の期限が 13ヶ月間だからです。 せっかく格安SIMを使っているのに、これではお得感が薄れてしまいますね。

Next

ワイモバイルのガラケーSimplyの価格は?1~3年目の料金を計算

このように見ると、2年目は1,000円程金額が上がりますが、 3年目以降は初年度と変わらない金額で利用できることが分かります。 そしてこの「データ増量オプション」をうまく使えば、スマホプランを3年目以降もお得に使い続けることができます。 今のおススメ機種とともに解説していきます。 データ増量オプション無料が終了する3年目• つまり、二年目以降は基本料金はずっと変わらないのがスマホプランです。 「1,000円も上がるの!?」と言いたいところですが、三大キャリアの頃から比べると1,000円上がっても全然安いので問題ありません。

Next

ワイモバイルの1年目から2年後、3年後の料金をシミュレーション!

しかし、現実問題スマホを3年以上同じものを使い続ける方というのは非常に少数派で、多くの方が契約から2〜3年ほどで機種変更を行う事でしょう。 mobile スマホプランL docomo ギガホ 月額 4,980円 5,980円 データ容量 21GB 30GB 1GBあたり 237円 199円 大容量プランは1GBあたりだとdocomoのギガホが少し割安です。 UQならキャッシュバック適用可• 「機種変更サービス」を利用して機種変更すると、さらに機種変更から2年間「データ増量オプション」が無料となるキャンペーンを実施中です。 2019年9月30日までのスマホベーシックプランSの5,480円、2年縛りのあるスマホプランSの2,980円と比べると、データ通信容量はそのままで利用しやすくおトクになっています。 意外な落とし穴が潜んでいるので、 旧プランの契約者の方、これからUQモバイルを契約しようとしている方は必見です。 こうなってくると、他の選択肢が視野に入ってきます。

Next

ワイモバイル3年目の料金プラン詳細/本当にベストな乗り換えタイミングなのか?

データ容量が多いプランの比較では1GBあたりの金額は僅差ですが、 かけ放題の有無は大きいのではないでしょうか。 そのため、3年目以降の月額料金自体は2年目と変わりません。 明らかにワイモバイルのほうが安いですね。 ちなみに、 3年目以降は好きなタイミングで機種変更できますので、使えなくなるまで使い倒してもよいでしょう。 手間でなければ一番おすすめの節約方法です。 これまでと同じデータ容量を使うためには、月額540円かかります。

Next

Y!mobile(ワイモバイル)の「データ増量オプション」でスマホプランが3年目以降もお得に使える

例えば「」を購入した場合、契約から2年間は月々1,404円を端末代金として支払います。 人数が多い人はやはり光の契約をしたほうが安くなります。 店頭ではキャッシュバックがないどころか、オプション加入や頭金制度が存在します。 料金プランの基礎知識をまず入れましょう まずはどのような料金プランがワイモバイルにあるのか調べてみましょう。 割引キャンペーンも1年〜2年の期間限定でありながら、本体分割金の支払いスケジュールに合わせて綿密に計算されて展開されているので、各種キャンペーンが終わっても金額が全く変わらないのは嬉しいポイントです。 つまり、スマホプランは3年目以降も月額500円のオプション料金を払うことで、ずっと「データ容量増量」にすることができるんです。

Next

ワイモバイル3年目の料金は?継続・機種変更・乗り換え一番安くできるのはどれ?

そうすることで また1年目の280円という格安維持をすることができます。 とはいえ、料金体系自体は変わりませんし、旧プランには無料の音声通話も含まれているので、解約の踏ん切りがつかない人も多いのではないでしょうか。 旧プランの結論としては、学割などの適用が無ければ、 3年目以降 14ヶ月目以降 から月額料金が増えます。 最後は、機種代金支払いが終わるタイミングです。 容量は18GBも違いますが。

Next