新宿会計士の政治経済論評。 「記事:朝鮮半島統一は日本の利益に」から文大統領の政策を考える

韓国に対する輸出規制の論理は破綻している

(ドヤァ) それにしても、こうして自分が書き込んできた煽りコメントにも、 ここ数年の日韓関係史が反映されていて面白いものだなとも思います。 河野太郎防衛相は11月1日の記者会見で、韓国のGSOMIA終了の決定の見直しを求め、「韓国側に賢明な判断をしてもらいたい」と述べた。 会計士様が運営されるブログへ投稿されたある記事に眼がとまりました。 ともあれ、お疲れ様でした。 freeter-union. 〇米国は今世紀、半島全面撤収と新アチソンライン構築を進めている。 その後、経済情勢の改善等を理由に、2006年(平成18年)分は、所得税については税額の10%相当(12万5千円限度)、個人住民税では税額の7. 」との仮定に基づいて論説を書いている点です。

Next

「特亜ニュースダイジェスト」~政治ブログ 2013/09/27(金)号~

ただもしそうなら、たとえば個人ブログなどにでも場を移して発信を続けていただくことが叶うなら、多くの読者の一人としてこの上ない喜びである。 後顧の憂を断ち、アメリカをいかに巻き込みつつ、孤立を深める中国に立ち向かうかに集中すれば良いのですから。 さらに、領域内国家の力の格差は過去のどの時より狭まっていて、特定分野では順位が変わる勢力移転が起きている。 半島国家韓国、北朝鮮を思う時、どうしても民族のDNAというものを考えてしまいます。 長年のご連載お疲れ様でした。 米国が朴槿恵 パク・クネ 政府の時に慰安婦問題の「最終的で復帰不可能な解決」を押しつけたのもそのためだ。

Next

[記者手帳]アメリカには失望だ : 社説・コラム : hankyoreh japan

韓国国内はいつもの如く四分五裂していて文政権は機能不全に陥るでしょうから、日本が自律的に早期に行動していくことが求められると思います。 従って、中国=北朝鮮=韓国労組=文政権=日本の新左翼はすべて連帯していると考えたほうがいい。 やはり3世、4世議員など世襲化した政治家では日本を背負ってたつには荷が重いのかと、思ってしまいますね。 続いて「政府は今後、国防予算の増額、軍偵察衛星など戦略資産の拡充を通した我々の安保力強化を積極的に推進していく」と付け加えた。 もちろん事態が好転し、Soft-Landingすることを望んでいますが、おそらくは Hard-Landingなら、まだ幸い。

Next

政治ブログ 人気ブログランキングとブログ検索

また新たな記事を執筆されることを期待しています。 愚かなことだ!」としているのである。 「」(2016年11月16日、韓国語)は「ろうそく集会」が始まった頃に書かれた記事です。 ところが韓国では、「自国の批判をする韓国人は存在を許されない」と嘆く韓国人作家(柳舜夏(ユ・スンハ))もいて、評論家の金完燮 キム・ワンソプ は、著書「親日派のための弁明」で、日本による朝鮮統治を「近代化に貢献した」と肯定的に評価し「韓国の反日教育は誤った歴史観を押しつけるものだ」と批判したところ、同書の記述が死者への名誉毀損に当たるとしてソウル高裁から罰金刑を言い渡され、青少年有害図書に指定された。 北朝鮮指導部の正式名称は「朝鮮労働党」だが、金正恩が今も訪中しているのは、中国がトロツキストだから。 彼の方のブログは小職もよく見ておりますが、内容はとても面白いものの言い回しが大分「過激」ですけど大丈夫でしょうか(苦笑)。 もはや何が事実なのか。

Next

バイアスの係りまくった東洋経済特集記事~日々雑感 2012/03/19(月)号~

知能の低い 日本人の底辺層が増加して、嫌韓原因になっているという分析結果の説明だった。 なかなか理解しづらいのは日本政府の言動です。 「知恵」とは「世の中はそういう風にできている」というコツの知識であります。 ちょうど金正恩が中国を訪問していますが、膠着する米北関係に加え、貿易対立から台湾問題まで勃発している米中関係、相手国民を拘束し合う米露関係など、朝鮮半島に限らず東アジアは今年激動の時代を迎える可能性が濃厚です。 今となって、当時抱いた不信感・嫌悪感に似た気持ちの悪さが、偏見や誤認ではなく、歴史の帰結として記録に留まる話だった事に、幾ばくかの安堵すら感じております。 。

Next

我利の海に浮かぶ矜持

ともすれば冷静さと品性を欠く罵詈雑言が、日韓双方のコメント欄に飛び交うのを見て、これから先の日本の行く末がどうなるのか、私達の子供世代が再び戦争の脅威にさらされる時代になっていくのかと、複雑かつ暗澹たる思いに囚われる日もあります。 「専門家個人の意見」は最低の価値しか有しないのです。 〇親北ムン政権誕生は、言わば日米合作。 今回の「レーダー照射」の経緯を見ていると、かれらの挙げる「事実」と称することは、実際に起きたかどうかには関係がないことも推察され、交際の基盤に据えるべきものがないという、はなはだ困難な相手であることがわかるような感があります。 心を守る「知恵」と「身体」心が強くなること。

Next