チョコレート 韓国ドラマ 相関図。 韓国ドラマ「誰も知らない」あらすじ&キャスト

ミスシャーロックドラマのキャスト一覧・あらすじ・相関図画像を紹介!

2005年:『マラソン』• この時の事件が、 月島の父親の事件でもある。 [身長]179cm• ジョン・スヒが好きだったが、どうしても告白できなかった。 ジェフンが行方不明なったとき息子イ・ガンを産んだ。 有能だが冷酷な医師が主人公の定番だったメディカルドラマにおいて、医師としての天才的資質と子供のような純粋な心をあわ せもつシオンは、規格外の斬新キャラ。 概要 一人の少女が監獄・典獄署を舞台に様々な出来事に立ち向かい解決する波乱万丈のドラマ。 日本版では、 原作とは異なるオリジナルの展開も用意されている。 月島は逃亡犯・結城の捜査に参加して、結城から カメラを奪おうと考える。

Next

チョコレート

2005年:『逆転の名人』• イ・ガンの伯父。 検事・月島がカメラの存在に気付く 柏木愛が殺されたことを知った月島は「私のせいで……」と嘆き悲しむ。 血液型 A型• 結城と月島の最後の作戦 はなの手術まで あと2日。 生年月日: 1993年 2月 15日生まれ• そのほか、チョン・ジュノ、チョン・グァンリョルといった名優が脇を固めています。 ソンエには他に好きな人がいたため離婚届を突きつけられ、自尊心のために離婚届にサインした。 殺し屋・灰谷が結城を狙う 結城が逃亡をはかったことで、にわかに焦る久我と柴崎。

Next

韓国ドラマ【チョコレート】相関図とキャスト情報

人の気持ちを考えられる心が豊かでとにかく優しい男性です。 その悪女役が評価され、2014年、「MBC演技大賞」大賞を受賞。 宗教: キリスト教• 手術の日まで2週間逃げ切る! ぜひ一度視聴して癒されてみませんか?. 2006年:SBS『ナドは行く』• チャヨンがガンの家に持って行くケーキを作っていた時、携帯に知らない番号から電話が入ります。 生年月日:1959年03月26日生まれ• 最終回の第51話は視聴率22. デビュー: 2008年演劇『死んだ詩人の社会』• しかし、そんなボラをミンジョンは何としても防ごうとします。 2010年:『超能力者』• 米国ニュージャージー州の田舎音大卒。 巨星病院理事長ハン・ヨンソルの孫。 ユン・シネの婿候補に選ばれる。

Next

韓国ドラマ『チョコレート』のあらすじ・キャスト・相関図・ネタバレ・感想

一方、ムン・チャヨンがチョコレートを好きになった理由は、デパート崩落の事故でした。 月島が柴崎を緊急逮捕して勾留している間に、結城が柴崎の家に不法侵入してカメラのデータを奪おうとする作戦だ。 柴崎は月島の父親を刺し、その一部始終をまだ学生だった月島が見ていた。 それぞれが人生の最期にさしかかった時の想いや家族の感情などもリアルに描かれていて、涙なしでは見られませんでした。 お前に屈したんじゃない! パク・シオン役 小児外科レジデント歴1年。

Next

チョコレート(韓国ドラマ) 15話・16話(最終回) あらすじと感想

2003年:『千年湖』• 『チョコレート忘れかけてた幸せの味』は、 幼い頃に運命の出会いを果たした医師とシェフが同じホスピス病棟で働くことになり、料理を通じてお互いの傷を癒していくヒューマンドラマです。 巨星病院の人々 キム・ウォネ グォン・ヒョンソク役 ミンソンの父。 幼いころから厳しい教育を受けた秀才で、自分の未来を握る祖母の機嫌を伺いながら暮らすよう両親に教え込まれて来た。 その頃、イ・ガンは、ムン・チャヨンの為にチョコレートを作成していました。 [学歴]祥明大学校映画学科• その後、急遽、リビアに行くことになったイ・ガンは、戦う場で子供達の治療を任されて..。 話数ごとのあらすじと感想 話数ごとのあらすじと感想 えぱたさん 感想 初恋の人を待ち続け、様々な感覚に働きかける食事で人々の心を癒す女性を演じるハ・ジウォンの魅力! このドラマは、「最高の愛」でコン・ヒョジンと共演したユン・ゲサンが出ていて、「チョコレート」というタイトルがいいなと思って、見始めたドラマです。

Next

チョコレート

レジデンス時代の緊急治療室勤務時に会ったチャヨンと再会し、交流するうちに気になり出して・・・。 テキサスにいるモーガン。 幼い頃にガンが家に来て以来、よくできるガンといつも比較され競争させられ常に劣等感を持って生きてきました。 2001年:『黒水仙』• 『チョコレート』の相関図 簡単に説明すると オレンジ枠が大病院の財閥家族。 しかし、初恋の相手をホスピスで亡くしたジュンは生きる力を失い、そんなジュンにのそばにガンが寄り添います。 兄弟の食い物を奪って生きのこったことを自慢するようなヤツの話など」 柴崎:「生意気なヤツだ」 結城:「俺が今まで無気力に生きて来たことを責める資格があるのは、すみれとはなだけだ! (ハン・ヨンソルの次男イ・ジェフンの一人息子)メスのように冷たいが、温かい心を隠している。

Next