白血病 ブログ。 白血病、未開の地を生きる|オーシャンブリッジ高山のブログ

【闘病記・ブログ】小児がん・子どもの白血病・小児白血病・急性リンパ性白血病・ハイリスク

今日から1週間後に控えた 骨髄移植 薬と一緒にコーヒーを飲むのってよくないことだったの!? スマートホーム化. 「寛解は」骨髄に白血病細胞が検出されなくなることです。 現在は化学療法(寛解治療)の真っ最中です。 兄ちゃんの肉腫• 日本医科大学付属病院でのこと、そして臍帯血移植をして、退院したちょっと後の話までのことが書かれています。 だから 私の身に実際に起きた発熱は 白血病の初期症状 という事になる。 だから もし、あなたの身に 発熱が数日間続く という事が起きれば 白血病の症状の初期段階である と疑うべきだし、 すぐにでも 病院で診察を受けることをオススメする。 小児白血病 闘病記 発病・告知 白血病とわかるまで• でもそれは、白血病細胞にとっても楽になっているということを意味します。 2015年4月 ようやく会社復帰できたけど 2015年4月にはようやく会社復帰をすることができました。

Next

白血病 人気ブログランキングとブログ検索

しかし、2013年10月には再発していることが判明し、また入院することになってしまいました。 通常のFLAG療法は18歳〜65歳までの再発性・難治性の白血病に対して行われる治療法で、現在日本では保険適用外となっています。 何としても病気を克服して家族の元に帰りたいという思いがブログ全体から伝わってきます。 その日の午後5時ごろから 私は 37. 2016年年9月、幻冬舎より「」を出版。 ステージ/不明• (2017-01-29)• この時は熱があり、ちょうど都内で流行していたデング熱だと思い込んでいたそうです。 過去の記事 2020年7月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 11 12 13 14 15 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 記事の検索 こんなソフトを販売しています• ブログタイトル通り、急性骨髄性白血病を発症し、型がフルマッチ(完全適合)するお兄ちゃんがいて、骨髄移植を受けるものの、3度の再発を繰り返し、現在はFLAG療法という化学療法を受けています。

Next

小児がんブログ闘病記10選 / 白血病・脳腫瘍・骨肉腫など

治療中の生活• 白血病確定診断後の病歴は以下のようになっています。 (2007-10-31) 満1年までの様子• ステージ4• 「やっと1年」ってな感じですけど。 (2007-08-14)• 池江選手には、白血病は治せる病気であること、そして実際に僕は二種類の白血病(急性リンパ性白血病、急性骨髄性白血病)を乗り越えて今でも元気に生きていることをお伝えしたいです。 このことから白血病は、急性骨髄性白血病・慢性骨髄性白血病・急性リンパ性白血病・慢性リンパ性白血病の4つに分類されます。 そんな感じで 熱が上がったり下がったり を繰り返したので いよいよ私も 「これは病院で診てもらった方がいいかな? 気持ちの整理• ステージM3• 病名は「急性骨髄性白血病」です。

Next

白血病 人気ブログランキングとブログ検索

そして僕は、2013年にの、2017年にの治療を受けています。 。 白血病の治療にかかった費用についても書かれているので、参考にしてみてください。 旅ランナーとは全国で開催されるマラソン大会に出場するランナーの事。 池江選手がこの荒波を乗り越えて、また選手として復活されることを、白血病患者の一人として、心から応援しています。 すでに末期の状態で、末梢血から幹細胞を培養し、放射線治療の後に健康な幹細胞を戻すという免疫療法を行っています。

Next

TOBYO : 急性リンパ性白血病の闘病記・ブログ 341件

(2014-12-01)• この白血病は、M0〜M7までの型があって、私は「M2型」でした。 と、ちょっとずつですが、上昇傾向です。 GVHDが出ている肝臓の数値は相変わらず基準値より高いのですが、大きな変動はなく、問題なし。 それはなぜか。 《 目次 》• 2012年8月 白血病が発覚して同愛記念病院に入院 2012年8月3日に白血病が発覚して入院することになりました。 先日、通算43回目の血液内科外来へ。 斜視とは何らかの原因で瞳が動いてしまい、視点が定まらなくなる病気です。

Next

TOBYO : 急性リンパ性白血病の闘病記・ブログ 341件

したがって「白血病」の場合は未成熟のまま成長を止めてしまう「亜白血球」が血液やリンパ液中にどんどん増えていってしまう症状を呈します。 (2010-10-03)• しかし、肺炎になってしまいすぐに入院することに。 スポンサーリンク 07. そして次の日の 10月11日の朝には 36. 現在は退院して こうしてパソコンで記事を書いているけど、 まだ白血病細胞は残っており、 完治しているとはいえない状態である。 ただ、GVHDが強く出過ぎないように、これから2ヶ月くらいは量の調整をしていくとのこと。 病気の子どものきょうだい• 」 と思って病院で検査を受けることにした。 このブログ最大のオススメポイントは治療計画が詳細に記載されていて、治療の経過も緻密で素人にもわかりやすく読みやすいという点です。 だが、それも束の間、 同日の午後3時ころに 病院から 「気になることがあるので病院へ来てくれ」 と連絡があった。

Next