フェデラー最強説。 フェデラーのグリップの握りは?

フェデラーのフォアハンド 打ち方の特徴 強みについて

優勝回数に関しては、まだまだ変動するかもしれないので、これで最強は誰か?と決めることは、少なくとも現時点ではできないだろう。 【関連記事】 高い守備力とカウンター狙いのナダル 一方のナダルは、コート後方から強烈なエッグボールを相手コートへねじ込む 守備的スタイルが信条のアグレッシブ・ベースライナー。 ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. サービスからの組み立てが抜群• しかし、 イバニセビッチ並みに 好不調の激しい選手でもある。 jpg? それと相変わらず フェデラーの記録更新は立派です。 One Tour 90」だった。 ytimg. 右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。

Next

My WordPress Blog│THE THOR04

マイルドな打球感が特徴のラケットだった。 それでも、単純に4大大会やマスターズの優勝を夢見る選手も多いので、この3つの記録が"最強"を決める基準として有力なのは間違いないだろう。 BLXは、玄武岩から生み出されたバサルト・ファイバーを使用したテクノロジー。 加えて、ダブルグランドスラムを成し遂げれば、単純に優勝回数などでは語れないナダル最強説に近づくことになります。 グラスコートでも フェデラーが文句なしの1位。

Next

男子プロテニス界最強の選手は誰だ?BIG3の偉業を比較

この点については、多くの人が納得するはずです。 フェデラーがいなければ更なる大注目の選手だっただろう。 それもあって2014年シーズン用に作られた「Pro Staff 90」は、歴代シリーズで唯一、フェデラーが使用しないモデルとなった。 オープンスタンスは体を踏み込まず、ボディターンだけでしかボールを打てないので威力のあるボールは打ちづらい打法です。 ツアーファイナル優勝:6回• ナダルに関しては、フィジカルを全面に押し出すプレースタイルから、とにかく 怪我に関してどれだけケアできるかが今後の鍵となりそうです。 4大大会を2周するなんて、テニスの歴史上考えられないことなのですが、ナダルに関しては多くの選手が不得手とする全仏を何度も取っていますし、残りの全豪を優勝する実力さえ、今なお、持ち合わせているのです。 この辺、スタイル的に レンドルを思わせる選手である。

Next

フェデラー 雪が降るなかで壁を相手にトリックショットを連発

ggpht. ytimg. ロジャー・フェデラーをはじめ 現役選手の記録も随時更新中。 このようなテイクバックはヘビースピンを掛けるクレーではやや不向きかもしれませんが、ライジングをベースに戦うプレーヤーはぜひ真似してほしいポイントになります。 他にもジョコビッチは、"芝の王者"と言われるロジャー・フェデラーを全英オープン ウィンブルドン で破り、"赤土の王者"と言われるラファエル・ナダルを全仏オープンで破ってきました。 よって、 フェデラーを追い越す可能性が最も高い選手がラファエル・ナダルです。 Federer vs. ytimg. jpg? ytimg. これはグランドスラム 4大大会全て制覇 よりも難しいといわれるほどの偉業です。 全仏オープン優勝:12回(単独最多)• 追加リクエストは随時受け付けていますのでお気軽にお知らせ下さい。

Next

誰が最強?ジョコビッチ・フェデラー・ナダルのテニス界の評価。

結果はその通りになったわけだが、その時のコメントは以下のようなものだった。 彼は未だに4大大会を優勝する程の実力があり、そして今年になってもシングルス1位に返り咲くほどの安定した力を保っているのです。 それに対して、ナノテクロジー「[K]arophite Black」を開発して採用。 後、フェデラーが凄いのは30代後半に差し掛かっても、実力が衰えない点です。 フェデラーのフォアハンドは世界でもトップクラスの威力を持ち、テニスをプレーする方の憧れでもあります。 4大大会を2周するなんて、テニスの歴史上考えられないことなのですが、ナダルに関しては多くの選手が不得手とする全仏を何度も取っていますし、残りの全豪を優勝する実力さえ、今なお、持ち合わせているのです。 今年の両は非常に近いでのとなった。

Next

史上最強ロジャー・フェデラーの伝説をまとめてみたら思ったより凄かったww

jpg? Federer vs. 現役では、ロジャー・フェデラーとノバク・ジョコビッチは全仏、ラファエル・ナダルは全豪をもう一度優勝することができれば、達成することになる。 他にも、シングルス優勝数や勝利数などが挙げられるが、それは4大大会優勝やシングルス1位になる過程で自然と積み重なっていくものであり、"最強"を決める基準としては、少し優先順位が下がるだろう。 jpg? ロジャー・フェデラー最強説 画像引用元:twitter 現時点で、最強を選べと言われれば、間違いなく ロジャー・フェデラーでしょう。 2004~2006年シーズン GS12大会中8大会を制す 前年、ツアー最終戦を制し、キャリアハイとなる2位となっていたフェデラーは、全豪を初制覇。 オーストラリアは代々ネットプレイヤーを生み出してきた国だが、 そこで培われた伝統をそのまま活かしてるといえる。

Next