クインテット マジシャン。 【遊戯王】これだけは覚えておきたい「魔法使い族」種族サポート集

【クインテット・マジシャン&円融魔術 効果考察】壊獣も超融合も許さない!魔法使い族の《龍の鏡》とか欲しすぎる

自分が使う上でのデメリットとしては、「アドバンス召喚のリリース要因として使えない」というものがあります。 ヤフオクでは、まだ落札がないようです。 そのモンスターを特殊召喚する。 ついに来た魔法使い版FGD、打点が若干下がった変わりに実質バニラのあちらと違い超絶効果が付与された。 《ハリケル》。 場にが存在していることになるので、場にある時に恩恵を受けれる効果を使うことができるようになります。 デッキから「魔術師の再演」以外の「魔術師」永続魔法カード1枚を手札に加える。

Next

【遊戯王】これだけは覚えておきたい「魔法使い族」種族サポート集

チェーンブロックを作らずに魔法カードの効果を無効にできる珍しいカード ただし 強制効果なので狙って無効にできません。 本家のブラマジはもちろん、墓地を肥やしやすいシャドールでも比較的出しやすいか、また通ればの話とはいえ未来融合が魔法使い限定すごいおろ埋になるのも見逃せない、魔法使いデッキ全般のロマンだがロマンと言うほど非実用的ではない優秀なカード。 素材は手札・フィールドだけで用意するのは重いので基本的には円融魔術による墓地融合で出したいところ。 《ルドラの魔導書》 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 その後、フィールドのモンスター1体を選んで破壊できる。

Next

【無課金】 ウィッチクラフト x クインテットマジシャン x ライトロード 最強魔導師デッキ完成!! No.426 【遊戯王デュエルリンクス】

ヤフオク 《クインテット・マジシャン》のヤフオク価格・相場を調査しました。 円融魔術を使う場合、墓地に5体の魔法使い族を用意する必要がありますが 【シャドール】ならシャドール・フュージョンから効率よく魔法使い族を墓地に送れる他、 魔法使い族リンクを有する【オルターガイスト】も墓地肥やし効率が高いです。 《円融魔術》は、魔法使い族の墓地のカードを融合素材にできる初めてのカードです。 「ライトロード」の効果で墓地を肥やしつつ、墓地に魔法使い族のモンスターが5種類以上揃えたのち、《円融魔術》を使用すると良さそうです。 相手フィールドのカードを全て破壊する。 その自分のモンスターの攻撃力・守備力はそのダメージ計算時のみ2000アップする。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

Next

【無課金】 ウィッチクラフト x クインテットマジシャン x ライトロード 最強魔導師デッキ完成!! No.426 【遊戯王デュエルリンクス】

下級「シャドール」も対応しているので、混合する場合にもいいかもしれません。 しかし、揃った際の強さ・中毒性が本物であり、使って楽しい・気持ちよいカードである事は事実。 1 :魔法使い族モンスター5種類を素材としてこのカードが融召喚に成功した場合に発動できる。 紛れもなく魔法使い族デッキの切り札でしょう。 できる限り損失を抑えて融合召喚していきましょう。 除外の為、着地後にも有効です。 魔法使い族のアドバンス召喚サポートと通常モンスターのサーチ&サルベージができるモンスター 闇属性でこのモンスター自体も多くの魔法使い族サポートを受けることができ使いやすい。

Next

『遊戯王LotD』「ブラック・マジシャン(ブラマジ)」(2020年)回し方&デッキレシピ!ブラマジガール採用!!

《クリッチー》• 」 でも魔法罠を妨害できます。 魔力カウンター系のモンスターではありますが、汎用魔法使い族リンクとしても使いやすいため1枚は持っておくことをおすすめします。 1 :自分のフィールド・墓地から、 魔法使い族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、 その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。 2月23日にザ・ヴァリュアブル・ブック20が発売されます。 「Em」モンスターも優秀なモンスターが多く、リカバリーにも長けています。 メルカリ 《クインテット・マジシャン》のメルカリ価格・相場を調査しました。 《ヒュグロの魔導書》 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

Next

【竜魔導の守護者した「ブラマジ」デッキレシピ】円融魔術やクインテットマジシャンも強欲採用!

メルカリでは高値で取引されていますし、400-500円買取くらいにはなりそうです。 こちらは《魔術師の再演》でサーチできることに価値を見出したい。 以下の画像は、《クインテット・マジシャン》のメルカリ検索結果です。 《龍の鏡》の魔法使い族版!? 《円融魔術》は、魔法使い族融合モンスターによって決められた融合素材をフィールド・墓地から除外することで、その融合モンスターを融合召喚できる「フュージョン」魔法カードです。 《音楽家の帝王》• 《円融魔術(マジカライズ・フュージョン)》は「フュージョン」魔法カードであるため、《捕食植物ダーリング・コブラ》《竜魔導の守護者》でサーチが可能です。

Next

【遊戯王デュエルリンクス】墓守のデッキレシピ|回し方と対策を紹介

破壊耐性• 《円融魔術》であれば、墓地のモンスターを素材に出来ることで、そのディスアドバンテージも抑えられます。 条件を満たして相手フィールドのカードを破壊 《クインテット・マジシャン》は、融合素材として「魔法使い族5体」を必要とします。 これにより「壊獣」や《超融合》によって除去されません。 【オルターガイスト】デッキなど、リンク召喚を活用する魔法使い族デッキであれば、リンク素材として墓地に送られたカードも再利用しやすいと思います。 4500という打点や全体除去などシンプルで分かりやすい強さを持ったカードで 十分に魔法使い族にとっての切り札と言える性能は持っています。 その後、自分のデッキ・墓地から魔法使い族・闇属性モンスター1体を選んで特殊召喚できる。 「環境デッキとガリガリ戦うぜぇ~」というスタンスのデッキではないのであらかじめご了承ください。

Next