福島 市 ハザード マップ 浸水。 ハザードマップ(遊楽部川・落部川浸水想定区域)

洪水ハザードマップ(平成30年度更新)

水害による避難が必要と判断される場合には、浸水するおそれのある区域(浸水想定区域)を対象として避難情報の発令を行いますので、災害発生時はもちろん、平時からの災害に対する備えにご活用ください。 いざというときのために、このマップを見やすいところに張っておきましょう。 松川支所• PDF:1. 内水ハザードマップを作成しました 内水ハザードマップの目的 近年、福島市において局所的で短時間に降る雨などにより浸水被害がたびたび発生しており、市民のみなさまに「内水による浸水」の正しい知識や避難方法などの情報や浸水が起こる箇所の危険情報を予め提供し、避難行動等の参考にしていただき、円滑な避難を促すために作成しました。 ハザードマップの見かた・使いかた• なお、浸水想定区域に指定されていない区域においても浸水が発生する場合や想定される浸水深が実際の浸水深と異なる場合があります。 14 土湯温泉町支所…現在掲載なし 信陵支所• 西支所•。 渡利支所• A3判のサイズで印刷するのが最適です。

Next

群馬県

各河川の現在の整備状況で、大雨によって各河川がはん濫した場合を想定しています。 河川から離れた場所でも発生するため、低い土地やアンダーパス、地下通路などは注意が必要です。 安全に避難するためには いざという時に備えて、日頃から避難所を確認し、安全な避難ルートを考えましょう。 市役所出前講座の開設について 平成28年6月より、配布地区を対象に「大雨に備えましょう」と題し、市役所出前講座を開設しております。 また、普段から浸水の起こりそうな場所や自宅が浸水しそうか否か、いざという時の避難場所、情報収集の方法などを確認しておくことも大切です。

Next

洪水ハザードマップ(平成30年度更新)

洪水ハザードマップは、破堤、氾濫などの水害が発生した場合を想定して、浸水の範囲とその程度、避難路、避難地の位置、情報の入手方法などを具体的にわかりやすく図示した地図であり、市町村を基本単位として作成されるものです。 想定される浸水の範囲と深さ• 洪水ハザードマップとあわせてご活用下さい。 浸水想定区域 河川があふれたり堤防が決壊した場合に浸水が想定される区域です。 関連リンク• (学区によっては、土砂災害ハザードマップも作成しています。 また、実際に避難するときに河川を渡る場合は、河川の増水に十分注意する必要があります。 合わせて公表された想定し得る最大規模の降雨があった場合の想定で作成された浸水想定区域は、次の各河川管理者のHPでご確認ください。 地区ごとに避難所を記載しています。

Next

内水ハザードマップを作成しました

太田川河川事務所HP <外部リンク> 広島県河川課HP <外部リンク> 各河川の堤防整備等の前提となる降雨があった場合を想定した洪水浸水想定区域の条件等の一覧表 洪水ハザードマップ(平成29年6月) 本市の洪水ハザードマップは、 情報・学習編と 地図面で構成しています。 飯坂支所• 改定前)A2(折込サイズA4) 改定後)A1(折込サイズA4) 配布について 令和2年6月末に全戸配布します。 3MB 主な改定内容• 下記地区以外のマップについては、現在、順次作業を進めていることから、作成次第、随時公表します。 洪水時に備えて、日ごろから避難所や避難経路の確認などに活用してください。 河川の水が勢いよく流れ込むため、ひとたび被害が発生すると建物倒壊など甚大な被害につながります。

Next

群馬県

今後も区域等の変更及び追加があれば、随時更新していく予定です。 水害時の活用 洪水ハザードマップに盛り込まれた情報をもとに、的確な避難行動、水防活動をとることができます。 洪水ハザードマップについて 洪水に備えるため、以下のような情報が記載されています。 これは、 市町村が作成する洪水ハザードマップの基礎資料として、地域住民の皆さんが自らの住居や職場などがある地域の浸水状況を確認したり、洪水時に自ら安全な場所に避難したりする際にも活用できます。 蓬莱支所• 注2:本マップは、短時間に大雨が降った場合の浸水を想定したものであり、長時間の降雨により河川が増水し、下水道施設等からの雨水を放流できない場合のものではありません。 13 佐原地区…現在掲載なし 土湯温泉町支所• 内水による浸水・・・短時間の大雨などにより、下水道・道路側溝・水路などの排水施設から円滑に河川に排水できず、そこから雨水が溢れだし浸水が発生することです。

Next

「福島市土砂災害ハザードマップ」

30 庭坂地区…現在掲載なし• 茂庭出張所• 地図の中には、浸水が予想される区域及び浸水の深さのほか、避難所、広域避難場所、福山市の本庁・支所等についての情報を記載しています。 平常時の活用 自分の住んでいる地域が過去において水に浸かったことがあるかどうか、またこれから水に浸かる可能性などをあらかじめ知ることにより、水防意識を向上することができます。 内水ハザードマップ 情報面 配布について 地区ごとに区画割りをしたものを冊子にして市政だよりとともに配布予定です。 自宅周辺のほか、通勤・通学経路やよく行く場所を確認し、もしもの浸水に備えて下さい。 現在公表(本ページに掲載)している広島市洪水ハザードマップは、公表された浸水想定区域のうち、従前の想定と同様の降雨規模で作成された洪水浸水想定区域図をもとに更新したものです。 また、一部があります。

Next