ジャンプ 放送 局。 榎本一夫

榎本一夫

ウータン大塚(四代目担当編集者) VTR10-17の間の担当。 06月07日 16:10• 06月09日 00:09• 06月06日 00:12• を支えた名物。 現在は『』『』(以下「桃太郎シリーズ」)のとしての顔が一般に知られている。 レコード大賞には「新人賞」がある。 夏草の線路(広島県広島市) JBSIII3代目レースに多数投稿し3位入賞。 (瓶子)(五代目担当編集者) VTR18-19の間の担当。 (1969年)• 政治をぶっとばせ! JBSのスタッフを用いた形容詞ネタは禁止されていた。

Next

ジャンプ放送局

。 サンバ大上(七代目担当編集者) VTR22-24の間の担当。 上記の瓶子と同期入社で 、ジャンプ編集部に来る前は『』編集部に配属されていた。 加入当初、駆け出しの声優であり女子高生だった自分がJBSにおいてどのような役割・ポジションを担っているのか掴めず、テキパキと仕事をこなす周囲に取り残されたような気持ちになったこともあった、と後に語っている。 また、局員たちを探すネタも稀に掲載されていた。 青森の常連。 ハガキ1枚採用につき、そのコーナーの掲載得点分のJBS缶バッジ (約30種類でに選ばれる)と、の「JBS新聞」が送られた。

Next

ジャンプ放送局

さらに上記のモンスターデザインに対して、さくまは「業界でもその力を惜しむ人は多い。 歴代優勝者 [ ] ジャンプ放送局I JBSI [ ] 代 ペンネーム 住所 備考 初代 冨田英義 熊本県熊本市 記念すべき初代チャンピオン。 イエローカード関谷(六代目担当編集者) VTR20-21の間の担当。 途中からは店側からの客に対する怒りも投稿されるようになった。 の大ファンと公言している。 言い訳番長 不良と優等生の会話コント。

Next

最強ジャンプ放送局|ワロタあんてな

」のパロディで、風景の中に潜んでいたり、あからさまに立っていたりしているえのんを探すコーナー。 作品は「あらへん、あらへん。 どんちゃん 神奈川県伊勢原市 JBSI9代目レース優勝者。 )」に寄せられた「ゲーム雑誌批判」ネタが呼び水となった。 気であったが、担当のえのんの作業量があまりにも膨大だったために惜しまれつつ終了。 作中ではのファンとしても描かれていた。 連載中にに語学留学していた時期があり、その際は彼女抜きで連載が続けられた(のちに仕事のときだけ一時帰国するようになった)。

Next

ジャンプ放送局 (1

06月05日 18:02• 魂Gで行われている「万物の三本柱」の。 1年後、榎本一夫と入れ替わりに去る。 (ただしジャンプ放送局では上記のように「」と呼ばれていた) 関連リンク• JBS開始当初からイラストを担当。 VTR1 103頁より。 余談だが、奇特というのは本来は変わった人の意味ではない。

Next

ジャンプ大喜利放送局

出演者:さくまあきら(放送局長)、土居孝幸(イラスト担当)、榎本一夫(レイアウト担当)、横山智佐(アシスタント)、ショッカーO野(司会)、どんちゃん スペシャルゲスト:() 投稿コーナーのお題は「21世紀の奇特人間大賞」「華麗なる一瞬」で、約300通の投稿があった。 さくまあきらを始めとした連載当時のスタッフが出演し、ジャンプ放送局が文字通り放送として復活を果たした。 『』内のコーナー「ナンチャンを探せ! かんぴょう巻き(青森県五所川原市) 東北を代表する常連の一人。 10代目 ちゃん坊太 三重県 JBSでただ一人新人賞とダブル受賞を果たす。 桃鉄のサウンドトラック『』のスペシャルトラック「大好き! (レイアウト担当) 初代担当。 公表しなかったのは、女性にモテない独身男としていじられるキャラだったためイメージが崩れるのを避けるためだったと後に語った。 桃太郎シリーズにも実名で出演、作品中のイベントに顔を出している。

Next

「ジャンプ放送局」単行本はヘタな漫画なんかよりもおもしろい!

球団名がに変わった際にも「改名するつもりはない」と「大洋」に身を捧げた。 五七五の音数律を守らない投稿者が多く、字余りによるボツが頻発した。 06月11日 22:41• VTR15の表紙袖のコメントより。 10 デッド・ケンジ 北海道札幌市 101 後述の原口一也とともに北海道投稿者を牽引した立役者。 - 投稿戦士だったJRよっちーによるデータベースページ. なお、コミックスの発売時期などから誤解されがちであるが、さくまがで倒れたのはJBS終了後、『』の編集長を務めていた時のことである。

Next

ジャンプ放送局 8 本の通販/さくまあきらの本の詳細情報 |本の通販 mibon 未来屋書店の本と雑誌の通販サイト【ポイント貯まる】

VTR15では読者からの投稿ハガキを集めた単行本として巻数の新記録を樹立 、最終的に全24巻におよび、漫画雑誌の巻末投稿コーナーとして1つの金字塔を打ちたてた。 また「仕事をすることの責任と自信を勉強させてもらった」とも語っている。 ドラゴンボール大特集!! VTR10の写真ページにも登場し、横山とのツーショット写真を披露した。 人間の条件 『』の「お坊っちゃま」コーナーを元に始めたコーナー。 先述の横山をさくまたちに紹介したのも彼だという。 」と書かれていたが、さくまのホームページによると、中西はさくまの中学時代の同級生で、長年にわたりさくまのを務めていたという(さくまがで入院してからは榎本の会社に勤めている)。 最高位はJBSIII6代目レースの2位。

Next