導きの龍骨【森林】。 カスタム強化素材・入手先

導きの地の仕様

巨大鉱脈や巨大骨塚からは、赤ゲージ(資源Lv4)のときに低確率で採れる「導きの〇〇」というレア素材が必ず入手できます。 01から x1 x1 LV5 オドガロン(歴戦の個体) x1 x1 x1 ディノバルド亜種 x1 x1 イヴェルカーナ x1 x1 死を纏うヴァルハザク x1 x1 ラドバルキン(歴戦の個体) x1 x1 x1 ティガレックス x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー x1 x1 ラージャン ver11. 良かったら参考にしてください。 そんな特殊痕跡の入手から解析が完了するまでの流れは次の通りです。 低レベルの導きに参加すると効率的 地帯レベルのみを重視して上げたい場合は、自身より低レベルの導きの地に参加するのが効率的です。 歴戦ディノバルド亜種• 歴戦テオ・テスカトル• 悉くを殲ぼすネルギガンテ 霊脈の重竜骨• 歴戦ネロミェール• アイテムショートカットにシビレ罠の調合をセットしておく。 各地帯レベルをレベル6まで上げることで、 や などが出現するようになります。 地帯レベルは、モンスターの狩猟か痕跡を集めると上がっていきます。

Next

【MHW:IB】「導きの地」の全キャンプ場所と解放条件

霊脈玉系アイテムは導きの地の歴戦モンスターから稀に入手できる希少素材で、落とし物で出ることもある。 ティガレックス• ちなみに、大半の導き固有素材はマカ錬金のアイテム交換で作り出せる。 ただし、そのためには600~800ほどの狩猟数が必要と言われている。 地帯レベルを上げるならおすすめは「瘴気の谷」フィールドから 【導きの地】のおすすめな攻略方法としては、 【瘴気の谷】フィールドの地帯レベルを6に上げると出現する「 ティガレックス亜種」を狩って防具を生産すること。 歴戦トビカガチ亜種 霊脈玉• 狩猟しても無限に大型モンスターが湧いてくる仕様。

Next

【MHWアイスボーン】導きの地の遊び方・攻略:地帯レベル・採取ゲージ・導き素材等、効率良く回す為の情報まとめ【隠しモンスター】

このため、 グレード赤を維持して素材を入手し続けることはできない。 攻略ガイド• まず第一ポイントはエリア16の左に入ってすぐの壁、トビカガチ亜種やレイギエナが初期配置されているエリアに「巨大鉱石」の発生ポイントがあります。 導きの地の地帯Lvを固定する方法(Ver. ゴールドルナに縛られなくなるので、スキルにも幅が出しやすくなると思います。 転倒させるたびに1つ入手できる。 モンスター情報• ただし、ホスト(受注したプレイヤー)がいなくなるとモンスターは湧かなくなる。 ここの巨大骨塚で採取すれば「 導きの龍骨【荒地】」が確定で一個入手できる。 by 名無し ID:PmXYeqQSYw• 導きの龍骨【荒地】:荒地地帯の骨塚(レア) (残りのカスタム素材の一覧は現在準備中) 地帯レベルによる変化 地帯レベルを上げると出現するモンスターの種類が変わる。

Next

導きの地 鉱脈と骨塚の場所・ルートと装備 風化した岩骨も採取可能 MHWIBモンハンワールドアイスボーン

出現地点が予め複数用意されており、その中からランダムで活性化します。 検索条件の設定画面が表示されるので、条件を指定して検索します。 歴戦クシャルダオラ• 溶岩地帯には特別任務後行けるようになるため、まだ行けない人は大団長の特別任務をこなそう。 01(2019年12月5日〜)からは氷雪地帯が追加され、それぞれ新しいモンスターも追加されています。 オドガロン• MR100以上:上限Lv7(最大まで上げられる)。 ゴールドルナ採用装備 部位 防具名 スロット 頭• 採取後、ゲージは黄色に戻ります。

Next

導きの地の仕様

ただし、 巨大骨塚の採取回数は増えない。 怒り条件を満たしていても、怒り動作に入る前に眠らせてしまうと、 怒りを睡眠でキャンセルさせた扱いにならず、起きてから怒り動作に以降するので注意。 2019-12-04• そもそもレベルが下がらず、上げた後は好きな地帯レベルに変更できる仕様にすればすごく快適になる。 おすすめ・最強装備• 「隠れ身の装衣」もあると便利 こやし弾だけでもなんとかなりますが、大型モンスター対策は「隠れ身の装衣」も有用です。 01で追加 通常個体と歴戦の個体どちらが出現するかはランダム x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 リオレイア希少種 x1 x1 リオレウス希少種 x1 x1 ラージャン(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレウス亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ブラキディオス(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレウス(歴戦の個体) x1 x1 x1 ドドガマル x1 x1 ヴォルガノス(歴戦の個体) x1 x1 x1 ウラガンキン(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 ディノバルド(歴戦の個体) x1 x1 x1 ティガレックス(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 氷雪地帯は後に出現。

Next

【MHWアイスボーン】武器のカスタム強化素材の入手方法まとめ

そんな相手に防御を備えて、憂いをなくすのも良いかもしれませんね。 任務クエストやフリークエストにはティガレックス亜種が出現することはないので、できれば早めに戦い捕獲まで行っておきたいところ。 歴戦バフバロ• 地帯レベル,採取ゲージ,解析済み特殊痕跡等々、一部特殊な要素はありますが、基本的には採取して狩りするだけです。 特殊痕跡とは? モンスター同士の縄張り争い跡を入手可能な特殊な痕跡。 RARE10武器にカスタム強化の防御をつければ、防御を得つつ、攻撃をあげたり、会心をあげることも可能です。

Next