えい らく 18 話。 実況!瓔珞エイラク~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~第51話 あらすじ感想ねたばれ

栄楽屋商店(えいらく)絶品ホルモンと鶏の唐揚がすごい!(高崎市下室田町)

この数年便りが途絶えていたらしい。 わかってきたんだ、最初は虫も殺せない善人みたいな人が皆悪役になっていくんだなって。 すると若菜は、爽の結婚式当日に優希(大西礼芳)から聞いていたと打ち明ける。 皇后が寝泊まりし看病するなら私達もと譲らない妃嬪達に、皇后は「同じ病にかかったことがある自分なら大丈夫だから」と話し安心させる。 やってきた葉天士は明玉の脈を見て驚く。 嫻妃はこれからのし上がっていくわけだしそりゃあ邪魔だ。

Next

中国No.1宮廷ドラマ「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」日本上陸!8月2日(金)よりDVDリリース決定 | anemo

皇后様が悲しい事にならないようにしてほしい。 瓔珞は高貴妃と舒貴人に言われたままを話す。 なんでなんで? 明玉、純貴妃の呪縛解けたか、よし、揃って復讐開始ー! 皇太后の寿康宮 画面の焦点合う前からもう笑えるわー、男装いえらく。 袁春望と瓔珞は二人、支え合いながら仲睦まじく円明園で暮らしている。 26~30 Vol. 衝撃的な事実を知った魏瓔珞は、先の皇后の敵討ちを決意する。 乾隆帝は「恐れを抱くべきだ」「いつでも殺せるのだぞ」と瓔珞を脅すが、瓔珞は「皇后の手が動いた!」と注意をそらし逃げていった。

Next

Yanxi Palace: Princess Adventures

ふぁんしゃん!無礼を許してたのは作戦です!w 俺の対面~?言い訳はいいってばよ。 言われたとおり儲秀宮に行くと、下働きの太監が呼ばれる。 もう食べられないと思っていたそのおやきを新任の料理人が上手に作るらしい。 妃嬪になった以上、富察傅恒に嫁ぐ事はできないため、都中の才色兼備の娘を探して皇后に紹介してきたが、結局富察傅恒が愛したのは 奴婢 ぬひだった。 乾隆帝は瓔珞を詮議するため長春宮に出かけていくが、その道中、女官たちの噂話で瓔珞が褒め称えられ、それを罰しなかった乾隆帝は名君だと言われているのを聞いてしまう。 眠り込んでいるので瓔珞はまったく気が付かないが薬を塗り汗を拭き、献身的に看護する。

Next

実況!瓔珞エイラク~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~ 第43話あらすじ感想ネタバレ

嫻妃は肩に負ったやけどが治らないまま、高貴妃の弔いの準備に奔走する。 乾隆帝に見られず済んだことは皇后にとって幸いだった。 貴妃は後宮で返り咲くため、身の上話により乾隆帝の同情を買おうとする。 儲秀宮に呼び出された魏瓔珞は、姉を襲った犯人が富察傅恒であると告げられた。 高貴妃が逝った 早くないですか?まだ半分終わってないのに。 乾隆帝を思い気落ちする皇后。 袁春望は瓔珞にかんざしを贈り、皇后の名前は口にするなと言った。

Next

瓔珞(えいらく)全話を日本語字幕付き動画で見る!ネタバレも

その帰り道、瓔珞と遭遇した弘昼は彼女の美しさに見惚れる。 第8話 瓔珞は皇后の侍女として仕えることになり、宮を移る。 明玉は「すべて私のためね」という。 しかし、乾隆帝は弘昼を咎めない。 でも怒る皇后様の声かわいい…全然怒ってないし!吹き替えじゃなくてちゃんと役者さんの声だから見ていて違和感がないしとても楽しい。 「治ったら絶対に始末してやる」という弘昼。 代表作品は2013年 「烽火佳人」ですが、まだあまりヒット作品はなかったというのが現状でした。

Next

小松で一番に行った「えいらくハウス」はやっぱり美味かった

向かったのは円明園、瓔珞の姿を盗み見る。 また、本作の妃たちの中国伝統の口紅の引き方(絳唇妆)が、韓国で人気のグラデーションリップの元祖だと話題になり、若い女性たちのあいだで大流行するなど、キャラクターのメイクも大いに関心を集めた。 瓔珞は怒りに震えながら皇后に聞く。 しかしそこに乾隆帝が突然やってくる。 皇后様もいなくなって明玉ちゃんもいなくなったら、わいなんのためにこれ見てるのやら!? 守ってくれる人を作らなきゃならないわけだけど、そのために袁春望を敵に回しちゃったよ。 高貴妃は残された少ない時間で乾隆帝に舞を披露するという。 間もなく帰ってきた張女官は瓔珞に「長春宮では十分に用心するように」とおかしな様子で言った。

Next

中国No.1宮廷ドラマ「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」日本上陸!8月2日(金)よりDVDリリース決定 | anemo

以前は皇后様の庇護下、そうだね、これからは慎重に。 どうやら乾隆帝の仕返しのようだ。 舒貴人に待ちぼうけを食わせ、皇帝を長春宮にとどまらせたのは、洛神の衣装を着けて舞う皇后の姿だった。 珍珠から話を聞くと、暗闇の中部屋から出ていく舒貴人の姿を見たような気がするという。 喚く皇后に乾隆帝は「己の身分を忘れるな」という。

Next