頂戴します。 「頂戴」の意味と使い方・例文・敬語・読み方|頂戴する/いたします

「お名前を頂戴する」という誤った敬語を使っていませんか? ~「頂戴」と「ちょうだい」の違い

お金を受け取る 「お金を受け取る」というのは「支払いをする」とは逆の立場・経過となるため、もちろんこれは「相手から支払われたお金が確実に指定銀行口座に振り込まれたどうか」の確認をする姿勢になります。 ・お支払いさせていただきます。 おそらく、ほとんどの人が二重敬語であると意識せずに使っているでしょう。 ご尽力いただき本当にありがとうございます• 例えば、顧客とのトラブルや、クレーム処理に対応する場面です。 でもこの「ご尽力いただき」には目上の人への敬意と感謝の心があふれている言葉です。 迅速なご対応、誠にありがとうございます。 メールの例文 他にも「欲しい」気持ちの言い換え方はたくさんありますので、メールの例文で紹介します。

Next

「お名前を頂戴する」という誤った敬語を使っていませんか? ~「頂戴」と「ちょうだい」の違い

まとめ 「頂戴」は「もらう」の謙譲語で、目上の人に物や食べ物もらう場合に使用する言葉です。 「頂戴したい」「頂戴します」と言い換える 何かを欲しい時に「頂戴したい」「頂戴します」という言い方もあります。 「頂戴する」を用いると危険な意味合いになるため、預かることを丁寧な言い方にした「お預かり」に「する」を示す「いたす」を付けた「お荷物をお預かりいたします」を使います。 「頂戴する」と意味合いはほぼ同じですが、「賜る」の方が相手を敬う意味合いが強く、硬めの敬語表現が好まれるシチュエーションで使用することが多いといえるでしょう。 簡易的な表現にも聞こえますが、「頂戴します」の意味で広く用いられる口頭表現です。

Next

頂戴するの意味や敬語としての使い方4選!頂戴いたします/頂戴しました

そして失礼かどうかの結論が出てから言葉の 意味もきちんとみてみましょう。 場面別・シーン別英語表現辞典 84• 動詞(お越し・ご覧・教えて)のうしろに「いただく」が付くことで、敬語となっています。 ください。 「頂戴いたします」は、「頂戴」と「いたします」の両方が謙譲語であるため二重敬語となります。 ビジネスでの使用においては、「頂戴します」のような漢字表記がベターです。 そのことから「これは敬語なのか」という疑問解決にあたっては、省かれることが多いです。 「賜る」と「頂戴」はほぼ同じ意味ですが、「賜る」の方が相手を敬う気持ちが大きく、硬い場面で使用することが多いです。

Next

「頂戴する」は正しい敬語か?「頂戴」の意味と使い方、類語、英語表現を解説

丁寧語である「お」と、謙譲語である「伺い(伺う)」の組み合わせだからです。 ・スムースにお取引を終えることができましたことを、誠に嬉しく存じます。 この記事を参考に正しい敬語の使い方を意識してみてください。 似たような意味の言葉でいろんな類語を使うことで会話の幅が広がるんですよ。 尊敬語では「与える」の意味になり、「目上の人が物などをくれた」ことを伝える時に使用します。 「お名前を頂戴する」は誤用 ビジネスシーンで名前を尋ねるときに、「お名前を頂戴する」と使用することもありますが、実はこの使い方は間違いです。

Next

「頂戴いたします」という敬語を使うときのポイント

「頂戴する」は「もらう」ことなので「お荷物を頂戴します」と言ってしまうと「あなたの荷物を私の物とします」という意味合いになります。 これらの補助動詞は、実際の動作を示す言葉ではなく、ほかの言葉を丁寧に言うために存在する言葉です。 「伺う」の方が丁寧な言い方になりますが、「お名前をお聞きできますか」でも問題ありません。 尊敬語は「目上の相手や立場が上位にある人に対し、話者が一方的に尊敬の念をもって敬意を示す敬語表現」を指し、もっぱらビジネス上のやり取りにおいて使われます。 お手数ですが、詳しい資料をご送付いただければ幸いです。

Next

「ご尽力いただき」は目上の人に使うと失礼になる!?意味と例文も紹介

「欲しい」の2つの意味 私たちが「欲しい」という言葉を使う時は、目的によって2つの意味があります。 何かを「してほしい」という意味 「欲しい」にはもうひとつ、相手になんらかの行いを「してほしい」「してもらいたい」という意味があります。 目上の方からものをもらうとき、自分はお辞儀などをして相手に対する敬意を示しながら受け取ります。 また、会社の中で「頂戴いたします」という表現が普及している中で、「頂戴します」と言うとかえって違和感を覚えられるかもしれません。 「頂戴する」に感謝の言葉である「ありがたく」を組み合わせた使い方です。 いただく」を漢字にすると、「頂く」になります。 「預かる」には、レジで受け取ったお金をひとまず預かる、一時的に保管するという意味合いが含まれます。

Next