福島 県 コロナ 速報。 【新型コロナ】知事メッセージ

【福島コロナ】いわき市2例目、常磐湯本町で新型コロナウイルス感染者が確認される

5月25日、政府は、首都圏の1都3県(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)及び北海道について、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を解除しました。 令和2年4月17日(金) 県民の皆さまへの知事メッセージ はじめに、医師や看護師、病院スタッフの皆さん、そして、感染症対策に携わる保健所や臨床検査技師の方々など、正に新型コロナウイルスとの戦いの最前線で懸命に御対応いただいている関係の皆様に、深く敬意と感謝の意を表します。 県民の皆様、事業者の皆様の御理解と御協力に心から感謝を申し上げます。 さらに、クラスターが発生しているような施設や、「3つの密」のある場への外出は控えていただくようお願いいたします。 ここで、県民の皆様に、改めてお願いをいたします。

Next

【新型コロナ】関連情報一覧

令和2年3月14日(土) 知事臨時記者会見における知事メッセージ 「県民の皆さんへのメッセージです。 「いわき市2例目、常磐湯本町で新型コロナウイルス感染者」に対する世間の反応 「湯本でコロナ出たんか…」 「ついに湯本にもコロナ感染者が…!!」 「また、いわき市でコロナだって、え、どうすればいいん?」 「湯本からコロナ感染者が出たか…まあいつかは出ると思っていたが」 などの声があがりました。 昨日、政府は、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言について、新規感染者の数が減少に転じ始めているといった一定の成果が現れ始めているものの、再度感染が拡大すれば医療提供体制への更なる負荷が生じるおそれがあることなどから、基本的対処方針を一部見直した上で、全ての都道府県を対象として、5月31日まで延長することを決定しました。 電話や手紙、パソコンやスマートフォンなどを活用することにより、離れている家族や友人ともつながることができます。 全県一丸となってこの困難、難局を乗り越えていくことができるよう、皆様のお力添えをよろしくお願いいたします。 女性は2月21日から3月1日までエジプトを訪問し、ナイル川のクルーズ船を利用していました。 2020年3月31日、福島県新型コロナウイルス感染症対策基本方針を決定しました。

Next

新型コロナウイルスと私たちの暮らし 感染症 福島県情報 特設サイト | 福島中央テレビ

発熱や咳など、少しでも症状があれば、通勤や通学は控えてください。 協力金・支援金については、本日5月15日から申請の受付を開始いたしました。 症状は重症ではない。 最後に 今回は、福島県の郡山女子大学で新型コロナウイルス感染者が確認されたことをご紹介させていただきました。 本県においても、5月9日以降は新規感染者が確認されておらず、感染拡大が抑えられている状況にあります。

Next

【福島コロナ】郡山市で感染者!栃木県宇都宮市在住の男性医療従事者

このため、県民の皆様には改めて、次の3つについて御理解と御協力をお願いしたいと思います。 県民の皆様、事業者の皆様に、改めて次の点について御理解と御協力をお願いいたします。 県では、今後とも検査体制の強化や医療提供体制の確保に取り組んでまいります。 新型コロナウィルスへの感染が確認されたのは 郡山市 在住の 70代 女性で「郡山女子大の職員」と発表されています。 国内聖火リレーは、26日からオリンピック開会式の7月24日まで121日間をかけて47都道府県の859市区町村を回る計画で、原則的に一つの市区町村内でランナーによるリレーを行い、終了後に次の市区町村に車両で移動することになっていた。

Next

【新型コロナ】関連情報一覧

2020年2月27日、新型コロナウイルス感染症への今後の対応方針を決定しました。 一点目は、「新しい生活様式」の定着等についてであります。 また、改めて、不要不急の都道府県をまたぐ往来は極力控え、特に特定警戒都道府県との往来は自粛していただくようお願いいたします。 こうしたことを踏まえ、県民の皆様、事業者の皆様、医療機関の皆様に改めてお願いをいたします。 」と話す。

Next

福島県内の新型コロナウイルス発生状況

また、風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いておられる場合、さらに、強いだるさや息苦しさがある場合、あるいは、高齢の方や呼吸器系の基礎疾患がある方で、こういった症状が2日以上続く場合には、最寄りの保健所の「帰国者・接触者相談センター」に御相談いただき、そのアドバイスに沿って医療機関を受診するなどの対応をお願いいたします。 事業者の皆様におかれましては、時差出勤や自転車利用など、通勤時における人との接触を低減する取組を進めるとともに、在宅勤務やテレワーク、出張に代わるテレビ会議の導入・活用などを、より一層推進していただきますようお願いいたします。 全県一丸となってこの困難を乗り越えていけるよう、皆さんのお力添えをよろしくお願いいたします。 引き続き、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。 県民一丸となってこの困難、難局を乗り越えていくことができるよう、皆様のお力添えを引き続きよろしくお願いいたします。 引き続き国、市町村など、様々な関係機関と連携し、県民の皆さんの安全を最優先に考えた対策を迅速、的確に進めてまいります。

Next

新型コロナウイルスと私たちの暮らし 感染症 福島県情報 特設サイト | 福島中央テレビ

自分を守ること、そして自分の大切な人を守る行動が、医療現場の負担を減らし、社会を守ることにつながります。 福島県におきましても、3月31日からの6日間で新たに14例の陽性患者の発生が確認され、二次感染、三次感染が見られるほか、感染源が明らかではない事例が増加するなど、今後、急激に患者が増えることが危惧される非常に重要な局面にあります。 休業要請に御協力いただいている事業者の皆様には、本日の県議会で議決をいただいた「新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金」を支給することとしておりますが、今後目指していくこととなる休業要請の解除に向けて、「新しい生活様式」への対応等が必要となると考えており、そうした感染防止のための取組を行う事業者への支援策等を検討してまいります。 県民の皆様には、今回の政府の決定を踏まえ、これまでお願いしてきたことに加え、繁華街の接客を伴う飲食店等への外出は控えるよう強くお願いいたします。 全県一丸となってこの困難、難局を乗り越えていくことができるよう、皆様のお力添えをよろしくお願いいたします。

Next