ご尽力いただきました。 「ご尽力いただき」は目上の人に使うと失礼になる!?意味と例文も紹介

ご尽力 の例文10パターン (意味と類語)

「尽力いたします」と「ご尽力いたします」 「尽力」だけでは、誰が力を出すのかが明確ではありません。 そのような場合に「尽力いたします」とするとスマートな印象になるのでおすすめの表現です。 それでは、実際に「お力添え」はどのように使えばいいのか、具体的な例文を見てみましょう。 手紙を送る相手によってお力添えを使わずに、「心から感謝申し上げます」や「感謝の意を表します」などを使用するのも良いですね。 敬具〇年〇月〇日 就職・転職の際の履歴書 ・〇年〇月 〇〇大学工学部卒業 ・〇年〇月 株式会社〇〇入社 〇〇開発部門で〇〇開発に従事 ・〇年〇月 同社〇〇本部で〇〇プロジェクトに従事 ・〇年〇月 同社〇〇本部の〇〇プロジェクトの責任者に着任 ・〇年〇月 同社〇〇研究所〇〇開発部門の責任者に着任 ・〇年〇月 株式会社〇〇退社 以上つたない経験ではございますが、御社のために力の限り尽力いたしますので、何卒よろしくお願いいたします。 手を貸してもらった事への感謝を伝える言葉と言えるでしょう。 まずは略儀ながら御礼かたがた御挨拶申し上げます。

Next

「尽力」の意味と使い方とは?敬語や類語「お力添え」との違いも

接頭語の「ご」は、後ろに続く言葉が漢字である場合は、「御」と表記し、後ろが平仮名である場合は「ご」と平仮名で表記されるとされていますが、明確な定義表は存在しませんので、 「ご助力」でも「御助力」でも、どちらで表記しても間違いではありません。 例文 ・この度の事業成功にあたり、関係者各位の皆様のご助力に感謝します。 例文としては、「この度はご尽力頂きまして、ありがとうございます」といった内容になります。 」 30、「せっかくお骨折りいただいたのに〇〇社は最終面接で不採用の通知を受けました。 簡単に言うと、力を尽くして努力してもらったときや、自分が努力したいときは「ご尽力」や「尽力」の方を使います。 「賜る」は「貰う」の謙譲語です。 うまく使い分けると、さまざまなビジネスシーンで重宝するはずです。

Next

尽力(じんりょく)の意味と正しい使い方

もちろんこの言葉を用いるときには 心からの感謝の気持ちがあることが肝心です。 「助力」で使用する場合は、自分自身が助ける際に使います。 ご尽力いただき、はどんな時に使う? ご尽力いただき、は文脈を少し変える事で様々な使い方が可能になります。 注力の「注」という字は、そそぐ、流し込む、一点にむける、集める、解き明かすなどの意味を持つ漢字です。 わかりやすく使いやすいからこそ、少しカジュアルな表現ともいえます。

Next

「お力添え」「ご尽力」の正しい意味と使い方を解説【例文あり】

手伝ってほしい、対応してほしいという場合には、「お力をお貸しいただけませんか?」というような表現がベターです。 」 21、「これもひとえにご協賛いただいた会員各位のお骨折りのお蔭でございます。 また「いただき」の代わりに「賜り」と言い換えることもできます。 」 4、「北向様からの一方ならぬお骨折りに対しましては、なんと申し上げて良いか、お礼の言葉もございません。 TAKAさんの英語学習の成功を願っております。 本日、発令を受けまして〇月〇日付で支社〇〇部〇〇課へ転任することになりました。 三つ目は、語尾に「です」「ます」を付けて丁寧さを表す丁寧語です。

Next

尽力(じんりょく)の意味と正しい使い方

「尽力」には全力で対応する、という意味がありますので、相手に「ご尽力」してくれるようにお願いするのは厚かましいのです。 「協力」の意味は、「 ある目的のために心を合わせて努力すること」です。 「力」は「肉体的・精神的なちから」「つとめる」を意味します。 主にビジネスシーンで、目上の相手が自分を助けてくれた、協力・努力してくれたなどの折に幅広く活用されている例文となります。 取引先や明らかな目上の人に対しては「尽力」が無難とされます。 これらは、「お力添え」「尽力」よりはフランクな表現になるため、年齢や立場の近い目上の相手に使う場合などには、こちらの表現の方が適していることもあります。 人事異動の挨拶(電話) 前任地 〇〇支店〇〇担当の〇〇です。

Next

「ご尽力」の意味は?間違えやすい「お力添え」との違いも解説

・どうかますますのご指導とお力添えを賜りますよう、お願いいたします。 尽力という単語そのものに「尽くす」という意味が既に含まれているため、「尽力を尽くします」などの二重表現にしないように気をつけましょう。 「ご尽力いただき」の類語には「お力添えをいただき」があります。 新任地(取引先) 〇〇製造の〇〇でございます。 「尽力いたします」となると自分、或いは自分達が力を出すという意味合いを持つことになります。 」 5、「どうかA社との合同事業のために先生にお骨折りをいただけないでしょうか。

Next

「尽力」の意味、敬語「ご尽力」の使い方、例文、類語「貢献」との違いも紹介

前任地(取引先) 〇〇物産の〇〇でございます。 「尽」は「全部出しつくす」「全て費やす」を意味します。 そもそも、「尽くす」には、全部費やす・すべて出すといった意味があり、「尽力」は力をすべて費やす、というニュアンスを持ちます。 そして具体的な使い方の例文は以下のとおりです。 5-2.お礼や挨拶を言いに行く場合に使う 実際にお礼を言う場合にも「お力添え」を使用することができます。 「お力添え」の使い方としては、 ・お力添えいただく〜 ・お力添えのほど〜 ・お力添え賜る〜 などとなります。

Next