ガルシア マルケス。 コレラの時代の愛

ガルシア=マルケスのおすすめ作品6選!『百年の孤独』は世界文学の傑作

読了すると、彼はそういう運命だったのだ、としか言えなくなります。 マルケスがいなければ、自分の小説は書けなかったと思う」• 百年に渡る一族の栄光と危機をまるで神にもなった気分で見守る楽しさがあります。 「世界の政治指導者や作家ら、ガルシア・マルケス氏を悼む」AFPBB 2014年4月19日 2019年11月26日閲覧• 要望がありながらも『』の続編を書かず、代わりにに倣い、統辞法を破壊する実験的手法で小説を書く。 すると私たちは「百年の孤独」を運命づけられているのだろうか。 その量り知れぬ糸模様の全貌に挑む、熟成の中篇。 『百年の孤独』『コレラの時代の愛』は、2002年にノルウェイ・ブッククラブによって「世界傑作文学100」に選ばれる。

Next

ガルシア=マルケスのおすすめ作品6選!『百年の孤独』は世界文学の傑作

読むと絶対素敵な体験ができます。 このコロンビア国立大学法学部時代、同級生だったと親友となり、カミロ・トーレスはガルシア=マルケスの二男に洗礼を授けるなど以後長く交友を続けた。 1982年にノーベル文学賞受賞。 さらにあとがきで物語についてのすばらしい考察がある。 雨は何年も振り続け、人は200年以上も生き、念じれば人を殺せる。

Next

ガルシア・マルケスとは

コロンビアの大統領「コロンビア史上、最も崇拝され大切に思われている人を亡くして、全国民は喪に服している」• ( Del amor y otros demonios)-1994年(旦敬介訳・新潮社 1996年)• 一組の夫婦と、その妻をずっと想い続ける一人の男の話。 「こういうストーリーは、現実というのはどの程度までたわめ、ゆがめることができるのか、 本当らしくみえる限界というのはどのあたりにあるのかといったことを知ることができるので、 わたしは大好きなんだ。 特にガルシア・マルケスに影響を与えたのは祖父で、『落葉』の老大佐、『大佐に手紙は来ない』の退役大佐、『百年の孤独』のアウレリャーノ・ブエンディーア大佐などのモデルになったと言われている。 彼はのを信じる夢想家だった」 脚注 [ ] []• 私もあのインディオの語り部のような圧倒的な物語の力を期待したのだが、この作品は落ち着いている。 理解できないはずなのに、無茶苦茶読みやすい、というか読まされてしまう。

Next

ガブリエル・ガルシア=マルケス

ぼくはスピーチをするために来たのではありません(木村栄一訳・新潮社 2014年)• 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 コロンビアの作家。 (と書いたが私は結婚してまだ5年だか、夫婦のだいたいがあるような気がする) 「何年も暮らしていくうちに、二人は様々な形で、結局はこんな風にして暮らしていくしかないし、 こんな風にして愛し合うしかないのだという至極もっともな結論に達した。 私らは共感こめて大酒を飲んだ。 といっても、単に中南米地域の文学を普遍的なレベルに高めたというだけではなく、〈ラテンアメリカ性〉とでもいうべき性質を新たな世界の可能性として示しえたから、傑作なのである(それが何であるかは作品を読んで考えて欲しい)。 チョコレートの力で空中浮遊する神父、信じられないほどの美貌で男を魅了して天へと飛んでゆくレメディオス、死神の予言が的中させる死など。 「世界の政治指導者や作家ら、ガルシア・マルケス氏を悼む」AFPBB 2014年4月19日 2019年11月26日閲覧• 受賞の理由としては、「現実的なものと幻想的なものを結び合わせて、一つの大陸の生と葛藤の実相を反映する、豊かな想像の世界」を創り出したことにあった。

Next

ガブリエル・ガルシア=マルケス

悪い時( La mala hora)-1962年(高見英一訳・新潮社 1982年)• ( El general en su laberinto)-1989年(木村栄一訳・新潮社 1991年)• 20世紀が生んだ、物語の豊潤な奇蹟。 しかし、彼の親兄弟の証言や出生証明書を見ると、1927年生まれとする説が有力になっている。 しかし、それらの語りが浮き彫りにするのは、孤独にくずおれそうなひとりの男の姿だった。 売却されたカリブ海。 略歴 [ ] ガルシア・マルケスは、の沿岸にある人口2000人ほどの寒村アラカタカに生まれる。 この時に使われた旅費は1955年に出版された『落葉』によるものだった。

Next

『百年の孤独』(新潮社)

内戦が疫病のように猖獗した時代を背景に、愛が愛であることの限界にまで挑んだ、かくも細緻、かくも壮大な物語。 その他,《ある遭難者の物語》(1970年),《ある誘拐の報道》(1996年)などジャーナリズムに属するものでもすぐれた作品を残している。 十二の遍歴の物語( Doce cuentos peregrinos)-1992年(訳・新潮社 1994年)• 、両親の元に戻る。 ですが、その物語を支えている土台が、アンヘラ・ビカリオの一言だけなのです。 天性のでした。

Next