君 は 最後 の 晩餐 を 知っ て いるか。 君は「最後の晩餐」を知っているか

中学二年生の国語、「君は「最後の晩餐」を知っているか」についての質...

・自分が今まで思っていた「最後の晩餐」と、この文章を読んで分かったことや変わったこと。 雨上りの夜の天地は 濃 ( こ )い 墨色 ( すみいろ )の中にたっぷり水気を 溶 ( とか )して、 艶 ( つや )っぽい 涼味 ( りょうみ )が 潤沢 ( じゅんたく )だった。 まさに最悪とはこの事である。 中柄 ( ちゅうがら )で肉の 締 ( しま )っているこの女水泳教師の 薄 ( うす )い水着下の腹輪の肉はまだ 充分 ( じゅうぶん )発達しない 寂 ( さび )しさを見せてはいるが、 腰 ( こし )の骨盤は 蜂 ( はち )型にやや大きい。 体もどこか疲れていた。

Next

隊長の屋外な日々(2012年2月)

なんとなくではなく、指示語が何を指しているのか、テスト前に確かめましょう。 靄 ( もや )だ。 早速タイトルのページを塗ってみました。 思えば都会 偏愛 ( へんあい )のあわれな父娘だ。 小初は砂金のように 濃 ( こま )かく汗の玉の吹き出た薫の上半身へ頭を 靠 ( もた )れ薫の手をとった。 いやぁ〜それでも、歩いて登れない斜面でも、意外とバイクで登れるモンである。

Next

傭兵、何人ぐらいいますか : アトランティカ

で二軒目へ行きぶっかけうどん。 帰って来たときの 疎髯 ( そぜん )を貯えた父の立派な顔が都会の 紅塵 ( こうじん )に 摩擦 ( まさつ )された興奮と、 疲 ( つか )れとで、異様に 歪 ( ゆが )んで見えた。 が、なかなか空きが無く、けっこう遠くへ。 「何という 判 ( わか )らない陽気だろう」 小初は 呟 ( つぶや )いた。 「貝原さん、子供が欲しいなんて云わずに真直ぐに私が欲しいと云ったらどうですの」 「ああ。 灰色の恍惚からあふれ出る涙をぼろぼろこぼしながら、小初はどこまでもどこまでも白濁無限の波に向って抜き手を切って行くのであった。 「 待合 ( まちあい )?」 小初は 堅気 ( かたぎ )な料理屋と知っていて、わざと 呆 ( とぼ )けて貝原に 訊 ( き )いた。

Next

授業リポート 中学校国語2年

あなたが芸術家の卵ならなおさらだ。 でも、その店を漏電の火事から救い(笑)、解散。 だが、何であっても、間違いなく人々の感情に訴えかけたんだ。 (笑) --------------------------------------------- 翌朝、目覚ましで起きる。 急いで鹿島本館に帰ると、誰もいなかった。 構図の効果は、配置等によって、見る人の視線をイメージ全体に行き渡るよう誘導し、絵を興味深いものにします。

Next

美術ブログ 新着記事

窮 ( きゅう )してやむを得ずこれだけまともに言ったのだ。 だが、けっこうやらかしたりして行ったり来たり、見えるところに常にいる感じだ。 みそ汁が絶品のウマウマ朝ご飯を食べ、デパールを待つ。 明日の遠泳会にも出られそうでない……。 箪笥 ( たんす )から着物を出して、 荒削 ( あらけず )りの 槙柱 ( まきばしら )に 縄 ( なわ )で 括 ( くく )りつけたロココ式の半姿見へ小初は向った。 もちろん子どもにそんな価値観を教えたのは、僕もその一員である大人社会だ。 』と思ったら、 『告白します・・・山頂のQP取り忘れました・・・』 「やっと追いついた!早く追わなくちゃ!」と思ってQPの存在をすっかり忘れる。

Next

授業リポート 中学校国語2年

これは 希臘 ( ギリシア )の 擬古狂詩 ( ぎこきょうし )の断片をざっと飜訳したものだそうだ。 これは、スゴすぎると思わないかい? そして、もうひとつ特筆したいのは、「モナリザ」「運命」「ロミオ&ジュリエット」などが完成してから これまで数百年の間に、社会環境や人々のライフスタイルがガラリと変わっていること、 そして、はるか遠い外国の作品なのに日本人の僕らが知っているという事実だ。 ところが、老先生にはこの両方の極端のところだけあって、中辺のじっくりした考えが生れ付き抜けていなさる。 風呂から出て、腹が減ったので、隣接する鮨系大型レストランに行き、微妙な食事。 彼の音楽には、他の作曲家にはない、「何か」があったんだ。 父はあまり遠くない蘆の中で、カンテラを燃して数珠子釣りをやっている。

Next

君は最後の晩餐を知っているか:本文まとめとテスト問題の解説!

』と思った。 「あたし、何にも知らないけれど、あんた、この頃でもうちの父に、何かお金のことで 面倒 ( めんどう )を見ているの」 「いや、金はもう、老先生には 鐚一文 ( びたいちもん )出しません。 「 隣 ( となり )近所にお 化粧 ( けしょう )のアラを拾うやつもなくてさばさばしたろう」 これが 唯一 ( ゆいいつ )の、娘も共に 零落 ( れいらく )させた父の 詫 ( わ )びの表明でもあり、心やりの言葉でもあった。 エンドウさんをはじめ、トレイルのコンディション維持に汗を流した皆様、感謝です。 腹は一杯だが、まだ食えるぞ!!(笑) で、やっとこさトレイルへ。 これじゃ網のまん中に穴があるようなもので、利というものは素通りでさ」貝原は、父親には、反感を持っていないようなものの、何の興味もないらしい口調だった。

Next

隊長の屋外な日々(2012年2月)

ズバリ述べている表現(言葉や文)を本文中から抜き出してみよう。 西空は一面に都会の夜街の 華々 ( はなばな )しいものが 踊 ( おど )りつ、打ち合いつ、 砕 ( くだ )けつする光の反射面のようである。 東海の若手で元気なヤツ、足はあるけど地図は苦手で残念な感じ。 『それ乗ります〜!』 というわけで、今週は讃岐に遠征である。 小初は涙を拭いた。

Next