ツイン ドラゴン ハナハナ 設定 6。 ツインドラゴンハナハナ│スペック・設定差・設定示唆【ツイドラ】 │ スロットガーデン【攻略・天井狙い・期待値・解析】

【解析】ツインドラゴンハナハナ

投資2,000円、きっちり57G回して当たらずヤメ。 入店し、真っ先に向かうはツインドラゴンハナハナのシマ。 79GでBIG。 スポンサーリンク 設定判別要素が変更された点 まず始めに前作のグレートキングハナハナに引き続き、今回仕様変更された場所を紹介したいと思います。 朝一でモミモミしていたその台は、設定が変わったかのように大連チャンしています。 あくまで実践値となりますが、実際にスイカの数を数えてあまりにも出ない場合は、低設定の可能性、1BIGで1~2回出現するようであれば高設定に期待が出来ます。 黄 設定2,4,6• しかも、他のハナハナと比べると客付は少なく、実はかなり狙い目なのです。

Next

ツインドラゴンハナハナ 打ち方 設定判別 パネフラ 解析まとめ

もし、57G以内にボーナスを引ければ設定変更の有無が分かります。 他の色演出やスイカ確率と絡めて、トータルで押し引きを計りたいですね。 まじやってらんねー! と言うことで、その瞬間に清算ボタンを押して台移動です。 私がヤメた後はダラダラしながら2箱ほどのコインをお持ち帰りしていました。 プレミアム点滅演出• REGもしっかりついてきていて文句なしの展開です。

Next

プレミアムハナハナ 設定差まとめ|解析 設定示唆 設定判別 ランプ 設定変更(リセット)判別

私みたいにすぐさまぶん回したい人にとっては、慣れるまで多少ストレスを感じます。 あとはこのまま閉店まで出続けてくれたらどんなに楽かと… そう思った瞬間に訪れます。 不発台らしきが複数台あるが、まちがいないでしょう。 実践データはこんな感じになりました。 3月は毎年そこそこの状況になるA店。 72GでBIG、スイカ1回。

Next

ツインドラゴンハナハナ│スペック・設定差・設定示唆【ツイドラ】 │ スロットガーデン【攻略・天井狙い・期待値・解析】

若干弱い印象のハナハナコーナーに比べ、そこそこ良さそうなジャグラーコーナー。 店内状況的には、これまた予想通りのツインドラゴンハナハナに最高設定と思われる台が2台。 解析が出る前だったので、看破しながら打てませんでしたが(笑) それ以降、勝てている台は設定4ばかりですね。 初打ちの感想は、とても操作性がいい! メーカーさんが打ちやすいように細かいところまでこだわってくれたんですね。 2回目のボーナスは、106G・BIG、スイカが1回。

Next

(荒すぎ)ツインドラゴンハナハナが1桁ゲーム数当たり多すぎ説を検証してみた結果?!|パチンコ店

この日実践したのはいつものマイホールです。 設定変更されていたこと、通常時のベル確率が良かったこと、最終データがそこそこだったこと。 車検ついでに 簡単にポイントをGETすることができるハピタス。 そんなことを思う今日この頃です。 は見やすく使いやすいレイアウトなので、ストレスなくデータを取ることができますし、どのように出玉が推移していったかをチェックできるスランプグラフも見ることもできます。 次は300を越えて、うわー、これははずしたな、あっても4だろうと。

Next

ツインドラゴンハナハナ30|スペック・解析・打ち方まとめ

しかしここから、ハナ連がはじまります。 設定示唆内容が豊富• 主と言うのは自分が勝手につけたあだ名なんですが、本当に主と呼ぶにふさわしい人物なのです。 コイン持ちのベース(ベル確立) これは非常に大事です。 その後、416G回したところでこの日の実践を終了することに。 さすがは年末最後の30パイの日だけはあります。

Next

【ツインドラゴンハナハナ】朝一のハナハナで設定変更を見抜く立ち回り

朝一の立ち回り 年末最後の大勝負。 ペシペシ打つこと投資250枚。 なぜかというと、 前日のヤメゲーム数が14Gだったからです。 台選びはオーソドックスな上げ狙いで、並ぶだけあって早い者勝ちの高設定に座ります。 友達を迎えに行き、朝飯を食べていたら遅くなってしまいまいた。 狙い台を絞るデータ取り 久しぶりの元マイホームでの実践です。 BIG中のスイカ確率に設定差がある• 自分が打ったツインドラゴンはというと。

Next