俺ガイル ss チート能力。 #1 俺の能力開発はまちがっている。

スキルの種 ~俺のチートは神をも軽く凌駕する~(黄昏時)

これは異世界の中でもトップクラスと言っていい数値で、レミーアとミューラも大変驚いていました。 事の発端は……」 結衣「そう、元はゆきのんが悪いよ」 結衣「でも、いまヒッキーが少し譲歩して、ゆきのんの話を聞いてあげれば解決するんだよ」 八幡「被害者が譲歩しないといけないのか。 病院の先生も一ヶ月ぐらいで治るって言ってたし。 なので、作者にとってはどちらも思い入れのある名前となります。 こんな目が腐っている先輩とは付き合えませんごめんなさい 勘違いして欲しかったなーまぁいつか先輩に告白するし 私が本物の恋をした相手。 また、自分自身の情報は消せない。 このMAD、全12編ある超大作で、尚且つクオリティがクッソ叩くて オルガのMADの中でもトップクラスの人気を誇ります。

Next

アクセル・ワールドSS おすすめ二次小説作品まとめ【随時更新】

俺ガイルキャラも数人ですが、大きく話に関わってきます。 通称 総武魔法科高校。 38 * 雪乃「今日、比企谷君にあったら謝ってみせるわ」 結衣「ゆきんのん、告白する前の一大決心みたいだよ」 雪乃「こっ……!?」 結衣「ゆきのん、例えだから!」 結衣「あ、ヒッキーだ」 雪乃「あ、あら本当ね。 陽乃「八幡ー!起きてー!朝だよー!」 八幡「あー、今行く。 モンスターや人外の存在まで含めると、太一よりも強いやつも徐々に現れ、苦戦を強いられることも出てきます。

Next

八幡「雪ノ下に本気でキレてしまった」

トール・ハンマー(雷神の槌) 精霊・エアリィ召喚時の魔法。 アクセル・ワールド~地平線を超えて オリ主 最強 更新停止 少年は走る。 俺を含め8人しかいない超えられない、 超えてはいけない壁ー レベル5 1人いれば1つの国家の軍程度であれば 崩壊させることができる。 しかもその方向性はなろう系作品に見受けられるようなわかりやすい強さではなく、「苦しみに耐え抜く」「難題に立ち向かう」という人間的な強さでした。 太一は作中で初めてこの魔術を使った時、殴った地面に大きなクレーターができました。 88 雪乃「あら、せっかくあなたを傷つけないように無視してあげようとしているのに話しかけないでくれるかしら。

Next

異世界チート魔術師の主人公・太一の能力は?強さと魔力についても考察

時が動きました 八幡「ふぅ... 八幡が王様です。 80 八幡「由比ヶ浜」 結衣「事の発端はわたしの制止を聞かなかったゆきのんが悪いけど、今となってはゆきのんの話を聞かないヒッキーが悪いよ!」 結衣「今のわたしはヒッキーじゃなくてゆきのんの味方だから!」ビシッ 雪乃「由比ヶ浜さん……」グスッ 八幡「なんか俺が悪いみたいになってるけど、違うからな。 能力内容:オーラの性質を、片側から「光と音を通しにくい」性質へと変える。 その辺り説明していきます。 ホントダヨ? 異世界の科学水準は現実世界よりも劣っているため、凛のオリジナル魔術は多くの異世界人を驚愕させることになります。

Next

『俺ガイル』主人公、比企谷八幡を描いたおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

なのにぼっちで八幡しています。 それとも言葉がわからないのかしら」 八幡「……しゃべんなって言ったのはお前だろ」 雪乃「コミュニケーションの障害になっているんだからもうそんなこと忘れなさい」 八幡(どうしろっていうんだよ) 雪乃「私に一々何か指摘されないと駄目なのかしら。 6人の集団、男女が俺を突き飛ばして姉ちゃんの所に群がった。 いままでのことを全部許してとは言わないわ」 雪乃「でも、その、せめて顔を見て話せる仲には戻りたいの。 動物を庇ったりしてるからな。

Next

八幡「雪ノ下に本気でキレてしまった」

四月に八幡が提出した作文の罰が、奉仕部での活動では無く、音ノ木坂学院への放課後出向だったら……というもの。 最速を駆け抜ける。 可愛い妹もいるし、捻くれてはいるが芯はちゃんとした人間だ。 俺こと比企谷八幡はISを動かしてしまい、渋々IS学園に入学する事になった。 …続きを読む. 八幡「おう、ありがとう、姉ちゃん。 ただ、凛はトップ魔術師クラスの魔力に加え、 クアッドマジシャンという稀有な特性も合わせ持っていますから、この世界にほとんどいない実力者と言えるでしょう。 出展 異世界チート魔術師 雷という属性は異世界には存在しません。

Next

俺ガイル

誰にも気づかれず誰とも触れ合おうとしない孤独な狼 今宵も見られず触れられず気づかれず、一人ぼっちの狼は加速世界を駆ける もしも八幡が八番目の無色の孤王だったらというクロスオーバー作品です。 なのでまだ読んでいない知人友人にこの作品をオススメする際には「3巻前半までは読んでみてから判断してくれ」と言うのが妥当でしょう。 しかし確かにこの作品は、 文章の美しさが素晴らしいんです。 頭がよく、複数属性をかけ合わせた現代科学的な魔法を得意としている。 今作は、少し世界からずれてしまっている彼女が、成長していく物語。 何かあるって顔してるよ、例えば雪ノ下さんのことで」 八幡「えらく具体的だな。

Next