ピン g410。 ピンG410プラスドライバーの試打評価|PINGの2019年新製品

ピンG410シリーズをコースで試打してきました

Tenseiは硬いといわれますが、Evo4 569Sをエースとして使用していますが、タイミングが近いと感じました。 5 54 58 ライ角 度 60. PRO MODUS3 SYSTEM3 TOUR 125』は『NS PRO MODUS3 TOUR 125』と略しています。 方向が左右にブレないから距離を確実に稼いでくれます。 7 〃 〃 〃 中 〃 S 68 2. 注目すべきはボールスピード。 それでは今日はこのへんで。

Next

これはやさしいロングアイアン! ピン「G410 クロスオーバー」試打

ボールフライトが大きく変化するので、いじくり回して遊んでいます。 5 112 114 120 131 132 トルク 度 3. またLSTはつかまり度合いがニュートラルであり、適度な操作性も持っているため、飛距離や弾道を安定させるにはシャフト選びが重要になると思います。 PRO ZELOS 6 N. 9 5. 5 3. ネジ穴が見えるシルバーの部分がウェートです 専用のレンチで取り外し(紛失注意!!!!)、ストレート、FADE、DRAWの3ポジションに設定することで、ヘッドの特性を調整できます SFTにも同様のウェートが付いていますが、可変ではなく固定です 今回のG410は打球音にもこだわったそうで、爽快な打音を演出するサウンドリブが5本も搭載されています。 エラストマー・アルミ・3Mテープの3層構造で前作比約2倍の衝撃吸収効果 特徴その1:ピン(PING) G410アイアン CTPを廃し、より大きくフェースをたわませて飛ばす構造に進化。 デザインはほかのヘッドタイプと共通で、ぱっと見ではほとんど見分けがつきません。

Next

ピン G410 PLUS(プラス)/SFT ドライバーの試打&評価│楽しい GOLF LIFE

素晴らしいユーティリティに仕上がってます。 ホールド感は少ないが、悪い打感ではありません。 5度で球も適正に上がるのです。 しかし今回それが搭載されたことで、ゴルファー1人ひとりにより細かくマッチさせやすく、ミスを軽減させられるようになったのです PLUSに搭載される可変ウェートシステム。 商品お届け時の梱包材等を保管されることをお勧め致します。 オグさんです。

Next

PING(ピン)G410ドライバー【LST】 試打レビュー

・60g台の「PING TOUR 173-65」は、よくつかまり振り抜きやすい。 強い弾道でライナー性の弾道は打ちやすいですが、芝からだとそこそこのパワーがないと高さが出ないため、キャリーが不足するかもしれません。 TOUR 173-65(Rフレックス or Sフレックス)• 最後に…なぜはG410 PLUSドライバーを今使っていないのか?ということなのですが、 理由はですね~ 「 G410プラスがあまりにやさしすぎたから」 なんですよ… ショットの安定感ハンパないんです。 シャフトの選択肢が多いので、パワーヒッターからアベレージゴルファーまでそれぞれに合わせて仕様を選べるのもいいところだと思います。 ミートもしやすくタイミングも取りやすいので使い手を選ばず、ヘッドの特性も生かしやすいシャフトです。 5 103 106. YONEXの新しいパターにしようか、にしようかなどと迷っておりますが、ゴルフ行ってないんですわ〜 こちらのパター、ロフト角、シャフトの挿入位置などが選べます。 5 64. 50 バウンス角 度 5 6 7 8 9 11 12 12 13 13 ヘッド素材 - ハイパー17-4ステンレススチール 左用の有無 - 左用あり 総重量 g 約365( 7、ALTA J CB RED R)/約410( 7、N. PRO MODUS 3 TOUR 120 DG EX TOUR ISSUE 素材 スチール スチール スチール スチール スチール フレックス - R S R S X S X S200 X100 重量 g 68. 1 64. 「PING TOUR 173-65」は筆者の場合は慣れる必要があるかもしれません(筆者が普段使用しているシャフトが、50グラム台のトルク多め、です)。

Next

これはやさしいロングアイアン! ピン「G410 クロスオーバー」試打

PRO MODUS3 TOUR 105」(下) ピンの素晴らしいところのひとつにシャフトのバリエーションの多さがあります。 飛距離もまずまず出ていて、筆者がこの3つの中で選ぶとすればこの「TENSEI CK Pro Orange 50」でしょうか。 んでUT 試打できたのは22度の4UTでしたが、これはとても気に入りました。 PRO ZELOS 7 N. PRO MODUS 3 TOUR 105 N. 5 4. PRO ZELOS 8 R 84 2. 【操作性】 直進性がいいが、小幅な範囲での操作は可能。 不思議なくらい曲がらない。 5 〃 〃 〃 〃 〃 RIFLE ProjectX LZ 5. はじき感のある、やや硬めながら軽やかな打感で、直進性の高い弾道が打てます。

Next

G410ドライバー│CLUB PING【PINGオフィシャルサイト】

従来の使い方に多い「フェアウェイウッドとアイアンの間を埋めるクラブ」として使うもよし、ロングアイアンより上がりやすい特性を利用して「短い番手をロングアイアンの代わりとして使う」もよし。 弾道は、ロフト以上に高く出ます。 さらに、弾道調節機能でウェイトをドローポジションにします。 0 28. シャフト名 N. 6 〃 〃 〃 〃 〃 N. 5 74 77. ウッド型の「G410 ハイブリッド」と比べると高さはやや出にくいかもしれませんが、アイアン型UTとしては十分高さが出ていたと思います。 88 38. 6 〃 〃 〃 〃 〃 AWT 2. その際、もちろんLSTを買う気満々だったのですが ロースピンを謳っている割には何故かplusよりもバックスピンが多くて plusをチョイスしました。 今回試打させてもらったのは3種類。

Next

ピン G410 ハイブリッド の試打&評価/飛びと正確性のユーティリティ│楽しい GOLF LIFE

5 〃 〃 〃 元 〃 5. 9 〃 〃 〃 先 〃 SR 54 4. PRO 950GH neo N. ・スタンダード タイプ ・SFT つかまりやすい ・LST つかまりにくい G400にはリリースから約半年後に「」が追加され、4種類になったのです。 75 35. 重いと聞いていたので避けていましたが、振ってみたらバランスが良く、全く重さは感じませんでした。 ALTA・ 3:少し右に出てわずかなドロー回転のいい弾道でした。 75 45. マーベリック、SIMと試打した中では一番良かったです。 ロフトを増やせばもう少し打ち出し角が稼げるので200ヤード以上からでもグリーンが狙えそうですね。 ロフトの多い番手ほどつかまり度合いが大きくなるのがUTの常ですが、それがないのがいいですね。 今までのシリーズのスリーブはG410には装着できないのでご注意ください。

Next