艦これss 元ブラック鎮守府。 [B!] 提督「いやー鎮守府に帰るの久しぶりだなー」 : あやめ速報

【艦これ】 提督は変態 : 艦隊これくしょん SS

残るは貴様だけだ!」 ドン!(変態ポージング) 戦艦「いっ、いやぁ!近寄らないでぇ!!」 戦艦棲姫自慢の火力が一斉に火を噴く! しかし! 変提「効かぬわぁ!」 ヒョィ!ヒョイ!ヒョイ! 絶妙な腰のスゥイングで避ける。 ………かに思われたのだが。 加賀さん、 そ ・ う ・ で ・ し ・ ょ ・ ? ・ 日 ・ 本 ・ 海 ・ 軍 ・ さ ・ ん ・ 」と言った。 」ジュルリ(ガン見) 磯風 フキフキ またある2名の艦娘は興奮からくる鼻血を拭くものと欲求不満から出る涎を拭くものとに分かれ。 関連項目• 」 榛名「榛名は今の状態も悪くはないと思っていますよ?」ヒョコ 廊下の曲がり角から提督のぼやきを聞いていたのかひょっこりと顔を出す榛名。 判断力の低下した状態でうっかり提督は数知れず。 超人的身体能力を得た提督はその超人的動きにて腰を小刻みに動かし 股間のペンデュラムをそう、催眠術に使うペンデュラムの様に相手に見せる事により 周囲に幻惑フィールドを発生させたのだ。

Next

#11 捨てる鎮守府あらば拾うアズールレーンあり

それはハンニバルのアルプス超えの様な既存の概念と常識を打ち破る革命。 」 最上「鈴谷、どうしたの?」 鈴谷「もっ最上についてるやつぅ!!」 最上「なっなんだってぇ!?」 熊野「なっなんですってぇ!?」 熊野「息子スティックが最上さんについているんですって!?」 最上「僕は生えてないよ!!」 熊野「で、結局それは何ですの?」 ギャーギャ 混乱からあらぬ疑いが発生したり。 」 磯風「救援部隊の第二陣が来るまでの時間稼ぎだそうだが。 DMM GAMESアカウント登録画面 ニックネーム、性別、生年月日を入力したら、「 登録してゲームを開始する」をクリックして登録完了です! スマホ版 艦これの始め方 艦これは実は、スマホ(Android)でもプレイすることができるんです。 だが後悔しても覆水盆に返らず、もうどうにもならないのだ。

Next

【艦これ】 提督は変態 : 艦隊これくしょん SS

ここで突然ではあるが変態提督の奥義、 エクスタシーダズル迷彩について説明させていただきたい。 その女性は清楚でそのバストは豊満であった。 罪深き艦娘がのさばる鎮守府は炎に包まれた。 特に「改修資材」は何らかの報酬が無い限り「装備の改修強化」任務で1日1個しか獲得出来ない 要するに自転車操業的な 貴重なアイテムであり、それを大量に消費する改修には必然的に「それなりの」が必要になる。 」 愛宕「そんなにぃ?」 陸奥「えぇ、こんぐらい。 そして自分を支えてくれたロドニーとケッコンし心身共に結ばれた。

Next

【艦これ】お前らのオススメ艦これSS教えてくれよ

」 熊野「息子スティック?それは何ですの?」 鈴谷「むっ、息子はあれで、それで………。 変提「ヲ級よ、次は貴様だ!覚悟しろ!」バッ! ヲ級へと次のターゲットを決める変態提督! ヲ級は既にエクスタシーダズル迷彩の術中である! ヲ級「!!くそ!全機発艦!」 慌てふためき艦載機を上げるが既に敵の術中、艦載機の爆撃は全て当たらない! ヲ級「なぜだ!」 ベッチーン! アウゥゥ ベッチーン! イヤァァ…… 変態提督が腰を高速運動しながらヲ級との距離を詰めてゆく! 股間にはネ級が挟まったままだ! 変態提督が腰を振る度にネ級がスィングされ その尻尾が変態提督の尻に当たり尻ドラムがリズムを刻む。 ブラ鎮立て直し 荒れ果てた鎮守府を立て直すべく着任(あるいは左遷)した提督の苦悩と奮闘を描いたもので、ブラック鎮守府を題材とした小説としてpixivにもたびたび投稿される。 ちなみに艦娘ではなく提督(プレイヤー)の休みなしの出撃もブラックな鎮守府となる可能性がある。 彼女は約半年前にこの事務所を訪れ、自分にある相談をした。 この解体や合成自体も自身が「装のみを使用し、はのに戻ります」という設定の一例を示しており あくまで例。 1「では、見つかる前に退散しましょう」??? 」 球磨「恩に着るクマ!」 叢雲「いいって事よ。

Next

提督「ブラック鎮守府?」

そして、その瞬間にペンデュラムと密林、大アマゾンを。 「お疲れ様です。 戦艦並の目力と司令に言われた事はありますが。 分かったわ。 そのため工廠の主のを、のにかけて、などと言う提督も存在するらしい。 ただし、最近は21号対空電探よりも性能の良い電探の入手が容易になったこと、LV12まで育てる労力が実益に見合わなくなってきたこともあり、五十鈴をかき集めてまで大規模酪農を行うメリットは減っている。

Next

ブラック鎮守府とは (ブラックチンジュフとは) [単語記事]

139• メタ情報• そして自分を支えてくれたロドニーとケッコンし心身共に結ばれた。 バイト艦 イベントなど難易度が高い海域の攻略や、の「大成功」に必要なを行うときに、Lv1のコモン駆逐艦を囮役として1-1に同伴させる行為である。 」 浜風「磯風は自重すべきです。 」 こうして、陸奥旗艦で鈴谷、加賀、翔鶴、神通、矢矧という即席の救援部隊が結成された。 域や艦隊強化をどう行うも諸氏のなはずだ。

Next

#11 捨てる鎮守府あらば拾うアズールレーンあり

ただし、以降は連合艦隊旗艦に第1・第2艦隊問わず潜水艦を配置できなくなり、現在では上述の囮戦法を利用することは不可能となっている。 ドンドンドン! ヒョイ! ベチコン! ヒョイ! バチコン! 変態提督が一発砲弾を避ける度に一歩ずつ確実に戦艦棲姫との距離は縮まっていく! そして、ついに終わりの時は訪れる……。 そして、至近距離からの も゛っ゛こ゛り゛を目撃した艦娘達も ついでで精神的な撃沈をしたようである。 」 金剛「Yes 大淀の意見は最もデス。 」 大淀「そうですね。 変態提督の腰が奏でるロックはドラムが加わり刻むビートは8ビート! 更に、股間に挟まるネ級の断末魔のデスシャウトが加わる事によりそれはさらなる進化を遂げた! そのジャンルはハードロックである! ヲ級「くっ来るな!来るな!」 変提「愚かな、この私から逃れられるとでも思っていたのか。 変提「さて、戦艦棲姫よ。

Next

【艦これ】お前らのオススメ艦これSS教えてくれよ

」 僚艦として従えるのは空母ヲ級、それも黄色の瘴気を纏ったFlagship。 ) 浦風(七人目って誰やろかぁ。 」シターン!ベチーン! ネ級は出来てないとばかりに頭を振るが……。 吹雪たちの無人島0円生活? 1「あれ?提督いねえーじゃん」??? 特に2020年に導入された交戦型遠征では、戦艦や重巡といった大型艦が要求される上、ほとんどの艦が中大破して戻ってくるほど激しい為、大破遠征による資源節約効果は絶大である。 叢雲「救援の第二陣もうちの鎮守府を既に出ているわ。 うちの鎮守府の話です」 呉提督「なんでそんなに雰囲気悪いんだよ」 提督「ほら、うちの鎮守府 昔、ブラック鎮守府でしょう?」 提督「たぶんそのせい」 呉提督「ああ…」 提督「最初は死ぬかと思ったなー、一日に何回銃口向けられたか」 提督「多い時には8回だったな」 呉提督「…よく生きてられたな、お前」 提督「運だけはいいもので」 呉金剛「クレイジーネ…」 提督「それに よく口は回るものでね」 呉提督「電と吹雪が怒鳴り合うってどういう状況だ」 提督「ああ…それはですね」 ーーーーーーーー 吹雪「ねえ、ちょっと電ちゃん」 電「なんなのです?」 吹雪「さっきの出撃さー私にぶつかってきたじゃん?」 吹雪「あれ、わざとでしょ」 電「…」 提督「急にどうした?出撃の報告の途中だぞ…」 吹雪「いやいや聞いてくださいよ司令官」 吹雪「電ちゃんね?敵を沈めようとした私にぶつかってきたんですよ」 吹雪「あれなかったら私がMVPだったのに」 電「わざとではないのです」 提督(またか~~)ハハッ 吹雪「なに 笑ってんですか」 提督「あ、いやなんでもない」 電「あれは事故なのです」 吹雪「いや絶対にわざとだよね」 電「余所見をしてる方にも問題はあるのです」 吹雪「はあ!?私も悪いって言うの!?」 電「なのです」 提督「おい、出撃の報告…」 吹雪「MVP取りたくて私にぶつかってきたんでしょう!」 電「はあ……うるさいのです」 電「MVPは電のもの、吹雪ちゃんは部屋で寝るのです」 吹雪「ですですうるさいっ!わざとなんでしょ!!」 電「あーもう…しつこいのです!!!!」 電「芋顔!!!」 ワーワーギャーギャー 提督「…微笑ましいなあー」 ーーーーーーーー 提督「みたいな感じですね」 呉提督「微笑ましいのか、それ」 呉金剛「最後はどうなったデース?」 提督「ひとしきり怒鳴りあって疲れたのか出撃の報告して部屋に戻りました」 呉提督「仲直りできてないと?」 提督「元々仲良くないのに仲直りはおかしいでしょう?」 ガチャ 呉吹雪「お飲み物、持ってきました呉司令官」 呉吹雪「はい、司令官さんのです」 提督「えっ?君、吹雪?」 呉吹雪「はい?そうですけど…」 提督「吹雪の顔で笑顔って初めて見た」 呉吹雪「えぇっ!?そっちの私、笑わないんですか?」 提督「うん、いつも不満げな顔してる」 提督「ふーん…笑うとそんな顔になるんだ…」 呉吹雪「な…なんだか恥ずかしいです……」 提督「ああ、笑うといえば…」 ーーーーーーーー 提督「はーーーっ…書類終わったァ」 金剛「テイトク、仕事終わりに紅茶いかがデース?」 提督「ああ、貰おうか」 ガチャ 鳳翔「失礼します、提督 お茶を持ってきました」 提督「おっナイスタイミング」 金剛「オウ、せっかくで悪いのデスがお茶はいらないデース」 鳳翔「はい?」 金剛「テイトクは紅茶を飲むからいらないデース」 提督「別にどっちでもいいよ、俺は」 金剛「いらないデス」 鳳翔「提督はお茶の方が良いと仰ってますが」 提督「いや、別にどっちでも…」 金剛「紅茶の方が良いっていってるネ」 提督「ねぇ聞いて、俺の話聞いて」 鳳翔「お茶の方が美味しく健康的です」 提督「なんだったらお水でもいいよ?」 金剛「紅茶の方が美味しいネ」 鳳翔「紅茶なんて…ふふっ」 金剛「飲んだこと無いから紅茶の良さがわからないネ、飲んでみるデス」 鳳翔「飲みませんよ、そんなもの」 金剛「飲んでみるデス」 鳳翔「いやです」 金剛「飲むデス」 鳳翔「いやです」 金剛「飲め」 鳳翔「いやですよ」 バシャッ 提督「わお」 鳳翔「…」ポタポタ… 金剛「ネっ?美味しいでショ?」ニコッ 鳳翔「…」 バシャッ 金剛「…」ポタポタ… 金剛「うんっ!やっぱりお茶は不味いデスよ テイトク!」ニコッ 提督(いい笑顔だな~~) ーーーーーーーー 提督「笑顔で紅茶浴びせた金剛と、無表情でお茶浴びせた鳳翔さんが対象的でした。

Next