薬屋のひとりごと 壬氏 プロポーズ ネタバレ。 薬屋のひとりごとの壬氏(じんし)には秘密が…?

薬屋のひとりごとのあらすじ(ネタバレあり)と漫画の違いを解説

文字が読めなかったはずの小蘭が小説に出てくるセリフを言っています。 無意識にずっと拭っていたらしい。 猫猫は、この前のお礼にと兄から高価な人参をもらい、思わず喜びの舞いを舞ってしまった。 猫猫は淡々と語っていく しかし疑問が残ります。 おいおい野郎の赤面なんぞいらんと思いつつ、しかし壬氏が猫猫に歩み寄っている様は感慨深いものがあります。 本作は、小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品をコミカライズした漫画。 待ち合わせた人物と合流し、店に入った壬氏はようやく、店の趣旨に気付きました。

Next

【薬屋のひとりごと:35話(後編)】最新話ネタバレ|李白の見受け話と壬氏の焦り|漫画キャッスル

6 後宮生活に戻った猫猫は、毒味役として日々過ごしていました。 私が粗雑なため。 「薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~」6巻の簡単なあらすじ 祭壇で祈っていた壬氏を助ける猫猫 祭壇のある宮殿の前までやってきた猫猫だったが、入り口前で守衛に止められてしまった それで猫猫は、これから起こる事件の一味なのかと言い出した しかし守衛に殴られてしまった猫猫だったが、そこに羅漢がやってきた 羅漢は自分が責任を取るというと、猫猫を中に入れてあげた 祭具を固定していた器具が、近くのろうそくの火で溶けてしまうと、祭具は床に落ちてきた 猫猫は下の祭壇で祈っていた人物を助けたが、 なんとその人物は壬氏だった! 猫猫の足の傷口が開いてまた出血してしまい、猫猫は気を失ってしまった そんな猫猫を壬氏は、抱き抱えながら医局へと連れていったのだった 自殺に見せかけ姿を消してしまった翠苓 目を覚ました猫猫は、壬氏たちにこれは偶然の事故を装った事件なのだと説明した その後のことは壬氏たち任せた猫猫だったが、恐らく翠苓に辿りつくだろうと思った しかし刑部の役人たちが、翠苓の部屋に踏み込むと、 翠苓は自殺していた!! 壬氏は猫猫に事件に関わっていたと判明したのは、翠苓だけだと言った しかし猫猫は、これまでの事件が翠苓一人ではできないハズだと思っていた そこで猫猫は、翠苓を検死した医官と話がしたいと壬氏に頼んだ 猫猫は検死をした医官に、翠苓は曼陀羅華を飲んだのではないかと聞いた 医官はハッキリとは分からないが、使っていただろうと答えた 医官に翠苓に渡さなかったかと訊ねても、医官はハッキリとは答えなかったが、どうやら渡していた様子だった 猫猫はいきなり翠苓の入っているハズのお棺を開けると、中には別人の死体が入っていた そして翠苓は死んだように見せかける薬を飲んでいたので、お棺から自分で出ることができ、協力者が用意していた別のお棺を置いたのだと話した そんなことができる翠苓と、猫猫はまた会って薬の作り方を教えてもらおうと思っていた 後宮に戻ってきた猫猫 壬氏が翠苓のことを調べても、やはりたいしたことは判らなかった するとそこに水連が、何かの薬を持ってきた 水連は壬氏は宦官ということになっているのだというと、 壬氏はもう6年も経つのかと言った 猫猫は壬氏から、後宮に行くように言われた なんと玉葉が、子どもを身籠もったのかもしれないというのだ 猫猫は玉葉の宮にやってくると、玉葉が妊娠したのか判らないので、とりあえず医局の掃除を始めた 休憩で医官がお菓子を持ってきたが、上等な薬包紙の上に置かれていた その紙のことを聞くと、医官は自分の実家で作っているものだと話してくれた すると医官の妹から手紙が届いたが、医官は手紙を読むと動揺し始めた なんと医官の実家で作った紙が、宮中御用達でなくなるかもしれないというのだ 猫猫は、紙が脆いことに気づくと、その原因を葛湯を使って教えてあげた 李白に身請けの相談をされる猫猫 医局の掃除から戻ってくると、李白が呼んでいると聞いて、翠苓のことで何か分かったのだと思った しかし李白に会ってみると、妓女の身請けにいくらかかるのかと聞いてきた 3美姫のうちの一人が売りに出されると聞いて、白鈴を身請けしたかったからだったのだ 猫猫は相場を教えてあげると、李白の給料がいくらなのかと聞いた 李白はちゃんとは答えてくれなかったが、大体の給料が分かったので猫猫が金額を出すと、あまりの金額に李白は頭を抱えてしまった 白鈴が好きな体が確認ために、李白の体を調べていた猫猫だったが、そこに壬氏がやってきてしまった 猫猫は壬氏から怒られてしまったが、壬氏は猫猫が人の身体つきをみればどんな人間が分かると言ったので、自分も見せると言い出した 猫猫は以前も壬氏の身体を見たことがあるが、綺麗でもアソコがないと思っていた 猫猫は壬氏の身体は白鈴には合わないと言ったので、やっと壬氏は二人が何をしていたのか知った それで壬氏は李白を呼び出すと、自分が身請け金を肩代わりすると言い出した 壬氏は李白に猫猫が懐いていて、李白は将来有望だからだと説明した壬氏に、 李白は自分の金で身請けすると言って断ってしまった 猫猫に白鈴から自分はまだ現役だと手紙が届いた 恐らく売り出しの噂が流れたのは、、羅漢が身請けの話をしたからだろうと猫猫は思っていた 薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~の続きはコチラ👇 「薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~」6 巻を読んでみた感想 結局、翠苓は何者なのかは分かりませんでした 死ぬかもしれない薬を飲んでまで、事件を起こしていましたが、祭壇で祈っていたは壬氏でした 水連が壬氏に薬を渡しながら、宦官のフリをしているようなことを言っていたので、やはり壬氏は宦官ではないようです 時々、皇帝とも二人で話しているので、やはり壬氏はいつも姿を見せない皇弟の可能性が高いでしょうね 玉葉が妊娠したかもしれないので、また猫猫は後宮に行っていますが、やはり跡継ぎが産まれることが気に入らない奴がいるようです もし壬氏が皇弟なら、今のところ次の皇帝候補なので、それで命を狙われた可能性が高いでしょう そうすると翠苓は、他の妃の関係者なのかもしれませんね どうやら羅漢は、かなりしつこく猫猫の身請けをしようとしているみたいですが、壬氏は猫猫を手放す気はないでしょう そうなるとこれから、壬氏と羅漢が対決するときが来るかもしれませんね このまんがを無料で試し読みするには? 『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています 下記リンク先のサイト内で、『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』と検索すれば、無料で試し読みをすることもできます ぜひ一度、「まんが王国」へ行って、『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』を実際に読んでみましょう!. 花街では性犯罪者もいるらしく、襲われないために醜女を装ってたのだとか。 武官の身内の女性が刑部の高官の息子に乱暴された。 」 けろっとしている猫猫につっこむ壬氏。

Next

薬屋のひとりごとで壬氏がプロポーズ⁉︎【ネタバレ注意】

読み解け無いのか、遺言が残されていないのかはわかりませんが、少なくとも秘伝は失われてしまっている状況なのは間違いない。 30日お試し無料登録時に 600円分のポイントがもらえる。 Tポイントが使える&貯まる。 この記事を書いた人 kawa comic大好き女子です。 部下に任せるということはご法度!! しかし、聞けば他の部下たちは任せている者もいるとのこと。 内心不安だった猫猫でしたが皇帝は翡翠城へ通う回数も減らさず、玉葉妃や娘の鈴麗姫と遊び たわいのない時間を過ごしてくれました。

Next

【薬屋のひとりごと:33話】最新話ネタバレ|猫猫が語る偶然は必然の出来事|漫画キャッスル

そして、中を確認すると・・・中には翠苓とは似ても似つかない女性が箱の中に入れられていたのです。 猫猫は、実際にその家の厨房を見に行くことに。 今回はそんな壬氏(じんし)の魅力に迫っていきましょう! (なお私はコミカライズ版「薬屋のひとりごと」4巻までしか読んでいません。 その名簿には、羅漢が愛してやまない娘と伯父の名前があったのだ。 壬氏の疑問 次は壬氏が、猫猫の話に疑問を抱く番。

Next

薬屋のひとりごとで壬氏がプロポーズ⁉︎【ネタバレ注意】

「蛙にしては、大きかっただろう?」 壬氏がさらに一寸、猫猫に顔を近づける。 馬良の姉の麻美は弟の傍にいて壬氏とのやり取りを上手く仲介していた。 人気のキャラクターは?(ネタバレあり) 猫猫 やっぱり人気の主人公、猫猫。 数日後、宮中では至る所で、ぱちん、ぱちんと石を並べる音が響いている。 生年月日• その瓶に毒を入れられていたらわからないわけだ。 その後、鈴麗の散歩の許可が出たからと嬉しそうな玉葉。 めんどくさがりやの医者は、猫猫じゃなくて他の人に頼もうと提案しましたが、即座に却下されてしまいました。

Next

Hello Doctor

そこで壬氏に願い出て猫猫は死体置き場に向かい、検死官とともに翠苓の身に何が起きたか調べることにしました。 文体も異なっておりますし、 挿絵もあるので 書籍の方が読みやすいと感じる方もいるかもしれませんね。 。 6話 猫猫の養父のところに一つの仕事が舞い込んできた。 飲んでも飲み干しきれない酒と、美しい女たちを集めたそれは、酒池肉林を元にしているのだろう。

Next

薬屋のひとりごと 6話ネタバレ感想|壬氏が素直にデレた

ひょんなことから後宮に勤めることとなった少女・猫猫(マオマオ)。 再び翡翠城へと戻った猫猫は、以前と同じく玉葉妃の為に毒味の仕事に就きました。 相関図で見る『薬屋のひとりごと』 猫猫が人攫いに遭う前に暮らしていたのが花街。 その対策として温石を入れるための内ポケットを作ること、生姜と蜜柑の飴を作ることだった。 やぶ医者は元々裕福な家庭で育っていましたが、 先の皇帝の母親が上質な紙の材料になる木の伐採を禁じたことで、海外への輸出も困難になって収入源を失ったのです。

Next