バドミントン スマッシュ コツ。 バドミントンのスマッシュ練習法!ショットやノックが上達するコツ [バドミントン] All About

【バドミントン】速いスマッシュを打つ手首の使い方【打点は「くの字」をつくる】

ラウンドからのショットは多数あり クリアやドロップ または ハイバックでショットを打つことも 多々あるかと思います。 身体を反った反動も活かして、ラケットを振り切る ジャンプの仕方やタイミング、空中でのボディバランスなど、すぐには難しいジャンピングスマッシュですが、繰り返し挑戦することで、自分のタイミングはつかめてくるものです。 さらにスマッシュを打つ時は、右(左)から左(右)へのクロスの打球なのか、ストレートに打つのか意識すると更に練習になります。 【1】. 他のショットにも当てはまりますが、ある特定のショットの練習をする時は、ノックが有効です。 に 浜ちゃん より• リストスタンドを維持できていないと、打つたびにラケットの出る位置が変わってしまうため、 安定したショットが打てなくなってしまいます。

Next

【バドミントン】ドロップの打ち方のコツ【スマッシュと見せかけて落とすのがポイント】

どちらもコートの後方で打つ形になりますが、スマッシュを打ったらコートの中心に戻ることがポイントです。 そのような状況でスマッシュを打つためにはチャンスが来たらすぐにスマッシュを打てる姿勢がとれるようになりましょう。 中級者以上になると、その面を飛ばしたい方向へ面を作る時間を短くして相手にどのコースへ行くかわからないように同じフォーム・面作りを工夫していきましょう。 スマッシュを打ったら、素早くコート中央に戻る• スマッシュを打ったら、素早くコート中央に戻る• 棒を上へ移動させてから棒を下に移動させることで、力が増しスイカをわることができます。 でもずっと上げていると攻められ続けてしまいます。 に ユーマ より• インパクト時のスナップがスマッシュの速度を押し上げます。

Next

バドミントンの手打ちはNG!体重移動と腰の回転で決定率を上げる

6件のコメント• できるだけ高い打点で打てるタイミングで前方にジャンプ• 左足に体重が残る原因として考えられるのが、頭の真上でシャトルをとらえていることが原因だと思われます。 また、スマッシュ、ドライブ、プッシュ。 まったくの初心者の場合はTAGOKENのスマッシュの極意の動画を参考にして練習するといいと思います。 ストレッチのルーティンも忘れずに。 2対1練習 前述した【1】【2】のノック練習にも慣れてきたら、次のステップがこの練習です。 コートの両サイド、センターと打ち分けましょう。

Next

バドミントン・スマッシュのコツについて徹底解説します

初心は黄色の輪、ある程度場所が定まってきたら、中級者は赤い輪の辺りでどんなショットも捉えることを目的にしてみてください。 まず両脚を揃えた状態で膝を曲げて跳躍する打ち方は、比較的シャトルの落下地点に移動して、待つ時間が長い場合に使用できます。 利き足にかけた体重を移動して逆足に体重を乗せる。 スマッシュはギネス記録で時速500km、ラリー中でも時速300kmほどなどと言われビビってしまうかもしれません。 中には上達しないのではないかと疑うものもあるかもしれません。 つまり、この6割の体重移動の瞬間にインパクトさせることができれば、6割の体重分の重さをシャトルに伝えることになるので、 より速いスマッシュが打てるようになるのです。 だから普段の練習の時は、なるべく流れの中でショットの練習をするほうが、より実践に近い形になる。

Next

【バドミントン】ドロップの打ち方のコツ【スマッシュと見せかけて落とすのがポイント】

普通に直立して立っている場合、 両足への体重(自重)は50:50です。 後、高い位置から打った後は、 しっかりと振りぬくことも大事です。 このように円のスイングだと、シャトルに対してラケットが当たるのは一点だけになります。 速いスマッシュをダウンザラインへ ストレートにスマッシュで抜く。 その為体を入れずに 肩から先の肘~手首 を意識的に動かす必要があります。

Next

バドミントンのコツ 〜スマッシュ編〜

この時に膝も使っているのがわかります。 今回は項目ごとにかなり丁寧に徹底的に解説しているので、 自分の今の悩みがあるところだけを読んでもらっても構いません。 理想のスマッシュが打てるようになるまで繰り返し練習して、気持ちいいスマッシュが打てるように頑張ってくださいね。 一般的にスマッシュは打球に角度がついている方が、相手に返球されにくいからです。 手首を立てラケットと腕でだいたい120~130度の角度をつくる感じです。 でもヘアピンでは百田選手がスピンをかけますね。 スマッシュを打つために意識したいことの二つ目は「打点」です。

Next