時透無一郎 夢小説。 『【鬼滅の刃】ゆめつむぎ【短編集】』第22章「*猫が踊る【時透無一郎】」 333ページ

【鬼滅の刃】信じたい【時透無一郎】

無一郎と有一郎 夏のある晩、鬼が二人の家に現れる。 主人である無一郎に対して のような愛情を向けており「 アノ子ハ天才ナノヨ!!アンタ達トハ次元ガ違ウノヨ ホホホホ!!」と ウチの子自慢を繰り広げ、無一郎が日の呼吸の子孫であることを炭治郎に明かした。 」と話した。 そして「此方も抜かねば…無作法というもの…」と呟き、『月の呼吸 壱ノ型 闇月・宵の宮』を繰り出す。 本人の気性からか無駄を嫌い、鍛錬にしても剣筋にしても効率よく最適な動作で無駄のない行動を好む。 炭治郎が刀鍛冶の鋼鐵塚を探していた時、『始まりの剣士』の動きを再現したという『縁壱零式』と訓練を行うため、縁壱零式を起動させるための鍵を持っている小鉄という少年に迫っていた。 時透が名を名乗ると、黒死牟は「成る程…そうか…絶えたのだな。

Next

【鬼滅の刃】信じたい【時透無一郎】

その二人が戦うとなれば・・・展開的にはとても興味深いものに!!! 霞柱・時透無一郎が死ぬのか、それとも鬼となるのか、さらには鬼になって炭治郎と戦ってしまうのか! 今後の展開に目が離せませんね!!! 【鬼滅の刃】霞柱・時透無一郎の霞の呼吸を紹介! さて、ここからは霞柱・時透無一郎の 霞の呼吸についてご紹介していきます! 全集中の呼吸の流派のひとつで 風の呼吸から派生した呼吸。 いつもぼーっとしている。 鬼は有一郎に致命傷を与え「どうせお前らみたいな貧乏な木こりはなんの役にも立たねぇだろ。 他の皆様はもうお食事を始めてますよ。 あまねはその後も足繁く通っていたが、有一郎が追い返し続けたため双子が鬼殺隊の誘いに乗ることは無かった。 父さんが言ってた。

Next

時透有一郎 (ときとうゆういちろう)とは【ピクシブ百科事典】

」と無一郎に話したのは父親だった。 無一郎が「違うよ。 ただ、これらの言動はあくまで「の魔の手から人命を守る」という鬼殺隊の理念に則ったうえでのものであり、自己中心的・利己的な性格というわけではなく、匂いで感情を読み取る炭治郎も悪意を一切感じることはなかった。 2020-07-17 15:02:10 新しく作成された記事• しかし、時透は脳裏に「失った記憶は必ず戻る。 11歳にして両親を失ってしまった無一郎は、その後唯一残った肉親である 双子の兄・とともに暮らすことになった。 兄は無一郎と瓜二つの外見をしていたが性格は正反対で、言葉がきつく冷酷だった。

Next

霧柱・時透無一郎(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

「ふ、あ…ッ?!」 期待とは違った行動への戸惑いと、ナカを満たしていたものが失くなった切なさに疼く灯華が振り返るが、背後から無一郎に覆いかぶされうつ伏せ状態で布団へ倒れ込んだ。 玉壺は刀鍛冶職人を殺害するためにどこかへ行ってしまう。 『透き通る世界』に入ることが可能となり、黒死牟の攻撃を掻い潜って日輪刀を体に突き刺すことに成功する。 時透は肺に残った空気を使って『霞の呼吸 壱ノ型 垂天遠霞』を使うが、水獄鉢を破ることはできなかった。 どれだけ善良に生きても神も仏も助けてくれない。 なんだかんだでそっちの方が考察とかなんやら出来て楽しいかも。 しかしそれは全て家族や弟を思いやり、人の為に身を削りがちな彼らを守りたいと思うからこその言動であり、本人もひどい物言いが多い自分を気にしていた。

Next

『【鬼滅の刃】ゆめつむぎ【短編集】』第15章「*海より深く【時透無一郎】」 152ページ

無一郎は灯華をひょいと横抱きにして、隊士達のいる部屋の隣の空き部屋へと入り、音を立てずに障子を閉めた。 」と言って斬りかかる。 」といって無一郎を愚弄した。 女性人気が飛ぶ鳥を落とす勢い。 その後、他の柱が戦っている間に自力で刀を引き抜く。 時透は痣を発現していた。

Next

霧柱・時透無一郎(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

時透がいつも上の空なのは、幼少期の記憶を喪失していることに原因がある。 マツゲが長い。 玉壺は時透を捉えられず、まさに霞に巻かれたようだった。 その際、 彼の末裔であることが明かされた。 灯華の気持ちよくなっちゃうトコロ。

Next

『【鬼滅の刃】ゆめつむぎ【短編集】』第22章「*猫が踊る【時透無一郎】」 333ページ

」と言う。 玉壺は頸が落ちて時透を見上げるまで、頸を斬られたことに気づいていなかった。 「あはは、挿れただけでイッちゃったね。 記憶を取り戻した後でも無一郎の一人称は「俺」と「僕」で混在しているが、以前のような不安定さは見られず、双子どちらの要素も併せ持つ性格となった。 特に顕著なのは炭治郎への対応であり、柱稽古で時透の元を訪れた炭治郎にはこれまで見せたことがないような笑顔を見せた。 つまりは…私の子孫だ…。

Next

『【鬼滅の刃】ゆめつむぎ【短編集】』第22章「*猫が踊る【時透無一郎】」 333ページ

」と発言する。 享年11歳。 のような妙な髪型だが、なのか、そういう癖なのかは不明。 そして彼は、兄の有一郎と再会を果たす。 弟は…俺と…違う…心の優しい…子です…。 何とか戦いには勝利したが、その時にはもう無一郎は事切れていた。 無一郎の容赦ない言葉に困った笑みを浮かべながら、灯華は隊士達を部屋へと案内した。

Next