ライトニング コネクタ で 液体。 Lightningコネクタで 液体が検…

ライトニング端子にほこりが! 掃除方法と注意点

コードの先が濡れているのかと思って、拭いてもう一度差し込んでも同じように表示されます。 まず始めにiPhoneの電源を切る 最初にやるべきことはiPhoneの電源を切ることです。 Apple は、提供された情報をもとに可能な解決方法を提供または推奨する場合があります。 これが真水なら乾けば問題ないのですが、海水や汗、ジュース類、石鹸水など、真水でない場合には、乾いても固形分が残り、空気中の湿気と反応して電極部の腐食や絶縁不良に繋がる可能性があります。 ライトニング端子を覗いてみる ライトニング端子を覗いてみると、内部の様子がわかるはずです。 あくまで自己責任で、そっとやさしく掃除をしてください。 イヤホンジャックがある機種用のコネクタカバーも発売されています。

Next

【iPhone】充電はできません、Lightningコネクタで液体が検出されましたと表示された時の対処法

Apple製Lightningケーブルで動作確認 上記手順で自然乾燥させてもエラーが表示される場合、 Lightningケーブルに損傷(端子の腐食、断線、極度な折れ曲がり、被膜の酷い破れなど)がないか確認してください。 ライトニング端子の汚れは気づきにくいものですが、ときどき確認して掃除をすれば、接触不良などが発生しにくくなります。 ただし、もしも掃除しても「うまく汚れが取れない」「接触不良が改善しない」というときには、Apple Store直営店またはApple正規サービスプロバイダのApple認定の修理サービスに修理を依頼してください。 スポンサーリンク Appleが推奨する自然乾燥の手順と故障に繋がる乾燥方法 「充電はできません」や「Lightning コネクタで液体が検出されました」と表示される場合、 iPhoneのLightningコネクタの内部が濡れている可能性があるため、Lightningアクセサリの接続を中断して自然乾燥させると復帰します。 Apple Footer 本サイトにはユーザが投稿したコンテンツ、コメント、意見が、参考を目的として掲載されています。 液晶は黒くなったり線が入ってるわけでもないです。 このうち、エアダスターについてはライトニング端子の掃除に便利だという記事もよく見かけるのですが、実際には使用しないほうがいいと公式の見解としてはあるようです。

Next

ライトニング端子にほこりが! 掃除方法と注意点

ただ、これも無理に押し込んでぐりぐりと動かすと、内部にある金具(コネクタの接触部分)を傷つける可能性があります。 Appleの公式サイトでもアナウンスされている内容です。 XSは無線充電にも対応してますから、濡れるようなシチューエーションでは無線充電器を使ったほうが安全だと思います 無線充電でも水濡れは拭ってから充電してください。 詳しい自然乾燥の手順は、以下のAppleサポートが案内している内容を参考にしてください。 iPhoneの充電がうまくできないときは、このライトニング端子内のほこりや汚れが原因になっていることがあります。 もし損傷がみられる場合は別のLightningケーブルやLightningアクセサリが接続できるか確認してください。 またハンカチやティッシュも糸くずや細かい繊維が入り込むことがあるので避けたほうが無難です。

Next

【iPhone】充電はできません、Lightningコネクタで液体が検出されましたと表示された時の対処法

縦置き型のほうが安定した充電がしやすいと思います。 綿棒は通常の大きさだとまず差込口に入りませんが、無理やり押し込んだとしてもほこりを奥に押し込む結果になったり、綿の一部が内部に残ってしまったりすることがあります。 水没させたり、iPhoneに水分がかかるようなことはなかったです。 これはダメ! iPhoneお手入れの際の注意 ライトニング端子の掃除に限らず、一般的なiPhoneの掃除や手入れをするときの注意点についても説明します。 ひどいときには充電の妨げとなったり、イヤホンとの接続が悪くなったりすることもあります。 例えば「インク、染料、化粧品、土埃、食べ物、油、ローションなど、しみの原因になる可能性がある汚れが付着した場合」にiPhoneを掃除する際には、以下のことは避けるよう注意してください。

Next

iPhoneについてです。

コネクタカバーはシリコン製のものなどが500円程度で売られています。 普段からライトニング端子にほこりが溜まるのを防ぐ方法 ライトニング端子にはほこりが溜まるものという認識を持っておくことも大事ですが、その前にほこりが入り込むのを防ぐ対策をしておけば、掃除をする手間を減らせます。 金属製の棒やピンセットはショートさせるおそれがあるので、これもNGです。 完全に乾かすには、最長で 24 時間かかる場合があります。 布であればメガネなどを拭くためのレンズクロスが適しています。 iPhone を風通しのよい乾いた場所に丸一日置いて自然乾燥させてください。 すべての潜在的な問題は、電子フォーラム上の議論に詳しく記述されていない、いくつかの要因を含むことがあります。

Next

iPhoneについてです。

しかし、差し込み口らへんが少し水分で濡れていて、ベタつきました。 iPhone自体から液漏れ?の可能性はあるのでしょうか? 画面は割れていません。 こうした状況を防ぐために、ライトニング端子は定期的に掃除をするよう心がけてみてください。 ライトを当てて、虫めがねなどの拡大鏡を使って覗き込んでみましょう。 ライトニング端子に湿気が入らないようにする ボディや画面を拭き掃除する際は、糸くずの出ない柔らかい布を少し水で湿らせて使うことが推奨されています。

Next

Lightningコネクタで 液体が検…

端子差込口を使わないときはこれを装着しておきましょう。 効果的な対策はライトニング端子用のコネクタカバー(コネクトキャップ)を付けるというものです。 iPhoneの掃除をするときは、基本的にすべてのケーブル類を外し、電源を切ることがAppleによって推奨されています。 そこにライトニングケーブルを差し込むと、ほこりは奥へ奥へと徐々に押し込まれていくことになります。 実は汚れが溜まりやすいiPhoneのライトニング端子 iPhoneのライトニング端子にはカバーが付いておらず、言ってみればiPhoneの側面に小さな穴がぽっかりと空いているようなものです。 その際はライトニング端子の差込口や、イヤホンジャック、スピーカー、カメラのレンズなどに湿気が入り込まないように注意しましょう。 薄くて柔らかすぎないタイプのクロスを、先端をとがらせるようにしてたたみ、穴の中に差し込んで掃除します。

Next

iPhoneについてです。

iPhoneについてです。 iPhone を Lightning コネクタ部を下向きにして手のひらに載せ、優しくたたいて余分な水分を抜き取ります。 他には耳かきもよさそうですが、穴に入るほど細いタイプのものでないと使いにくいでしょう。 溜まっているほこりが見えることもあるでしょう。 安物だとオーバーヒートでiPhone自体を痛めたりする可能性もありますので。

Next