茄子 の 栽培 方法。 茄子の育て方 脇芽の剪定摘芯や整枝方法とおすすめ支柱で栽培

ナスの育て方!プランターで初心者が栽培できるコツと方法

。 すると病害虫に侵されやすくなったり、実のつきが悪くなったりするんです。 3-6.pHを弱酸性に保つ ナスの実つきをよくしたい・大きく育て上げたいという方は、pHに注意するといいでしょう。 ウッドチップや敷き藁があればそれらを使用しても構いませんが、一般的にはビニールマルチを使用します。 そして下の脇芽が伸びて花芽がついたらまた切り戻す事を繰り返します。 褐斑病(かっぱんびょう) 褐斑病はカビが原因で起こる病気で、主にナスの葉に発症します。

Next

ナスの育て方!プランターで初心者が栽培できるコツと方法

。 症状が現れたナスの葉や株は、撤去処分します。 苗のおすすめ選び方は 茄子の苗にはざっくり4種類で中長ナス、長ナス、丸ナス、水ナスあり迷いますよね。 仮支柱を立てる場合は、短めの支柱を株元から5㎝ほど離れた場所に斜めに差し込み、茎にひもを8の字にかけて支柱側で結びます。 白色や緑色、長ナスや丸ナス、ミニナスなど、バラエティ豊かな品種があって、色々作ってみるのも一つの楽しみになりますよ。

Next

農家が教えるナス(茄子)の栽培方法 名人になればあなたも菜園ヒーロー!?

1,000lx以下のライトでは光量が足りず、植物の生育環境が悪くなるので注意してください。 なので、キレイにならべるのではなく 『千鳥植え』にします! 平行に植えると葉が密集して風通しが悪くなってしまい、、、弱い苗に育ってしまいます。 尻細り果・・・水分不足、単為結果性が低い品種の受粉障害• 何も知らずに栽培を始めるのと、きちんと知識を習得してから始めるのとでは、実のつき方にも大きな違いが出るでしょう。 そして、マルチに穴を開けて苗を植えるんですが。 水換えをしなかったり、直射日光に当てたりすると、細菌に感染し、灰色かび病・すすかび病・うどんこ病などにかかる可能性があります。 苗が入荷したてで新しい• 逆に、肥料が切れるとその後の生育や収穫量に大きな影響を与えます。

Next

【ナス(茄子)の栽培】剪定や種まき、苗植えなど育て方のコツは?

ナスを育ててみるとわかりますが、あのような実を、毎日のように収穫することができます。 10月の終わり頃まで、長期間収穫し続けるので、しっかりとした良い苗を選ぶことがポイントです。 夏期に被害が大きいので、ポリマルチを敷きワラに取り替え、天敵が逃げないようにします。 ナスの場合、pHは6. その後、たっぷりと水やりをします。 しかし、その脇芽の果実だけを収穫すると、脇芽の脇芽からまた枝が生長し、あっという間にジャングルになっていきます。 霧吹きやじょうろで静かに、たっぷりと水を与える。 追肥の間隔や量は一応の目安なので、実際は生育状態に応じて調整します。

Next

ナス(茄子/なすび)の育て方・栽培方法【春植え】

一番果は摘果した方が良い? ナス栽培において最も相談が多いのは一番果についてです。 なぜか?というとナスにとって実を成らせるのはエネルギーを使います。 ならしたプランターの土に穴をあえて、苗の土がついたままですっぽり入るようる植えてあげましょう。 梅雨明け以降は、水をやればやるだけ綺麗な実がたくさんなります。 ナスの株間は50~60cmあけます。

Next

ナスの簡単な育て方

水を与えないことで水を求め根が深く張りだすのです。 そのため、果実の肥大期に水分が不足すると、果実の肥大が著しく悪くなったり、曲がり果や尻細り果など、「」を生じやすくなります。 つまり、2月上旬から中旬頃がナスの種まき時期となります。 pH計や調整液なども販売されているので、ぜひチェックしてみてください。 特にハダニは梅雨明け後の乾燥した日が続くと発生しやすいので、この時期にナスの葉にジョーロのシャワーなどで葉の表裏に水をかけましょう。

Next

ナスの栽培方法、剪定・プランター栽培のコツも [家庭菜園] All About

育て方はほとんど変わりなく実成もみんな良いと思いますので好みで良いです。 原因ウイルスをアブラムシが媒介します。 このようにだんだんと大きく成長するんですね。 Q.水耕栽培で育てる大きなメリットは? A.水耕栽培は農薬をまったく使わないので安心です。 夏期は早朝の地温が低い時間帯にかん水するのがポイントです。

Next

【ナス(茄子)の栽培】剪定や種まき、苗植えなど育て方のコツは?

石ナスは、皮が硬い状態の実ですが、花の受精不良が原因で起こります。 ナスの高畝栽培 ナスは普通の栽培では畝高を10㎝~15㎝で栽培しますが、より大きな果実を長期間収穫するには高畝栽培がおすすめ。 ナス栽培は手入れが大事 風通し良く、ナスの実が快適に生長できるような環境をつくってあげるのがコツ。 高畝栽培では水はけが良いため土壌が乾燥気味になります。 そのため、こまめに収穫していくことが大切です。 秋ナスを収穫しない場合はする必要なし• 最初の実を残すと、株に大きな負担がかかってしまいます。 ナスのヘタにはトゲがあるので、ハサミを使用して注意します。

Next