シブ がき 隊 ジャニーズ。 視聴者騒然!本木雅弘が暴露した「シブがき隊」解散舞台裏とメンバーの不仲

80年代ジャニーズ対決・・・nammyblog vol.56: nammyのチャート日誌

日高光啓(AAAメンバー) 元ジャニーズJr.。 シブがき隊は1982年デビュー、少年隊は1985年デビューと差はありますがどちらが売れたのでしょうか? 数字を基に解析してみたいと思います。 この作品がリリースされた83年には、歌謡界ではこの手の"ジャングルビート"が流行し、沢田研二「晴れのちBlue Boy」、早見優「渚のライオン」がヒットしたが、これらの作品は、ジャングルビート本来の意味である「熱帯」「夏」等のキーワードに基づいた楽曲制作がなされているのに対し、この「サムライ・ニッポン」は、そうしたオリジンとは全く無縁に楽曲製作がなされているのが非常に興味深い。 それにしてもユニークなのは、時代背景が一体いつなのかが判らない点である。 彼等がお笑いセンスを披露する場なんて、せいぜいバラエティ・歌番組にゲスト出演した際のトークやコントくらいなのだが、それでも一般に"お笑い"としてしっかり記憶されているという事実は、裏を返せば、それだけ彼等のお笑いセンスが卓越していた、と云えるのだ。 まず解隊を決めたのは、 同じ3人組の少年隊がデビューし、 その後光ゲンジもデビュー。 おとなになった『シブがき隊』が揃うところを見てみたいですね。

Next

シブガキ隊と少年隊、全盛期はどちらの方が人気がありましたか?少年隊はま...

あと、印象に残っているのがバックバンドの「シブ楽器隊」の名前です(笑) 覚えている方もいらっしゃるのではないでしょうか? まとめ 年齢を重ねるごとに素敵になっていく、本木雅弘さん。 ドラムス(特にタム系が)のオカズが、非常に変化に富んでいる点も面白いし、ベースラインにしたって、規則的な紋切り型ではなく、所々ラフにしている点もカッコイイ。 歌手活動のほか、映画、CM、テレビドラマ、バラエティ番組など多岐にわたって活動。 その他、ジャニーズ時代の画像はこんな感じです。 、デビュー年から4年連続で出場してきた『』に少年隊と入れ違いで落選したことを示すように 、日の出の勢いであった少年隊に対して、シブがき隊が出すシングルは80年代前半よりも人気の面で勢いを失っていき、それまでのようにオリコンシングルチャートやランキング番組で10位圏内に入ることがだんだんと叶わなくなっていった。 2年目のシブがき隊は、"ヤンキー路線"という、主題的には一応の軸を据えてはいるが、これに対して、サウンド面は非常にバラエティに富んでいるのが特徴である。 今夜見納め! まぁ彼等は歌が下手なうえに、トシちゃんのように踊りができるわけでもないし、ヨッちゃんのようなバンド形態で売り出せるハズもないのだから、元気だけが取り柄のヤンチャで売り出すより他に無かった、とも言えるが。

Next

過去の解散劇…光GENJIは不仲、シブがき隊は少年隊が脅威に― スポニチ Sponichi Annex 芸能

これは彼が女装映えするほどの美形だったこともあるが、タカビー女を演じる時の感性が、彼の場合、非常に独特なんである。 もちろん主演はシブがき自身。 作詞には森雪之丞が復帰。 まぁ所詮は『はなまる〜』なんだから、そんなに毒づく必要も無いんだろうし、従来ヤックンの場合は、張り切り過ぎて「ウケ狙いのあざとさ」が過剰になると、時としてその意欲がアクの強さ(根性の悪さ・気の強さ・生意気)としてTV画面に映ってしまい、その点が最大のウィークポイントであったのだから、潰しの効くタレントを目指すのであれば、現状の無難さで押し通すのが正解なのかもしれない。 。 まぁ本人たちは、当時その言動において、「お笑いを改革してやる!」的に大それた野望なぞ無かっただろうけど。 この「Zokkon命」でシブがき隊はデビュー2年目を迎えて、楽曲面で少々路線が変更となった。

Next

本木雅弘のジャニーズ時代の画像!事務所脱退の理由は不仲じゃない?

シブがき隊はCDがまだ発達しないアナログ時代、少年隊はちょうどアナログからデジタルへ移行する時代の狭間。 現在では、日本では欠かせないトップ俳優になられました。 しかし、本木も布川もそれぞれ薬丸が司会の『』「はなまるカフェ」にゲスト出演している。 それどころか、ジャニーズが圧力をかけてくる可能性もあります。 ゲストの和田アキ子にも、「アンタって本当に喋りが下手だねぇ」なんて突っ込まれてたし。 アレンジもBとCの繋ぎが妙に長いし。 それ以外のパートは、まぁまぁ繋ぎがスムーズだし、メロディ自体は"可も無く不可も無く"といった按配なのに、この構成はいただけない。

Next

シブがき隊

ファンをごっそり戴こうという魂胆で。 僕はちょっと辟易する部分もあるけれど、この手のイカレポンチが好きな人には、やっぱり堪らない作品だろうと思うし。 3 関係: 、、。 だが、今回はアレンジが非常に斬新で、なんとジャングルサウンドが基盤。 このとんねるずの成功で、後のウッチャン・ナンチャン、ダウンタウン等、お笑いのアイドル化は"MANZAIブーム"時以上に盛り上がりを見せて、現在のナインティナイン・ココリコ等に代表される、「お笑いとアイドルのボーダーレス状態」に繋がっているのだから、その礎となったシブがき隊の功績は、ここでもやはり大きいと思う。 ジャニーズ事務所は現在激震中なんでしょうが、少しでも円満に解決してくれるよう願います。

Next

80年代ジャニーズ対決・・・nammyblog vol.56: nammyのチャート日誌

曲を含めて、サウンド面で特に見るべきものは無い。 それどころか、破天荒なバンカラ路線だった「NAI NAI〜」に対して、今回は正反対の"哀愁"路線。 ということで過去の元ジャニーズの方々の例を調べてみました。 シブがきの歌声も、「NAI NAI 16」の時とは違って、力んだエナジーがちゃんとヴォーカルとして消化されているし。 ちなみに、この森&後藤のコンビは、同時期に女性アイドルのソフトクリームも手掛けているが、3人組・性典ソング、といった共通項から、このソフトクリームをシブがきとは"対"であるように捉えてる向きが多い。

Next

本木雅弘もっくんのジャニーズ時代のシブがき隊人気は凄かった!

メンバーの多くが事務所を離れ、現在は内海光司(47)と佐藤敦啓(42)のみ在籍している。 同じキャット系でも、三浦理恵子とかのコケティッシュなソレとは全く異なり、もう純粋にドメスティックな猫発声・猫発音、といった感じ。 特に繋がりのない東山が司会に抜擢されたのは明らかに不自然。 全体的にギターの音色も洗練されているし。 リクエスト30・シブがき隊の俺たちマジだぜ! 三人三様ではありますが、現在でも全員が活躍しています。

Next

シブがき隊がジャニーズを脱退した理由は何ですか?田原俊彦が絡ん...

この作品、歌詞・サウンド、共に従来の"シブがき路線"とは一味違った手法で、新境地を開くべく、頑張りを見せた意欲作であるが、歌詞の頑張りに比べて、サウンドの成果は今一つで、ちょっとハズしてしまったのが残念である。 新しい!! 2016. 薬丸は残ったものの、1年後にジャニーズ事務所を離れた。 出演番組のほとんどが生放送だったと思うが、おかげで私は、デビュー初日にして、しかもディスクを一切聴かずして、この「NAI NAI 16」を全部覚えてしまった。 最後にメンバー各人に対する感想を少しだけ。 それにしても森の作詞センスには、漣健児の影響が時折垣間見える。

Next