オセロニア最強デッキ。 【オセロニア】ルシファーデッキのレシピと使い方を解説|ゲームエイト

【オセロニア】最強デッキランキング【最新版】|ゲームエイト

自分のスキル発動時のHPが減少する程ダメージが上昇し、最大4800の特殊ダメージを与える。 【その6】リーダー駒よりもATKが低い駒を編成する [惑乱の双戦士] レイネール 蘭陵王はATKが低いため手駒ロックに弱いです。 レアリティー別 神駒最新評価 評価方法の詳細 基本的にはガチャから排出されるキャラクターを評価している。 C 2016 DeNA Co. レアリティー別 神駒最新評価 評価方法の詳細 基本的にはガチャから排出されるキャラクターを評価している。 また、魔フェリヤの毒ダメージが固定ダメージなのでHPが下がっている補正でも相性がいいです。 駒のATKの1. ただニューイヤー・蘭陵王は正月ガチャ限定駒なので、持っていない方も多いですよね…… 【その2】リーダー以外にも攻撃力アップのオーラスキルを搭載した駒があるとベスト [幸せ応援団] フェリタ&プティ リーダー以外のバフオーラ駒は神統一攻撃デッキとの相性は抜群です。

Next

【オセロニア】最強デッキランキング【最新版】|ゲームエイト

9倍になる。 コンボ導線を張り巡らしつつ、中盤から終盤に火力で押し切ることが基本的な戦術となります。 「楔は楔で上書き可能」なのは厳密に弱い点ではないのだが、ミラー対決になった場合、スキルを使うタイミングが非常に難しい。 特に以下の駒は、デッキに入れやすい万能さを持っているので、どの駒を育成しておけばいいかわからないという人は、優先して入手しておこう。 3倍の魔駒オーラバフ 呪いストラクチャー 1. クラスマッチ報酬の駒のスキル上げは、バトルコインで購入するか、「フェアリー」を利用するかのどちらか。

Next

【オセロニア】吸収デッキのレシピと使い方|ゲームエイト

神属性. また一撃で大ダメージを与えるデッキなので、特殊ダメージ罠に注意! 罠がある状態で大ダメージを与えてしまうと、逆にこちらがピンチになってしまうこともあります。 手駒ロックは簡単に切らない 「ルシファーデッキ」では、手駒ロックをスキルに持つ「」と「」は、簡単に切らないのが重要になってきます。 しかし竜デッキが相手の場合はコンボをさせたくないのでキャラ駒を消したくなります。 通常攻撃が1. 0倍になる。 これらの駒が序盤から手駒にきてしまうと、後半になるまでコンボスキルをうまく使えない状況におちいりやすいです。

Next

【オセロニア】最強A駒キャラランキング

ひっくり返した駒すべてにモルフスの魔胞子・凶を召喚する。 B駒ではサマー・アマリアもニューイヤー・蘭陵王よりATKが低く、1. その毒耐久デッキの最新といえるのが闘化納涼・メフィストをリーダーにしたデッキ。 【コンボスキル】駒のATKが1. 速攻竜デッキ 戦い方とデッキコンセプト このデッキの特徴は、高いHPで火炎ダメージをじわじわと与えていく点です。 多くのデッキと相性がよく、安定感が抜群だ。 [貫通]通常攻撃が1. おすすめデッキサンプル コスト200の場合、S駒4枚、A駒12枚の編成が個人的なベストだと思っています。 関連リンク デッキ一覧に戻る 最強デッキランキング. ガチャ以外での駒の主な入手先は以下のとおり。

Next

[9/25更新]逆転オセロニア【攻略】: 神属性のガチャ限はこれで決まり! 最強キャラクター評価

A 初期キャラ・竜コレ 【スキル】2枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。 また、 序盤から中盤にかけての削り役としても活躍できます。 このキャラも含む盤面の自分の竜駒1枚につき、通常攻撃が1. 神統一攻撃デッキ罠・カウンターデッキ 戦い方とデッキコンセプト このデッキの特徴は戦略的に幅があり、局面ごとの状況に合わせた戦略を立てられるところです。 また、呪いダメージが入りにくいのでハルなどの固定特殊ダメージスキルを搭載するのがいいでしょう。 特殊ダメージ中心のデッキだと罠が有効ですね。 【その4】回復スキルや回復マス変換スキルを編成するのもあり [機工の科学者]アルキメデス 火炎デッキは耐久デッキ相手には強いですが、どうしても攻撃的なデッキ相手に押し切られやすいです。

Next

【オセロニア】納涼メフィストデッキのレシピと使い方|ゲームエイト

魔フェリヤデッキの場合は、短期決戦になってしまう速攻竜デッキや毒・呪い・吸収ダメージを大幅に軽減してしまう暗黒竜デッキなど。 ステージに設置されている「像」もやっかいなものばかりなので、デッキの駒がそろっていないと苦戦は必至だ。 さらに、毎ターン自分の手駒の呪い状態でない駒をランダムで1つ呪い状態にする。 S 逆転コイン 【スキル】自分のデッキの駒がすべて竜属性のとき発動できる。 ちなみに楔は出現がランダムで、そのマスに駒を置いたら消滅してしまうものの、何をどうやっても相手が踏んで消せる楔は1個のみ。 リーダーを手駒ロックから守るためにもATK調整した駒を多く編成しましょう。 長期戦を視野にいれたデッキ相手では、楔の数が足りず、神雷が使えないこともある。

Next

【オセロニア】納涼メフィストデッキのレシピと使い方|ゲームエイト

A 決戦イベント 毒:盤面で表になっている3ターンの間、毎ターン600の毒ダメージを相手に与える。 扱いの難しさはAの神雷持ちのコスパの悪さにもあって、A駒でもけっこうなダメージが見込めるものの、いずれも楔の消費量が多い。 調整した駒を多く編成しないと手駒ロックで確実に盤面に出されてしまいます。 後攻の場合は相手の進行によって変わりますが、いずれにせよリーダー駒をうまく置くことで火炎マスに相手の駒を置くように進行することが可能です。 性能的にリーダーである必要はないが、確実に発動させるためにリーダーにした方がおすすめだ。

Next