お手数をおかけします。 「お手数」の意味と使い方を解説!正しい読み方と英語表現も

「お手数をおかけします」の正しい使い方とよくある間違い

例えば「お手数をおかけしますが、ご検討いただけますようお願いします」と言えば、「手間をかけさせてしまい申し訳ないですが、ご検討してください」といった意味になります。 できるだけ気持ちよく、自分の要望や依頼を受けてもらえるようにするためにも、「お手数をおかけしますが」をタイミングよく使いこなしましょう。 そのため、「手数」と「かけて」に「お」を付けて、「お手数をお掛けしますが」とい丁寧語になっています。 つまり、謙譲語表現とは逆の用途で使われるのがこの「お手数」であるため、主に「相手の行動についてのみ敬意を示し、相手に対して使う敬語表現」となります。 手数(てかず)/迷惑/不都合/不条理/時間を取らせる/妨害/被害/災い/厄介/トラブル/面倒くさいこと/いざこざ/ご苦労/労力/億劫(おっくう)/煩雑/波乱/波風 いろいろと「お手数」の意味合いに似た意味や用法を持つ言葉が並びますが、どの言葉にも「相手・自分にとっての都合を邪魔してしまう経過が見られ、それについて謝罪する形で使われる表現・慣用句」の意味合いや用法が含まれます。 本来の読み方は、両方とも訓読みをする「おてかず」です。

Next

「お手数をおかけしますが」の意味とは?使い方や類義語などを解説

ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!. すでにかけてしまった迷惑に対する謝罪はもちろん、例文のように将来迷惑をかけてしまうかもしれない場合にも使えるので、相手との関係や状況に応じて使い分けましょう。 ただ相手によっては、少々くどい印象を与えてしまうこともあるので状況に応じて使い分けできるようにしましょう。 。 お手間を取らせてしまい 「手間」は「そのことをするのに費やされる時間や労力」を意味しています。 「お手間を取らせる」は、相手が自分のために時間や労力を割くことを、お願い・お詫びをするときに使うことが多いです。 クレーム他応などでも多く使われている言葉です。 どちらを使っても同じ意味ですが、 文法的に正しいのは「お手数をおかけします」のほうです。

Next

「お手数をおかけして」の意味と使い方・類語・二重敬語なのか

・お忙しい中お手数をおかけしますが、資料の送付をお願いできないかとメールを差し上げた次第です。 ありがとうございます 相手が力を貸してくれたことに対して感謝の気持ちを伝えたいときは、「お手数をおかけしました、ありがとうございました」「その節はありがとうございました。 ご協力に感謝します/よろしくお願いいたします) また、日本語の類語として紹介した「ご面倒」を使った表現では、• クッション言葉を使うことによって、相手への配慮や思いやりを示すことができるため、言いづらいことも伝えやすくなります。 二重敬語とは、尊敬を示す動詞と尊敬を示す助動詞「れる・られる」が同じ文で使われていることです。 相手に敬意を示すために「お」をつける必要があり、「手数」では失礼です。

Next

「お手数をおかけします」「お手数おかけします」どっちが正しい?その意味と使い方【あらためて知りたい頻出ビジネス用語#11】

また「お手数ではございますが」という表現もあります。 ありがとうございます 相手が力を貸してくれたことに対して感謝の気持ちを伝えたいときは、「お手数をおかけしました、ありがとうございました」「その節はありがとうございました。 お手を煩わせてしまいました 「お手数をおかけしました」に似た表現に「お手を煩わせてしまいました」というフレーズがあります。 「お手数かけさせますが」は失礼 前述の通り、 「お手数」とは自分が相手に対して要求や依頼をした事項に対する、動作や労力を示す言葉です。 例 お忙しいところ、お手数をおかけしますが、ご出席くださりますようよろしくお願い致します。

Next

誤用に注意!「お手数おかけしますが」の正しい使い方は?|就活市場

「お手数」の「お」は尊敬を表す接頭語、「おかけしました」は「お〜する」という謙譲語になります。 「クッション言葉」とは、相手に何かをお願い・お断りしたり異論を唱える場合など、きつくなりがちな言葉の前に添えて使用する言葉です。 「お手数をおかけしました」は謝罪やお詫びするときも使う 謝罪の「お手数をおかけしました」は、 「(自分が依頼したことを達成するために)時間や労力を使わせてしまって、申し訳ない」という意味になります。 お忙しいところ申し訳ありません」という感じです。 また、「お手数をかけしますが」の変化形もありますので、それぞれの場合について、例文をご案内していきましょう。 「お手数」という言葉は先でもご紹介しましたように、ビジネスシーンでも日常生活でも非常に広い範囲で使われている「日常用語・慣用句表現」として認められます。 したがって、自身の行為に対しては使用できません。

Next

「お手数をおかけしますが」の正しい使い方|就活マナーを再確認しよう

例文 ・私が至らなかったせいで、ご迷惑をおかけしてしまいました。 「お手数をおかけしました」の「かける」の漢字は「掛ける」 「お手数をおかけしました」は漢字で書くと 「お手数をお掛けしました」となります。 「恐れ入りますが~」も、このクッション言葉にあたります。 国際社会でも欠かせないフレーズですのでぜひおさえておきましょう。 「お手数をおかけします」の「お手数」も「手数」の敬語ですし、「おかけします」も「かける」の敬語で非常に丁寧な表現です。 ・ご面倒をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。 「お手数をおかけして」では少しわかりづらいので、「お手数をおかけする」に直して考えていきましょう。

Next

「お手数をおかけしますが」の意味とは?目上の人や上司に使える?類語や英語表現もチェック

よって自分に対しては使うことができません。 「お手数おかけしました」と言えば、相手に労力をかけたことへの感謝やお詫びの気持ちを伝える意味となります。 そのため 「お手数をおかけしますが」と比べると感謝の意味は含まれず、主に謝罪やお詫びの際に使用する表現です。 この場合は「不快感を与えてしまいますがお願いします」といったニュアンスになってしまうため、失礼に当たってしまいます。 申し訳ございません」 「手間」とは「ある事のために費やす時間や労力」という意味で使われます。 または、 誰かのために自身が何かをした場合に言われる言葉と解釈します。

Next