岡山 県 教職員 人事 異動 2020。 教職員人事異動 : 岡山県 中学校 教諭 2020/03/26

教職員人事異動 : 岡山市 小中高等学校 全 2020/03/26

【林田奈々、益川量平】. 働き方改革のため、再任用教員を19年度の134人から152人に増やし、過去最多を更新した。 管理職の女性登用率は、教員が25・0%(同0・4ポイント増)、行政職は15・1%(同1・7ポイント減)となった。 異動者は県教委が教職員2547人、行政職392人、岡山市教委は教職員846人で、総数3785人(前年度比57人増)。 県教委は教職員が2547人、事務局職員が392人で前年度から51人減った。 主な高校長は、操山が武内洋二・新見校長、一宮が梅田和男・井原市立校長に代わる。 県教委は総勢2939人、市教委は総勢846人となる。

Next

教育委員会トップページ

女性管理職は前年度比2・3ポイント増の27・8%。 不登校対策では、学校に行きづらさを感じる生徒のために19年度に県内3中学校に設けた専用教室を小学校も含めた計10校に拡大し、専属教員を置く。 4月からは小学校高学年で英語が正式教科となることから、中高の英語免許取得者ら専科教員を現行の40人から56人に増やし、149校に派遣する。 教員の指導力向上に関しては、岡山、津山の両教育事務所に小中学校の校長経験者計3人をアドバイザーとして置き、現役校長をサポートする。 小学校の英語の教科化では、新設した「英語枠」で採用した1人を配置。 県教委と岡山市教委は26日、教職員の人事異動(4月1日付)を発表した。

Next

県・岡山市教委 3785人異動 不登校対応の専門教室、小学校に設置 /岡山

。 小中両方の教員免許取得者を対象に17年度採用から設けた「小中連携推進枠」は新たに8人を採用し、小中間で計16人を異動させて指導の充実につなげる。 その他、複数学年の教科指導を担当する「タテ持ち」方式の研究に取り組む指導官を2校に配置。 長期欠席・不登校対応のための専門教室を小学校に初めて設置。 切れ目のない指導に向け、1人の教員が複数の学年の教科指導を担当する体制の研究をスタートさせ、20年度は数学の指導官2人を真庭市立落合中と鏡野町立鏡野中に配置する。 行政職は部長級2人、次長級3人、主管課長級6人、課長級52人。 教育現場でのタブレットなどのICT端末活用を研究する「ICT(情報通信技術)教育推進プロジェクトチーム」を設置する。

Next

教職員人事異動 : 岡山県

教職員人事異動(第3次発表分)の概要についてお知らせします 長野県教育員会 プレスリリース 令和2年 2020年 3月24日 令和2年4月1日付け異動(退任は3月31日付け)の概要は、下記のとおりです。 岡山県教委と岡山市教委は26日、4月1日付の人事異動を発表した。 前年度から実施している中学校についても拡充する。 行政職員の人事/公聴広報/栄典/統計/施策の企画・調査・総合調整 予算/授業料・就学支援金/教育給付金/学校施設整備 教職員の人事・定数/採用試験/免許状/教職員評価 高等学校・中等教育学校の教育内容/入学者選抜/転入学/通学区域 小学校・中学校の教育内容/学力・学習状況調査/授業改革支援/幼稚園教育 生徒指導/教育相談 特別支援学校の教育内容・入学者選抜・就学奨励費 学校体育/体力づくり/学校給食/学校保健/学校安全指導 生涯学習/社会教育/家庭教育/学校文化活動/奨学金 文化財の指定・保存・活用/銃砲刀剣類登録/埋蔵文化財の調査・保護・活用 教職員の健康管理/退職手当/年金/共済・互助組合 人権教育行政. 岡山市教委は校長88人、副校長13人、教頭54人、主幹教諭21人、指導教諭11人、教諭585人など。 「1人1台」は国が2023年度までの実現を目指しており、県立中高や特別支援学校を中心に、同年度までの達成に向けてパソコンやタブレットなどの導入の進め方を検討していく。 市教委の異動規模は、退職者増加により前回と比べて108人増えた。 児童生徒が1人1台のIT端末を使える学習環境の整備に向け、県教委は六つの関係部署からなるプロジェクトチームを立ち上げる。

Next

教育委員会トップページ

プロジェクトチームは、高見英樹教育次長をトップに、高校教育課や義務教育課、県総合教育センターなどの7人で構成。 退職校長の再任用は、瀬戸高の乙部憲彦校長や岡山東支援学校の藤井真理子校長ら5人。 。 。 。 。

Next

教育委員会トップページ

。 。 。 。 。

Next

IT環境整備へチーム立ち上げ 岡山県・岡山市教委異動:山陽新聞デジタル|さんデジ

。 。 。 。 。 。

Next

県・岡山市教委 3785人異動 不登校対応の専門教室、小学校に設置 /岡山

。 。 。 。 。 。

Next