比企谷八幡 転校。 【比企谷小町SS】八幡「…ん?」幼女「」オロオロ【俺ガイル】

#2 その部室に比企谷八幡はもういない

「一週間後、こいつと模擬戦だ。 「ジッ」 煙草に火を付け夜桜を眺めていた。 」 雪ノ下「ふう、暗くなってきたし私達も帰りましょう。 結局しばらくして2人とも正気に戻ったが衝撃が強すぎたのか特にあれこれ聞いてくる様子も無く、まるで無かった事のように振舞っていた。 「まあ、初対面の人の挨拶も適当に返すなんて人としての品格が知れますわね。

Next

比企谷八幡は失踪することにした。(渋滞中)

誰もが思い描く限られた時間。 あの日以来雪ノ下と由比ヶ浜は学校を休んでいる。 隼人 本当に君ってやつは… 奉仕部部室 雪乃「比企谷君が転校…」 結衣「さみしくなっちゃったね…」 雪乃「ええ…そうね…」 結衣「こんなのってないよヒッキー…」グスッ ガラガラ いろは「せーんぱ…あれ?今日先輩は休みですか?」 雪乃「比企谷くんは…」 結衣「転校しちゃったんだ…」 いろは「またまたー…え、ほんとに?!」 いろは「そんな…何も言わずにお別れなんて…」 雪乃「彼はそういう人よ…最後の最後まで…」 結衣「ヒッキー…」 川崎のバイト先 パリン 沙希「…っ!」 店長「どうした?今日はやたらぼーっとしてるが…」 沙希「い、いえ何でもありません、すみませんでした…」 沙希 あいつが転校して…なんて言えないな… 沙希「何してんだろうな…」ボソッ テニスコート 彩加 八幡… キャプテン! 仕方がないわね、やりましょう由比ヶ浜さん。 ごめんね? ヒッキー。 この先生俺の事知り過ぎだろ。

Next

八幡「転校…?」

しかしこの慌て方、もしかして… 八幡「なに?お前ら松前の事好きなの?」 まぁ男の子は好きな女の子には特にちょっかい出したくなるという習性があるらしいしな。 そしたらなんと、この男。 」 結衣「なにかあったの.......... と言っても「学校に慣れたか?」だのと言った先生の気遣いだった。 俺はここで明確な答えを出したかった」 八幡「何よりお前達が俺のせいで争う必要は全く……」 パーン! やはり、こいつもまだまだ子供だ。 恐らく織斑弟の声だろうが、無視だ無視。

Next

陽乃「ねえ比企谷くん」八幡「なんすか」

んで何について悩んでるんだ?」 八幡「!?」 そりゃあ驚くよな。 155• 」 八幡「お前ら落ち着けって! いくら俺が記憶喪失だからといって、そんな一日で戻そうとする必要なんてないだろ!?」 雪ノ下「いいえ、あるわ。 親の会社の海外進出を機に、中学1年の夏にアメリカへ。 最近日本に戻ってきて、明後日からは総武高校に通う2年生だ。 まだここに来てから数日しか経っていないが俺はこの風景が好きだった。

Next

俺ガイルの比企谷八幡って設定崩壊してませんか?やはり俺の青春ラブコメは...

姉さんを除いて」 陽乃「雪乃ちゃんも言うようになったね」 雪乃「あの完璧な姉さんに比企谷くんという弱点ができたのだから利用しないわけがないわ」 12 :やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 肩書きに終始して、認めてもらえていると自惚れて、自らの境遇に酔って、自分は重要な人物だと叫んで、自分の作った規則に縛られて、誰かに教えてもらわないと自分の世界を見出だせないでいる、そんな状態を成長だなんて呼ぶんじゃねえ。 だから俺はこの時、こんな反応をしてしまったのだろう。 おい、自己紹介をしろ。 そうか…彼女達は向き合うと決めたのだ、ならば私のとる行動は一つしかない。 最初の曲がり角を通る時 「わぁぁぁー」 2人の女性の泣き声が響き渡る。 「お前は比企谷を拒まない。

Next

#1 比企谷じゃなくなった八幡

」 「なんだ?」 私の背中に声がかかる。 信用できない奴らのとこに戻るわけないだろ」 大雅「んならうちに養子で入れよ!親父は快くOKだとよ!」 八幡「はぁ!?そんな簡単な話じゃねえだろ!」 大雅「金銭的には全く問題ないぞ。 こんな様子じゃ、ご家族も同じようなダメ人間なのでしょうね。 お前は黙ってろ。 そういえば八幡はメガネをかけるとイケメンになるというSSがよくあるのですが実際どうなんだろう。 結衣「こんにちわ!今日は何か依頼ですか?最近依頼が全然無くて静かだったんですよー」 雪乃「由比ヶ浜さん、依頼がない事は良い事だわ。 いろは「私も結局ダメでした。

Next

俺ガイルの比企谷八幡って設定崩壊してませんか?やはり俺の青春ラブコメは...

残っている生徒は速やかに下校してください」 無情にも放送は学校中に響き渡り、未だ立ち上がる事の無い由比ヶ浜を雪ノ下が無理矢理腕を掴み部室の外まで連れ出し鍵を掛けた。 まだ放課後になってから時間は短いのにも関わらずだ」 八幡「別に、何も無いですよ……」 平塚「嘘をつ……」 八幡「ああ、そうだ。 平塚「…邪魔するぞ」 部室に入ると雪ノ下は読んでいたに栞をはさみ文庫本を机の上に置いて、由比ヶ浜はいじっていた携帯をしまうと憔悴している様子を無理矢理払う様に声色を上げた。 比企谷八幡ってウザくないですか 俺ガイル、はまち、やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 平塚「比企谷は転校したんだ。

Next

八幡「転校…?」

なんか背伸びたな、お前。 八幡「えぇっと」 俺のつっかえつっかえしている様子に松前が人集りに視線を向けると 緒花「皆!八幡くんは越してきたばかりやしちゃんと言わんとわからんがいね!ほらみてみーな八幡くん首傾げとしょ?」 …え?ごめん。 正直怖いですわ。 平塚「邪魔するぞ」 2人は相変わらずべったりくっ付いて、まるで親熊子熊みたいな愛らしさを出していたが、これから突きつける事実に胸が締め付けられた。 だが君は僕達が持っているものは手に入れられない」 八幡「喧嘩売ってんのか……」 葉山「……君はもう分かっているんじゃないのか。 「お、おい?」 「色々あって眠いんだ。 633• こんなのが、毎日続くのかよ..........。

Next