沈丁花 歌詞 春よ。 「春よ、来い」(松任谷由実)の考察をしているんですが、教えてください!深読み...

春よ、来い〜歌詞

しかしながら、沈丁花の香りとされる芳香剤や消臭剤は、めったに市販されていません。 「odora」は芳香があることを意味する。 告白かプロポーズか、迷いましたが主人公の思いの強さや確信めいた自信や春の解釈からプロポーズではないかと思いました。 の花は赤みがかったものと真っ白なものがあります。 「空をこえて迎えに来る」のは死んだ彼で、(告白OK)の返事をしに。 Daphne miyabeana• 2月末〜3月頃、外側は赤紫色、内側は白色の小花が1カ所に密集して咲きます。 でも、「浅い夢」が何なの か・・・ 眠たいのでしょうか・・・ いや、死んでねぇだろ!とか、「私」のもっと細かい心情を読み取れるよ!とか、なんでもいいので教えてください! 補足あ、すみません。

Next

「春よ、来い」(松任谷由実)の考察をしているんですが、教えてください!深読み...

Daphne pseudomezereum• 今はまだ、あなたの面影に想いをはせながら新しい一歩を踏み出せないでいる。 漢方薬としては瑞香花といい、花の部分を歯痛、咽喉痛、乳がん初期、神経痛などの薬にしました。 あまり歌詞をじっくり考えたことはありませんが あらためてこの歌を聴くと、胸が熱くなりました。 All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 シロバナジンチョウゲ - 花の色がい。 風通しをよくする為込み枝を間引いてください。 石川優子さん『沈丁花』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

Next

back number 春を歌にして 歌詞&動画視聴

Diplomorpha sikokiana• いい歌ですね。 だから、この香りと形をとって という名にしました。 (GOLD DISC Edition)(2015年11月25日) 8 ユーミンからの、恋のうた。 あなたの優しい声 あなたの優しい眼差し あなたがくれた愛 愛しい人はもういない どれほど月日が流れても 会えなくても ずっと ずっと待っています 新しい一歩を踏み出そうとしていますが まだ無理なのでしょうか 迷っている自分がいます あなたを想いながら 今も一人でここにいます こんなように解釈をしましたが、 いかがでしょうか。 わたしの大好きな花です。 さらに学名でも「芳香のある」という意味からダフネ・オドラと命名されました。

Next

「春よ、来い」(松任谷由実)の考察をしているんですが、教えてください!深読み...

沈丁花の香りに古くから関心は集っていましたが、香料としての実用的な研究は遅れていました。 曲調からは外れてしまうかもしれませんし、 歌詞の区切りもここで切っていいのか分かりませんが はじめと、途中の「春よ遠い春よ」が倒置で使われているという解釈です。 花の煎じ汁は、・などのとして使われる。 直しておきました) 春よ まだ見ぬ春 迷い立ち止まるとき 夢をくれし君の 眼差しが肩を抱く 夢よ 浅き夢よ 私はここにいます 君を想いながら ひとり歩いています 流るる雨のごとく 流るる花のごとく 春よ 遠き春よ 瞼閉じればそこに 愛をくれし君の なつかしき声がする 春よ まだ見ぬ春 迷い立ち止まるとき 夢をくれし君の 眼差しが肩を抱く 春=新しい一歩を踏み出せる時 君=昔の恋人・・・別れてしまったのか、死んでしまったのかは分かりません。 そのダフネを詩中の沈丁花は暗示しているのではないでしょうか。 Daphne mezereum• 「春」は男女の春。

Next

春よ、来い〜歌詞

質問者様が細かな点の解釈(考察)もなさっていらっしゃるようなので、対訳の形にしてみました。 まぶたを閉じれば、そこにあなたがいる(ような気がする)。 記事:内藤記念くすり博物館 野尻 佳与子 (2012年1月). 強い香りは好き嫌いがあると思いますが、 わたしは一番好きな匂いです。 すると、もう春は来ているのに「遠い」「まだ見ぬ」という形容詞 がついているのも納得。 いや~皆さん、いろいろ解釈がありますね。 太陽神アポロンの初恋の人で、アポロンが強く愛したが、寸での所で彼女は月桂樹に変わってしまった。

Next

「春よ、来い」(松任谷由実)の考察をしているんですが、教えてください!深読み...

思い出すと、涙がこぼれます。 肥料は4~5月と9月に与えます。 沈丁花の開花は、その姿を見るより先に匂いで知れるため、秋の金木犀(キンモクセイ)と同様に春の到来を告げる香りとして人々の記憶にも刻まれてきました。 茶事や生け花の世界では香りが強すぎて 嫌忌され、この花を使うことが差し控えられるほどなのです。 は濃であるが、開いた花は淡紅色では、強いを放つ。 新しい一歩はまだ遠い一歩 (少しずつだけど)瞼を閉じるとあの頃愛をくれたあなたの声が私を後押ししてくれる 新しい人生はまだ見えて来ない (少しずつだけど)迷ってしまう時はあの時夢をくれたあなたの優しい眼差しが私を励ましてくれる 私の人物像は 結婚の約束をした(もしくは結婚を夢見ていた)彼と離ればなれになってしまった私。 一つの物語は無いような気がします。

Next

back number 春を歌にして 歌詞&動画視聴

亡くなって数年たった日のお話。 迎えにくる、届くなど、自分から進んで歩み出せていない私。 文献では、一条兼良の著書『尺素往来(1489年)』に「沈丁華」とあるのが最も古く、すでに室町時代には栽培されていたようです。 代表的な香木の一つで、花の香りがそのに似ています。 季節って変わるけどでもいつか必ず春は来るでしょ。

Next