エースバーン ラム。 [ポケモン剣盾S7 最終641位]見せメタ起点構築

【剣盾】【キャラ】なあ…リベロエースバーンヤバそうだけどこいつどうしたらいいの!?w

あと、特殊エースバーンやめてください。 余り勝ち越してないのはマスターに行くまでに負け越しているのが原因です。 アッキのみを採用することにより後出し時にダイバーンやダイナックルを撃たれても基本受かる。 そのほかどのように出そうとある程度のは取れるので相手の構築によって選出する駒を柔軟に決めていた。 まあダイマックスさせれば良いんだけど、エースバーン以外にもダイマックス使いたいポケモンがいる場合はって考えるとかなり使うのが難しいポケモン何だよね。 「ストライカーポケモン」という分類とは少し趣が異なるかもしれないが、そこはストライカーの役割もリベロの役割もこなせる多彩さを特性で表現した…ということなのだろうか。 例として上記対策を試すのもあり。

Next

エースバーン (えーすばーん)とは【ピクシブ百科事典】

数値だけは無駄配分だが600族あって高水準。 オッカの実を持てば、、パッチラゴンにも仕事ができるため優秀。 ・ 相手の最速鉢巻ドラパ 大体初手の同速運ゲになる。 はらだいこオボンと両立するならHの4をDに振ってHPを偶数にしてください。 釈迦に説法とは存じ上げつつ、僭越ながらエースバーンのキョダイマックス技の効果について下記したいと思います。 解禁されるやいなやTwitterのトレンドやYahoo! これに関しては後述の隠れ特性も影響していると思われる。 激流のパクリ。

Next

【剣盾s7 最終57位・120位】奇襲ドラパウインディ〜冷蔵庫を添えて〜

エースバーンの上を取るだけならSに性格補正をかけて172振るだけで達成できますが、余った努力値の使い道も思いつかないため最速です。 ここだけの話ラ〇〇ロリが動画でエースバーンにチイラ持たせるようになったのはVSピッグ・ペン戦後です。 後はタイプをギラティナと同じにしてしまったせいで、弱点も多いが耐性も多くて、攻撃面では特に優秀な組み合わせにしたこと しかもギラティナと違って、炎技が使えるのはやり過ぎだしそれも強すぎる原因 メタグロスと同じクリアボディも通常特性で与えちゃうし、そこもやり過ぎたよね。 。 ・++ ドラパルトor 相手の構築にエースバーン、、がいる時にはこの選出をしていた。 ドラパルトのS142と竜の舞やバトンタッチや襷あるいは弱点保険やられたら、本当にムゲンダイナ側が負けるので コスモパワーも速く2回積めれば良いんだけど、中々難しいのとドラパルトはクリアボディ持ちだから能力下げる技 追加効果やら威嚇 が効かない。

Next

S7最終88位

@スカーフ H252 実数値ほぼ関係ないので省略 技構成:変身 特性 かわりもの なので調整意図はなし 基本見せポケ。 また構築を練り直さなければ!!! 非常に面白い型だと思います。 【使用構築】 以前記事で見た襷+粘土+アッキが強そうだったためそこから組み始め、雑に強そうなエースバーン、クッションになってサイクルを回せそうな、受けに強いを入れた。 ここまで重い水の一環切りと、メ、ウオーグルなど重いの切り返しを担当していた。 ・ 弱点保険 控えめH252B4C236D4S12 実数値:237- x-101- 148-116-82 調整意図: S12振り残りHC 補完枠兼第二のエース。 長らく、ガラル御三家の隠れ特性はでその存在を確認できるのみで、一般には未解禁であったが、6月2日にスマホ版ポケモンホームを利用することで遂に解禁される運びとなった。 受けの他のを探したが結局このが安定する。

Next

S7最終88位

【重い】 ・怠ける展開カバ 基本的に役割集中でカバを見てるので不意に来られると突破できずに詰む。 そのほかどのように出そうとある程度のは取れるので相手の構築によって選出する駒を柔軟に決めていた。 ダストシュートのないエースバーンに対してなら隙を見せないので環境的にも強いだと再認識した。 膝を切っている為バンギが重たいですがそれをカバーする構築となっています。 現実では、攻撃に欠かせないエースストライカーが を行うなどありえない筈なのだが…。

Next

【ポケモン剣盾】最近はエースバーンに隠れてるけどドラパルトから理不尽を感じないか・・・? 脆いので許せるとの意見も

・ 構築単位できつい カジリガメ なんか2回ほどぼこられました どちらも順位高めの相手なので同じ方? でごまかすしかないのですが、カジリガメの立ち回りがうますぎてされてダイロックでラプ突破されてそのままダイストリームすいすいコンボで死亡。 最後に、ここまで水の一貫が気になったのとラム持ちウオーグル・・などドラパカビミミをボコすためにうきうきで出てくるやつらに切り返すこともできる第二のエースとして弱点保険を採用し、構築が完成した。 Sラインがアーマーガアを意識しているものだったためS4振り抜き抜き調整で残りを対面性能上げる為にBに振ってます。 初手でミトムを持っていければ、の欠伸を受けた後引いてエースバーンで頑張れる。 エースバーン意識でのSラインだが、念のためインテレオン抜きまで。

Next