ガノンドロフ コンボ。 【スマブラSP】初心者にオススメ!ガノンドロフの性能や使い方・コンボを解説

【スマブラSP】ガノンドロフの評価とコンボ【スマブラスペシャル】

そこをすかさずダッシュでステージから降りて空中下Aのメテオをしよう。 また見てからガードできない早さであるので最速ダッシュAが当たる距離で立っている相手に使っていきましょう。 例えば、ピカチュウのNBや、マリオのNBのようなバウンドしてくる飛び道具を想定します。 ワープスターで吹っ飛んだ相手を空中横Bで即座に攻撃する。 非公開モーションが何らかのかたちで変更された。 威力が高い反面、読まれてしまうとジャンプや緊急回避で避けられたりするリスクがある他、カウンターで簡単に跳ね返されてしまいます。

Next

【スマブラSP】初心者にオススメ!ガノンドロフの性能や使い方・コンボを解説

こちらも通常空中攻撃同様後隙が全然ありませんので、相手が地上にいれば割とリスクが少なく振っていける技。 シールドを大きく削る効果もあります。 特にスマッシュ攻撃はどれも強力で、 上手く当てられれば早期撃墜も可能で試合を有利に運べます。 上強について 上強は、威力とリーチ、シールドブレイクの効果が非常に高い技です。 空Nは隙がデカいしバ難になりやすいので覚えさせない方が強いと思ってます。 下強空上、下投げ空上などのコンボから上スマや空上で着地狩りする展開になると強い。

Next

【スマブラSP】ガノンドロフのコンボと戦い方を教えるよ!|ゲームメインのサブカル総括シティ

足遅いし。 ミチミチミチミチィ!!!!! キャリアーつき箱• 前方向であれば、 横BもしくはDAや下Bをすればヒットします。 剣を使うためリーチや判定は強化されたものの、発生が遅くなったため良し悪しです。 ゲームガイド• ・下B 烈鬼脚 意表をついての不意打ちや、離れた位置でスキをさらした相手への確反として結構使えます。 判定が踵落としと爆発の二つの判定から、出始めから持続部分に移行すると威力が減衰する一つの判定になった。

Next

【スマブラSP】ガノンの対策|誰でもできる意識したいポイント|maseuBLOG

, LTD. そのほかの横Bの注意点としては、アイテム有りの試合時、または自機が、誰でも取得可能なを生成できる場合に起こりうる、特定のアイテムを持ったガノンに地上横Bで掴まれる危険性が挙げられる。 それでも復帰阻止には悪くない。 発生の早い最初の一撃をうまく当てるか、相手の隙を狙ったり乱戦にぶち込んだりと工夫しよう。 X:腕組みしつつ高笑い。 復帰阻止の仕方 ガノンドロフは空中攻撃の判定が強いので、復帰阻止が強力なキャラクターです。

Next

ガノンドロフ その2

実際の対戦では、それ以上の蓄積ダメージを要するので注意。 頭蓋割(ずがいわり)という、見た目を表した豪快な技名がある。 ガノンドロフの立ち回り講座 ここからは実際のガノンドロフの対戦の中で、どのような立ち回りをして行けば良いのかについて解説をして行きます。 強い 1段目当てからのdaはバースト択としても無しじゃない。 ガノンドロフの魅力は1度に与えられるダメージが多いことと吹っ飛ばせる攻撃技が多いこと!• 後隙が短くなったほか、終わり際が多段ヒットするように強化されています。 急降下挟んで連射もある程度効くから。 が、まだまだ強いです。

Next

【スマブラSP】ガノンドロフの確定コンボ・立ち回り・特徴・出現条件【コンボ動画】

・最後の切りふだ 魔王ガノン スマブラSPのガノンドロフは『時のオカリナ』を基調にしているため、それに合わせた最後の切りふだに変わりました。 1回触れば50%、2回触ればもうバースト圏内といった感じで最強レベルのコンボと連携を持っています。 ーは特に臭えんだからばっかりやってないでシャワー浴びてこれを使え。 とはいえヨコスマの壊れっぷりに比べたらまあ可愛いくらい。 体術は腕と足をバランスよく用いるため、「腕 or足 攻撃強化」ではやや非効率的。 体重が重くふっ飛びにくい ガノンドロフは全キャラ上位の重量を持ち、ふっ飛びにくいのが強みです。

Next

【スマブラSP】ガノンドロフのコンボと戦い方を教えるよ!|ゲームメインのサブカル総括シティ

Re: 久しぶりにこのサイトに来て No. ピチュー ソニック パルテナ オリマー スネーク メタナイト ウィーフィットトレーナー ガノンが得意なキャラ ガノンで安定した復帰阻止ができるキャラは基本有利になります。 これで動きが早かったら1強キャラクターだったと思います。 ・空中下A 崖外復帰阻止その2の技。 地上下Bは突進距離と攻撃判定の持続が長めなため、相手が後方移動受け身で距離を取った場合でも対応できる。 なので、コンボ始動として使われるDAと下投げは意地でも避けましょう。

Next