ヴァージニア ヘンダーソン。 看護学概論「ヴァージニア・ヘンダーソンの経歴と理論」

ヘンダーソン

1929年 看護に関わる自然科学と人文科学を学ぶ為にコロンビア大学のティーチャー ズ・カレッジに進学。 オレム(米国) セルフケア不足看護論 個人のセルフケア能力が下回ったとき、看護師がセルフケア不足もしくは依存的ケア不足を補完するということ セルフケアとは、自己の生命、統合的機能および安寧に役立つように自己の機能を規制するために自己または環境に向けられる行動 セルフケア要件とは、個人が必要とするセルフケアの種類の表現である。 歴史上の看護師 ここでは誰もが知っているような歴史上の看護師の言葉を紹介します。 人間には共通の欲求があると知ることは重要であるが、それらの欲求がふたつとして同じもののない無限に多様のによって満たされているということも知らねばならない。 健康指導における看護師の役割をわずかなスペースで正当に評価するのはむずかしい。 看護師は体温の生成と放熱について生理学的な原理を理解し、まわりの空気の温湿度や流れを変えることによって、また患者に活動を減らすあるいはふやす、食物の摂取の仕方を変える、着衣や寝具を加減する、などの助言をすることによって、そのいずれの過程をも促進できなければならない。 前回のゴードンに続き、今回はヘンダーソンの看護理論で挙げられている「看護を構成する14の基本的欲求」をデータベースに用いて説明していきます。

Next

ヴァージニア・ヘンダーソン|チャレンジ精神の旺盛なひつじ

本書に収められた著作は今日なお有意義であるばかりでなく,優れた実践家,教育者および研究者に欠くことのできない特性,ものを見る目の新鮮さ,の手本でもある。 患者のセルフケアおよび最終的自立を助ける責任は、医療チーム全員が分担する。 その中でヘンダーソンは、看護の独自の機能を次のように述べています。 『何が起こっているのか。 民族、宗教、人種を越えて病気の人に尽くすことは、以前から、医療従事者の倫理綱領の一部である。

Next

ヘンダーソンの基本的欲求14項目:各項目のアセスメントと観察項目

患者が自分に起こる危険を察知できているか評価する。 私自身の経験からそう申し上げることができます』 自分に対して嫌がらせや厳しいことを言う人に対して、関わりたくない、嫌いなどのマイナスイメージばかりが頭の中にあると、表情や行動にも表れ、悪循環になる気がします。 今読むとぐだぐだな内容ですが、入学してすぐの課題だったので、自分なりに一生懸命書いたんだろうなと思います。 適当に友人がおり、また社会的地位も得ていて家族にも恵まれている場合 b. 医師の指示から何を除き、何を加えると安全になるか査定する• 職場への期待• 1961年 『看護の基本となるもの』を出版。 この基本的欲求が充足した状態は、「身体の位置を動かし、またよい姿勢を保持する」状態だ。

Next

ニード論(ヴァージニア・ヘンダーソン)

コミュニケーションの観察項目:主観的情報・基礎情報• 身体的・生産的活動ができているかどうか• 七つ目は、「患者が体温を正常範囲内に保つのを助ける」ことだ。 具体的に「ヘンダーソンの基本的欲求14項目」とはなにか、観察とアセスメントの焦点はなにかを理解していきましょう。 そこからなるべく患者の生活を正常な状況におく事を考えるようになる。 危険場所の認識があるか• 保健教育は対象となる家族の文化的ならびに社会的背景を考慮に入れてはじめて成功すると一般に認められている。 また、自分の看護観をもつことは大切なことであるが、自分の考えに囚われず、他人の看護観をみて、取り入れていくことも大切だと感じた。 看護教育の学士号・博士号を取得する。 人間の生命、機能、安寧に対する危険の予防• 治療上の指示を守ることができるか• 2007年2月19日時点の [ ]よりアーカイブ。

Next

ニード論(ヴァージニア・ヘンダーソン)

O)22時に睡眠導入剤内服し就寝、4:00頃目が覚めるとのこと。 触れることを通して安楽をもたらし、コミュニケーションを図る• 患者の排泄を助ける。 藤村龍子、江本愛子[監訳]. しかし、言葉の持つ力は、気持ちを前向きにさせてくれることがわかります。 水分や食べ物の摂取量• しかし、看護師が行うこの伝達は、患者の言うことの代弁でしかないので、医師は機会があれば直接患者と離しあい、患者が自分の言葉で言うのを聞きたいと思う。 最初から、完璧を求めて考えすぎちゃうと書けなくなってしまうので、まずは文章を書いてみるといいですよ。 8人兄弟の5番目で17歳のときに第一次世界大戦が始まって、兵士の役に立ちたいと看護への道を志し、1918年に陸軍看護学校へ入学したらしいです。 後にコロンビア大学で学んだヘンダーソンは、1934年に「看護教育」で修士号を取得し、その後コロンビア大学で教壇にも立ちました。

Next

ヘンダーソン

排便、排尿の際のプライバシーと身体的安楽とはその人の年齢および習慣が求めるところに従って与えられるべきであろう。 ヘンダーソンのニード理論をまとめると、まず14の基本的ニードの充足状況をみます。 - アメリカ合衆国ケンタッキー州の郡。 への過度の依存は、ストレスや緊張のコンができない多くの人々がそれを認めているということである。 看護師はヘルスケアチームの一員として自分たちの独自の機能がどこにあるのか、それを見出しにくい状況におかれ苦しんでいたようです。

Next