岐阜 地震。 濃尾地震

最近愛知県や岐阜、長野で地震が多発しています

1854年12月24日 (安政1) (安政南海地震) 8.4 両日の地震の被害は、美濃南部でひどく、美濃北部へ行くほど軽かった。 :1937年(昭和12年), M7. 震源断層 [ ] 両白山地から濃尾平野北方にかけて位置するのうち、根尾谷断層帯、梅原断層帯、温見断層北西部が活動をした。 :1938年(昭和13年), M7. 死者3人、負傷者15人。 :1936年(昭和11年), M7. (PDF 8. 「 豆腐の始めは豆であり 尾張名古屋の大地震 松竹でんぐり返って大騒ぎ 後の始末は誰がする 」 各地の震度 [ ] 地震の観測は中央気象台(現・)、の他、やなどの委託観測所でも行われ、中央気象台に報告されていた。 :1894年(明治27年), M7. 大垣で家屋倒壊多数。

Next

濃尾地震

同紙は30日には横浜からのロイター電として、大阪、神戸の被害が大きいという推測記事を掲載。 「 名高き金の鯱は 名古屋の城の光なり 地震のはなしまだ消えぬ 岐阜の鵜飼も見てゆかん 」 また唱歌『』(作詞)を以下の様に捩ったが震災直後の児童の間で流行した。 :1961年(昭和36年), M7. :2000年(平成12年), M6. ビカーステスはその後12月28日、英国帰国直前、フランスのカレー駅で待ち受けていた記者から、地震体験の取材を受けている。 。 :1968年(昭和43年), M6. 【濃尾断層帯】• 薩摩半島西方沖 :2015年(平成27年), M7. :1980年(昭和55年), M6. このプロジェクトでは、首都圏や京阪神などの大都市圏において、大地震が発生した際の人的・動的被害を大幅に軽減するための科学的・技術基盤を確立することを目的とした研究開発を実施しており、理学・工学・社会学などの異分野の研究者が結集し、我が国の地震防災対策に最先端の科学技術を効果的に活用することを目指しています。

Next

最近愛知県や岐阜、長野で地震が多発しています

:2013年(平成25年), M6. :1928年(昭和3年), M7. 文部科学省では、南海トラフから南西諸島海溝域までの震源モデルを構築、地震・津波の被害予測とその対策、発災後の復旧・復興対策を検討し、地域の特性に応じた課題に対する研究成果の活用を推進させるため、平成25年度より研究機関に委託して研究プロジェクトを実施しています。 :1933年(昭和8年), M6. 発生日 震央地名 マグニチュード 震度 震度(岐阜県) 1944年12月7日 三重県南東沖 M7. 6度、136. :2018年(平成30年), M6. 脚注 [ ]• 1833年5月27日 (天保4) 美濃西部 6 1/4 大垣領で山崩れなどにより、死者11人、負傷者22人。 :1938年(昭和13年), M6. :2002年(平成14年), M7. :1931年(昭和6年), M7. 2MB) 【柳ヶ瀬・関ヶ原断層帯】• 大森房吉 1913 、「」『震災豫防調査會報告』 68 乙 , 93-109, 1913-03-31, , :• 人お雇い外国人で、写真家でもあるが、自らのカメラで被害状況を記録している。 岐阜大学教育学部地学科• :1892年(明治25年), M6. 1662年6月16日 (寛文2) 山城・大和・河内・和泉・摂津・丹後・若狭・近江・美濃・伊勢・駿河・三河・信濃 7 1/4~7.6 美濃で家屋被害多数。 :1899年(明治32年), M7. 長野県との県境付近にとその延長上に、さらにそれに平行するようにが、県南西部には、さらに西部にはとその延長上に、があります。 5MB)• :1970年(昭和45年), M7. 飛騨、郡上、恵那郡ではほとんど被害なし。

Next

濃尾地震

全国の地震活動の概要と地震に関する基礎知識、そして、日本を北海道、東北、関東、中部、近畿、中国・四国及び九州・沖縄に区分し、その地方の地震活動の概要をはじめ、その地域に被害を及ぼす地震のタイプ、これまでに発生した主な被害地震の概要、都道府県別(北海道は地域別)の特徴について書かれています。 群発地震でも大きめの地震があると余震が続きますので地震数は増えます。 東海・東南海・南海地震については、今後30年以内の発生確率が非常に高く、これら3つの地震は将来連動して発生する可能性も高いことから、これら3つの地震の時空間的な連動性を評価するため、海底稠密地震・津波・地殻変動観測や物理モデルの構築、シミュレーション研究、強震動・津波予測、被害想定研究等を総合的に行っています。 :1948年(昭和23年), M7. :1924年(大正13年), M7. 【琵琶湖西岸断層帯】• :1943年(昭和18年), M7. 北北西方向への延長線上には、1948年のを引き起こした福井地震断層が存在するほか、南南東方向への延長線上は1945年の方向と同一である。 :1936年(昭和11年), M6. 岐阜県の気象・地震概況等を閲覧することができます。 :2003年(平成15年), M7. (PDF 5. 飛騨保木脇村で山崩れ、圧死者数十人、住家埋没2棟。 ただし、こればかりは正確にはわかりません。

Next

最近愛知県や岐阜、長野で地震が多発しています

また、震央距離と震度との関係など当時のデータから後に8. 4 1980年(昭和55年) - 1989年(平成元年)• :1960年(昭和35年), M7. 762年6月9日 (天平宝字6) 美濃・飛騨・信濃 不明 詳細不明なるも被害のあったことは疑いなし。 :1989年(平成元年), M7. 目立ちたくって騒いでいるだけです。 :1978年(昭和53年), M7. :1933年(昭和8年), M7. 宇佐美龍夫、茅野一郎、「」『東京大学地震研究所彙報』 第48冊第5号、1970年, :• 外部リンク [ ]• 289-319, :• 4MB) 「砺波平野断層帯・呉羽山断層帯の評価(一部改訂)」とあわせて示した、予測震度分布図です。 あなた、そして大切な家族の命を守るために積極的に利用しましょう。 :2016年(平成28年), M7. 各自治体ではハザードマップを公開しているところが多いので、そちらを参考にしましょう。 岐阜県での助成は以下のようなものです。 1MB)• :1966年(昭和41年), M7. :2013年(平成25年), M6. (PDF 7. :1927年(昭和2年), M7. 1847年の善光寺地震の際には、白川村の飛騨保木脇で山崩れがあり、圧死者数十名などの被害が生じたとの記録があります。

Next

岐阜県の地震活動の特徴

報道 [ ] 避難所の様子 電信線が寸断されたこともあって、濃尾地震の全容はすぐには把握されなかった。 and M. 宮腰淳一,佐藤俊明1,福和伸夫 2003 、「」『地域安全学会論文集』 2003年 5巻 p. :2011年(平成23年), M7. このときは震源が市街地直下だったため、多くの人が震度5強の強い揺れに見舞われました。 :2001年(平成13年), M7. 岐阜地方気象台のページです。 :1949年(昭和24年), M6. 現地は激しく揺れています。 :1926年(大正15年), M7. 岐阜の壊滅を伝える新聞記者の第一報は、「ギフナクナル(岐阜、無くなる)」だったという。 岐阜県を揺らした過去の大きな地震 気象庁によると、統計1923年以来2018年までに 岐阜県を襲った震度5以上の地震は「2回」起きています。 5MB) 「福井平野東縁断層帯の評価(一部改訂)」とあわせて示した予測震度分布です。

Next

不気味な長野・岐阜県境の群発地震糸魚川静岡構造線断層帯との関連は?

:2007年(平成19年), M6. 日本海北部 :1987年(昭和62年), M7. :1925年(大正14年), M6. 1944年の東南海地震(M7.9)では、県内で死者・行方不明者16名、家屋全壊406棟など、さらに1946年の南海地震(M8.0)の際には、死者32名、家屋全壊340棟などの被害が生じました。 地震から100年以上経てもなお、余震が続いている。 岐阜県とその周辺の主な被害地震(図をクリックすると拡大表示) 陸域の浅い場所で発生した被害地震としては、濃尾断層帯で発生した1891年の濃尾地震(M8.0)がよく知られています。 :1894年(明治27年), M7. 0としている。 :2008年(平成20年), M7. :2010年(平成22年), M7. 根尾村水鳥(みどり)地区での根尾谷断層は上下差6m横ずれ量4mにも及び、写真技師 瀬古安太郎撮影の写真は、この地震の象徴として広く利用されている。 記録のある過去のでは、6月5日(17年4月27日)に美濃を中心として発生したが濃尾地震と類似した地震とする見方もある。

Next

不気味な長野・岐阜県境の群発地震糸魚川静岡構造線断層帯との関連は?

(PDF 7. 0 とも推定される。 469-482, :• :1963年(昭和38年), M8. 九州地方南東沖 :1923年(大正12年), M7. 琵琶湖西岸断層帯の地震を想定した強震動評価 ( / (8. 1891年10月28日 (明治24) (濃尾地震) 8.0 美濃で被害大。 歴史地震研究会 『歴史地震』 第21号• 0 が発生している。 :1984年(昭和59年), M7. :2011年(平成23年), 9. (PDF 1. :1940年(昭和15年), M7. 自分が住んでいる場所の危険性については必ず一度は確かめておくべきでしょう。 :1964年(昭和39年), M7. 0MB)• :2000年(平成12年), M7. 地震調査研究推進本部• :2003年(平成15年), M8. 網走沖 :1924年(大正13年), M7. 「全国地震動予測地図」 のページです。 引用元「内閣府 防災情報のページ」 ハザードマップ ハザードマップは、「どこの地域にどんな危険性がひそんでいるのかをマップ化したもの」になります。 1858年4月9日 (安政5) 飛騨・越中・加賀・越前(飛越地震。

Next