ズ アカ ハネ ナガ インコ。 インコ オウム 販売情報 ズアカハネナガインコ 2羽♂♀ お譲りします(シンガポール トップブリーダー産)

ネズミガシラハネナガインコ 種類 特徴 性格 育て方 寿命

神経質で臆病な面もある とても活発で明るく、好奇心旺盛なインコですが、気性が荒い面もあり、神経質で臆病な性格も持ち合わせています。 ゴールデンウイークに入ったころから、メスが姿を見せなくなりましたので、おそらく抱卵中だろうと思います。 ですが、人に慣れてしまえばとてもなついてくれて、甘えん坊さんになってくれる子が多いです。 ケージの中にはおもちゃを入れてあげましょう。 そして、虹彩 目の色 も特徴的で、若いうちは焦げ茶色のような色をしていますが、大人になるとはっきりした黄色になります! とても特徴的で、可愛らしい顔立ちですね! お話しが上手な子が多い ネズミガシラハネナガインコは、会話能力が高いと言われている種類です。 100年に一度の暑さなら仕方もないかとも思いますが、来年も繰り返されるのなら何らかの鳥部屋の暑さ対策を取らないといけないと、すでに心は来夏のことを考えています。 頭が鼠色のハネナガインコ属の仲間という意味で、漢字表記は「鼠頭羽長鸚哥」。

Next

アカクサインコ: PETIT FREEBIRD'S インコたちの日々

ネズミガシラハネナガインコはペットバードやコンパニオンバードとして広い層に飼いやすいという印象はあります。 手強い相手になるかもしれませんが、挑みがいがありそうなので、今から楽しみです。 ノリノリに陽気な南米パロットとは違って、物静かで哲学的なアフリカンパロットと比喩されることもあります。 鳥たちはというと、テンニョインコのメスに夏バテらしき気配がみられる以外は、取り立てて言うほどのことはなさそうで、概して人間よりは対暑さに強いことが確認できたという皮肉なことになっています。 1992年に規制が掛かる前の方が多かったという記載もあり、輸出される前に落ちた数もいれると膨大な数が捕獲された事でしょう。 パイドのネズミガシラハネナガインコ 原産は西アフリカ熱帯雨林地域、およびその北側に広がるとの移行帯である(Sahel)と呼ばれる半乾燥地域(サバンナ森林帯)に生息し、乾季と雨季で移動もあります。 しかし乱獲されたわりに野生下での減少懸念はLCで低く、もちろん地域にもよりますが種の保存に問題はない生息数とされています。

Next

アカクサインコ: PETIT FREEBIRD'S インコたちの日々

そこで、外付け巣箱に耳を当ててみると、確かに雛の鳴き声でした。 おしゃべりのレパートリーは少しずつ増え、「おやすみ」、「おはよう」、「痛い痛い」、「ホーホケキョ」、「握手」、それにジャイアンツの応援歌を口笛で吹くこともできるようになっています。 活発で明るい性格 ネズミガシラハネナガインコの性格は、とても活発で明るく、やんちゃで好奇心旺盛なんです! 遊ぶ事も大好きなので、活発に遊べるおもちゃや、手に持って遊べるおもちゃ、バードジムなどを用意してあげましょう。 この生息域である西アフリカのセネガル,ガンビア,ギニア,ブルキナファソ,トーゴ,ニジェール,中央アフリカ共和国など殆どの国はGDPの世界ワースト30の最貧困国です。 そうは言っても、動物虐待すれすれの状況なのは明らかなので、鳥部屋に入るたびに無策を謝りながら餌と水の世話をしています。

Next

ズアカハネナガインコ: PETIT FREEBIRD'S インコたちの日々

senegalusへ統廃合 アフリカンパロットとは、ヨウム属2基亜種,クロインコ属3基亜種,ボタンインコ属9基亜種,ハネナガインコ属10基亜種の合わせて4属24基亜種とその亜種からなるインコたちの総称です。 セネガルパロットの名の通りにも生息するのですが、セネガルを西端としてとの国境あたりまでを東端とした東西に長い生息域をもちます。 最近では英名の「セネガルパロット」と明記している販売店も見かけます。 以前は亜種扱いだったのですが基亜種へ統廃合されたため、正式な分類上からは抹消されています。 ネズミガシラハネナガインコ 特徴 性格 飼い方 中型インコ インコ科 オウム目インコ科ハネナガインコ属 和名 鼠頭羽長鸚哥 原産地 アフリカ 全長 約23㎝ 体重 約110~125g 平均寿命 約30年 ネズミガシラハネナガインコは、アフリカ中西部、セネガルなどの林に、つがいか少数の群れを作って生活をしています。 色変わり品種としてはパイド,シナモン,イエローがおり、現在はもっと増えているかもしれません。

Next

インコ オウム 販売情報 ズアカハネナガインコ 2羽♂♀ お譲りします(シンガポール トップブリーダー産)

野生下での食事は、種子、穀物、果物などを食べています。 雛が安心できるまで成長したからでしょうか、雛たちはまるまるして何の問題もなく育っているようでした。 黄色タイプ,橙色タイプ,赤色タイプの3カラーです。 当時は4~5万円程度でしたが、CITES-DBによると1994年~2003年までの約10年間に、ネズミガシラハネナガインコの野生個体の正規の輸出数は セネガルから173,794羽 ギニアから約164,817羽 マリから約60,742羽 その他も合わせて41万羽以上がアフリカから世界へ輸出されていたワイルド特需時代でした。 せめて子育ては涼しい環境でさせてあげたいと思いますが、100年に一度の今年の場合は期待を裏切られるかもしれません。 どうしても点目を嫌う方にはチャガシラハネナガインコの方が良いかもしれませんが、チャガシラハネナガインコの流通は滅多にありません。 アフリカンと言えば、まずヨウムが浮かびますが、「ズアカも捨てたもんじゃねーぞ!」と教えてくれているように思えます。

Next

ネズミガシラハネナガインコ

もちろん主観ですし個体差もありますが、騒々しく騒がず、物静かで社会性があり、お喋りも出来て、ふれあい好きで柔らかい触り心地も良く、香りも芳しいです。 灰色の頭というと地味なイメージがありますが、胸から下腹部の辺りはオレンジ色、首から胸元辺り、太ももの辺り、背中の羽は緑色、尾羽は灰色と緑が混じったような深緑色をしていて、とても鮮やかで綺麗な色をしています。 彼らにとってこちらは単なる世話役にすぎませんが、こちらにとって彼らはパワーの源にもなってくれ、ほんとうにありがたいものです。 アカクサインコの雛が3羽いました。 捕らぬ狸になりませんように! 待ってました! どうやら、アカクサインコ・シルバーのペアが繁殖中のようです。 そして、時期が来れば差し餌に移行。 メスが昨年末、オスが今年2月にやってきたばかりですので、これは我が家の成果と言うより、前のブリーダーからのプレゼントのようにも思えます。

Next