ワード ヘッダー ページ 番号。 ワード文書のページ番号を自由に変える設定方法

ワード文書にページ番号を入れる【Word・ワード】

セクション2のフッターにも何も入れたくないわけですから、先程と同様、[次へ]ボタン(Word 2007は[次のセクション]ボタン)で、セクション3のフッターに移動します。 入力したヘッダーが他のどのページにも入ります。 今回ご紹介するのは、最初にヘッダー領域とフッター領域を表示させなくても、ページ番号を設定できる方法。 目次の末尾にカーソルを移動し、 [ページレイアウト]タブを選択します。 [ページ番号の削除]を選択します。

Next

Word文書のヘッダーに章番号や見出しを表示する方法

でも、基本はあくまでも「」でご紹介している方法で、その方法だけ知っていれば、ページ番号を応用的に使いこなすこともできますし、困ることもありません。 どの場所でもかまいせん。 そのうち、仕事でのストレスで体を壊して病院通いをするハメになり、「こんな働き方でいいのか?」と自分に問いかけました。 [開始番号] をチェックし、最初の [ページ番号] を入力して [OK] をクリックします。 つまり今回の例では、「表紙」、「目次など」にあたるセクション1、セクション2にはページ番号を振らず、「内容」にあたるセクション3にページ番号を振る、という操作をします! 操作に慣れないうちは、先頭ページであるセクション1から順に考えていった方がわかりやすいので、先頭ページならどこでもいいので文字カーソルを置き、します。 選択したスタイルでヘッダーが編集できるようになります。

Next

Word:3ページ目からページ番号を振る(表紙・目次はナシ)

前のセクションとの関連を切る。 [ヘッダー/フッター ツール]の[デザイン]タブ、[ヘッダーとフッター]グループの[ページ番号]ボタンで設定します。 まずは焦らず、下記のページで「セクション大好き!」になってから先にお進みください! 特にこのページの解説は、「」を 読み終えて頂いていることを前提としています。 フィールドの選択で「Page」を選択します。 -2 は表紙と目次のページ分です。 今回は、自分で設定する方法を説明します。 [挿入]タブの[ページ番号]をクリックします。

Next

【Word】ヘッダー・フッターを設定する

ヘッダーやフッターは日付・ファイル名・ページ番号のような文字列や数字をページの上下余白部に表示する設定です。 通常は、単に「ヘッダー」「フッター」と表示されている場所なのですが 、セクション区切りを入れたことによって、セクションの数字が追加されて表示されるのです。 (2)ページ番号の位置を選択する ページ番号を挿入する際に位置を指定したい場合があります。 これでOKだと楽なのですが、2ページを見てみると自動的に「1」と切り替わらず「2」のまま。 もちろん、設定したフォントや飾りは、そのページだけでなく、すべてのページのページ番号に反映されます。 ここでは、「1」から始まっているページ番号を「10」からに変更する操作を説明します。 ページ番号中にカーソルを置いて、[書式設定]ツールバーの[中央揃え]ボタンをクリックします。

Next

Word文書のページ番号の入れ方!削除方法や途中から挿入する設定も [ワード(Word)の使い方] All About

(1)総ページ数を入れる 該当のページが全ページ数の中の何ページ目にあたるのかを示したいときに利用します。 (その際、文書の本文は薄い灰色表示になります) ページ番号以外のテキストを設定したい場合は、ヘッダーにそのまま入力すればOKです。 すべてのページにページ番号を入れる。 この時点では全てのページのヘッダーは同じ文字列になっています。 ページ番号をドラッグして選択します。 ページ番号のフォント、サイズ、位置を設定する ヘッダーやフッターに挿入したページ番号や総ページ数、組み合わせた文字には、フォントやフォントサイズ、文字飾りなどを自由に設定することができます。 ネットビジネスを始めるまでは、「安いお給料」「少ないお休み」「当たり前に起こる残業」という、限りなくグレーな会社でOLをやってました。

Next

Word(ワード)でページ番号を設定する方法|表紙を除いたり、途中からなど自由に設定するやり方

図Pa... 通常と同じようにページ番号を設定します。 編集記号を表示していれば、通常は下の「セクション区切り(現在の位置から新しいセクション)」という表示が 前のページの最後に表示されます。 「」のページで、「表紙」、「目次など」、「内容」のそれぞれに異なるヘッダーを設定した時と同じ例を使いますので、今回の例では、下記のように文書をセクション分けしました。 [挿入]タブの[ページ番号]をクリックします。 もちろん、「Page」という文字は自由です。

Next