非gx。 【ポケモンカード】ホワイトキュレムを使ったデッキレシピと使い方【ポケカ】

非GXなのに180点連発!?(ガチ考察)(投げ銭記事)|Mefuno|note

もっともテテフとデデンネを2ずつ採用していますので、よほどの事故でない限りは何とかなると思います。 みずタイプ対策に1枚くさタイプを入れてありますが、環境に合わせて対策をたてることができる点が非常に優秀です。 非GX・Vデッキ ゴルゼブ …すみません、勝手に命名しました。 上記のリンクあるように、リザードンと様々な組み合わせで実績を残しているレシピがあります。 ユキメノコ こちらも主にルガルガン・ゾロアーク系統のデッキで採用されている。 カテゴリ• インフレが進む現環境ではやや火力不足感もあるが、フルメタルウォールでのカミツルギの登場により強化が進んだ。

Next

【ポケモンカード】ホワイトキュレムを使ったデッキレシピと使い方【ポケカ】

まとめ 今回は、計画段階で終了してしまった【非GXプテラ】を紹介しました。 モンジャラもしばりつけるを持つ方を採用し、より強力に。 育てるのは大変だが、育ってしまえば圧倒的な強さを誇る。 HPが低く倒されやすいが、GX技を使えば手札に戻すこともできるため、負け筋を減らすことも可能。 大会で大きな結果を残しているデッキも存在しており、良調整の良い環境だなと感じます。 構築、プレイングともに高度さが要求されますが、うまく回れば文句なしの強さを発揮できます。 弱点としてはふんかを使用するためのエネルギー要求が大きいことです。

Next

【ポケカ】ゴルーグデッキ(非GX・Vデッキ)【デッキレシピ】 / 宇都宮店の店舗ブログ

に対応している点も強力。 4枚使い続ければ、毎ターン雷エネ1枚で150ダメージを与えることが可能。 ジュナイパーGX、モクロー、ゾロアークGX、ゾロア、ヨーギラス、イベルタルGX 特性でダメカンを毎ターン2個相手のポケモンに乗っけることができるジュナイパーGXを、ベンチのポケモンの数が多いほどダメージが上がるゾロアークGXと組み合わせたデッキだ。 それでいて、ワタッコの体力は70と少ないので、 タッグチームGXの火力がオーバー気味になってしまうんですよね。 0 非GXでサポートにタッチしにくいので4枚採用しています。

Next

【ポケカ】強い10の非GX1進化ポケモンと解説

ジラーチプリズムスターの「ほろびのゆめ」は、次の相手の番の終わりに、相手のポケモンをきざつさせるワザ。 新カードのブルーの探索が使える貴重なデッキとなりました。 2進化ポケモンという展開の遅さをカバーするHP160と最大火力260点。 たねポケモンなのですぐに火力を出しに行けるのが魅力。 採用カード紹介 フーパ このデッキの主役、特性「バンデットガード」が強力なおなじみフーパです。

Next

たいあたりジム » 【ポケカ】フルメタルウォール 非GXデッキレシピ16選!!【新弾バトル対応】

この記事の目次• メルメタルの特性で不要なTAGTEAMをトラッシュすれば、 毎ターン160ダメージを軽減するデカブツの完成です。 きずぐすりの30がかなり影響する構築なので、多めに入れてあります。 ・月輪の祭壇と戒めの祠 上記の理由から、スタジアムも戒めの祠を採用しておりました。 マッシブーンGXも非常にコストパフォーマンが高いジェットパンチの性能により非常に長い間環境にとどまっているカードです。 他にも超ポケモンか水ポケモンを採用してみてもいいかもしれません。 こんにちは、カートンです。

Next

ニドクインニドキングデッキのレシピ紹介!非GX・高火力・サーチ付き新機軸デッキ!

自身もタッグなので、言うなれば「 タッグに強いタッグ」ですね! 関連記事: ウルトラネクロズマGXも、 超エネルギー3つを犠牲にすれば260ダメージが出ます。 特に「炎の結晶」の存在によりトラッシュからエネルギーを拾えるので何度も技を使うことができます。 ワザがマヒの確定効果がある以上、火力が低めであり、アセロラ、グズマ、いれかえ系グッズを使われるとマヒが解けてしまうので、火力の評価は低い。 故にカウンターゲインを道具に選択することで、カウンターエネルギーやダブル無色エネルギーでの反撃を目指します。 速度に関しては、トラッシュに送るカードの枚数や手段によって変わりますが、2ターン目シャドーインパクトをするアグロからミッドレンジまで幅広くあります。 実際に作られるデッキは非GXポケモン・ポケモンGXが組み込まれたデッキになるでしょう。 相手のを利用してアローラロコンを展開することもできる。

Next