バドミントン 女子 ダブルス 世界 ランキング。 バドミントン世界ランキング:全英OP優勝の”フクヒロ”が2位浮上、桃田賢斗は1位キープ

バド女子ダブルスの熾烈な五輪争い。藤井瑞希が解説する日本勢の強さ。

男子シングルスの順位は 【女子シングルス】 8月のアジア大会を制すなど、コンスタントに好結果を残している台湾の戴資穎(タイ・ツーイン/写真)が1位の座を守っている。 3cm 生年月日 : 1995年3月13日 出身地 : 長野県大町市 出身中学校 : 大町市立仁科台中学校 出身高校 : 埼玉県立大宮東高等学校 所 属 : 日本ユニシス 2012年、高校2年のとき全日本総合選手権で優勝し、16歳8ヶ月という史上最年少バドミントン全日本女王に輝いた奥原希望選手。 中国メディア・東方網は28日、国際連盟が発表した世界ランキングで、日本が3部門で1位を獲得したのに対し、中国は1部門に留まったと報じた。 さらに、スペインマスターズ準優勝の櫻本絢子/髙畑祐紀子も10位に浮上。 では、女子ダブルスの五輪出場枠はいくつあるのか。 岐阜県バドミントン協会の会長も務める丸杉の杉山忠国社長によると、アメリカンベイプ岐阜は経営破綻(はたん)状態だった。 上位8組に同じ国のペアが入っている場合は2組選ばれますが、いくら8位にランキングされていても上位に2組いれば出場できないのです。

Next

海外女子ダブルス(3月17日付)

また、スペインマスターズで優勝を果たした三谷美菜津は、6ランクアップで19位に浮上してきた。 さらに、2016年の全英オープン女子ダブルスで優勝、リオデジャネイロオリンピック女子ダブルスでは日本バドミントン史上初のオリンピック金メダルに輝きました。 丸杉はすでにSJリーグに所属する実業団チームを持っているが、今井監督と福島、広田組らはこのチームとは別で活動していく。 フランスOPで決勝を争った韓国ペア。 。 その後の02、03年と、全国小学生選手権も優勝し、小さいころからその才能は別格でした。 混合ダブルスでは、渡辺勇大/東野有紗ペア(日本ユニシス)が1つ順位を落とし5位、ジェン・シーウェイ/ファン・ヤチョンペア(中国)が1位だった。

Next

バド女子ダブルスの熾烈な五輪争い。藤井瑞希が解説する日本勢の強さ。

日本バドミントン界には、まだまだかわいい選手がたくさんいますので、是非試合会場で探してみてはいかがですか? 最後までお読みいただきありがとうございました。 男子ダブルスには同4位の園田啓悟・嘉村健士組、同7位の井上拓斗・金子祐樹組。 男子シングルス [ ] 選手 日付 週数 1 2009年1月1日 349 2 2012年6月21日 14 3 2014年12月24日 76 4 2017年5月25日 17 5 2017年9月28日 51 6 2018年4月12日 1 7 2018年9月27日 67 最長記録、 太字:現在の1位、2019年12月31日時点 女子シングルス [ ] 選手 日付 週数 1 2009年1月1日 17 2 2009年1月22日 22 3 2009年9月24日 5 4 2009年10月29日 116 5 2010年9月23日 14 6 2011年1月13日 33 7 2012年12月20日 124 8 2015年4月2日 14 9 2015年6月11日 66 10 2016年4月21日 2 11 2016年12月1日 148 12 2018年4月19日 10 13 2019年10月29日 2 14 2019年12月17日 3 最長記録、 太字:現在の1位、2020年3月23日時点 男子ダブルス [ ] 選手 日付 週数 1 2009年1月1日 35 2 2009年1月22日 24 3 2009年9月24日 55 4 2010年11月11日 68 5 2011年6月23日 54 6 2013年5月30日 25 7 2013年11月21日 38 8 2014年8月14日 117 9 2016年11月10日 18 10 2017年3月16日 131 11 2017年4月6日 10 最長記録、 太字:現在の1位、2019年12月31日時点 女子ダブルス [ ] 選手 日付 週数 1 2009年1月1日 11 2 2009年1月15日 25 3 2009年1月22日 37 4 2009年8月20日 6 5 2009年9月24日 6 6 2009年11月26日 36 7 2011年4月28日 136 8 2012年9月20日 43 9 2014年5月29日 22 10 2014年10月30日 127 11 2015年12月17日 13 12 2017年10月26日 44 13 2018年6月21日 42 14 2019年4月30日 27 最長記録、 太字:現在の1位、2019年12月31日時点 混合ダブルス [ ] 選手 日付 週数 1 2009年1月1日 48 2 2009年6月18日 39 3 2010年1月21日 7 4 2010年6月24日 14 5 2010年8月26日 1 6 2011年2月3日 236 7 2012年8月16日 57 8 2015年4月2日 1 9 2016年9月22日 13 10 2016年12月22日 69 11 2018年4月12日 5 12 2018年5月3日 11 13 2018年8月9日 74 最長記録、 太字:現在の1位、2019年12月31日時点 脚注 [ ]• 2016年のリオデジャネイロオリンピックにも出場し予選リーグを突破、混合ダブルスでは日本人初のベスト8入りを果たしました。 男子ダブルスでは、全英オープンを制した遠藤大由/渡辺勇大ペア(日本ユニシス)が前回から1ランク上げ、5位となっている。 高校はインターハイ優勝を目標に、仙台の強豪校に進学し、そこで髙橋選手と出会います。 スペインマスターズでベスト4に入った日本B代表の古賀輝/齋藤太一は、38ランクアップと大きく順位を上げて83位。 小学校を卒業すると、中高一貫でバドミントンの強豪・宮城県の 聖ウルスラ学院英智に進学、高校2年生のときに1年後輩の 松友美佐紀とペアを組むことになりました。

Next

2016年リオデジャネイロオリンピックのバドミントン競技

2020東京オリンピックで、バドミントンは全種目でメダルが期待できると言われているので、もっと注目して欲しい!と思っているんです。 ・女子ダブルスの3回戦で、福島由紀・廣田彩花ペアを含む4ペアが勝利。 1.大会概要世界バドミントン選手権大会の大会概要、昨年の最終結果、放送予定をお伝えします。 髙橋選手と松友選手は一学年差で、高橋選手が2年生のときに、松友選手が入学し、ペアを組むことになったのが始まりです。 福島/廣田と中国ペアの差は約2000Pと接近している。 性格の違い 髙橋選手は、怒られやすいタイプで、怒られても「めげずにがんばろう!」と周囲を奮い立たせることのできる面倒見がよく姉御肌なところが当時からあったそうです。 ペアを組んでから、高校選抜、インターハイで優勝するなど、好成績をおさめています。

Next

バド女子ダブルスの熾烈な五輪争い。藤井瑞希が解説する日本勢の強さ。

「私と垣岩令佳のペアは、末綱聡子さんと前田美順さんのスエマエペアを間近で見ながら練習をしていました。 優勝の李紹希(右端)/申昇瓚と準優勝の金昭英/孔熙容(左端)がランクを上げている 【男子ダブルス】 男子ダブルスのランキングは 上位陣に変動なし。 ・男子ダブルスの準々決勝で、保木卓朗・小林優吾ペアが第3シードの園田啓悟・嘉村健士ペアに勝利。 彼女たちも昨年の世界選手権で3位に食い込んでいる。 日本勢2番手の奥原希望が8位に位置しているほか、髙橋沙也加が13位、佐藤冴香が16位、大堀彩が17位とトップ20内をキープ。 日本勢では西本拳太が一つ順位を上げて9位となり、自己最高位をマークしている。 tournamentsoftware. そのフクヒロペアを昨夏の世界選手権決勝で破ったのが、永原和可那と松本麻佑のナガマツペアである。

Next

【世界ランキング】女子ダブルスはトップ10に5ペアがランクイン!

- bwf. バドミントンを詳しくない方でも名前は知ってる!という方も多いのではないでしょうか。 全国小学生バドミントン選手権大会で4年生から6年生まで3連覇、さらにはジュニア日本代表選手 U13 に選ばれ国際大会も経験しています。 2位は山口茜、3位はプサルラ・V. [16] (インド) <準決勝> 桃田賢斗 [1] 2 21-12 21-8 0 LEE Zii Jia [14] (マレーシア) <準々決勝> 桃田賢斗 [1] 2 21-19 21-12 0 PRANNOY H. (1カ国からは最大2組) 2019年4月29日から2020年4月26日の1年間の世界ランキングポイントから算出されたランキングによって出場資格が決定する。 準々決勝へ。 さらに、期待の10代ペア、緑川大輝/齋藤夏が16ランクアップの88位に浮上。

Next

女子バドミントンダブルス代表の選考条件や決定はいつ?候補は誰?

・女子ダブルスの準決勝で、福島由紀・廣田彩花ペアが中国のペアに勝利。 ・大会概要 大会名 世界バドミントン選手権大会 開催期間 2019年8月19日 月 ~8月25日 日 開催場所 スイス/バーゼル 日本との時差 日本の方がスイスより7時間進んでいます。 ・男子ダブルスの3回戦で、保木卓朗・小林優吾ペア、園田啓悟・嘉村健士ペアが勝利。 世界選手権準優勝後の大会で思うような結果を残せていないが、ワールドツアー終盤戦で盛り返していきたい。 世界選手権優勝のキャロリーナ・マリーン(スペイン)は6位。

Next