いちじく の コンポート。 無花果(いちじく)のコンポート

いちじくで作る3大保存食。コンポート&ジャム&ドライフルーツの作り方

しかし、ざる付きのほうが絶対に便利だったと思います。 冷凍なので、いつでも気軽に使えます。 こんばんは。 型に流し、粗熱がとれたら、冷蔵庫で冷やします。 たくさんいただいたりして 食べきれない場合や、食べてみたら全然 甘くない果実にあたってしまった場合は、傷みが進む前に保存食に加工してしまうほうが、おいしく食べきることができます。 レモンを入れることで酸味を補い、色鮮やかなジャムに仕上がります。 そのまま食べるのはもちろん、アイスクリームやヨーグルトを添えても美味。

Next

いちじくで作る3大保存食。コンポート&ジャム&ドライフルーツの作り方

鍋にいちじくをいれて、レモン汁を加え、砂糖をまぶします。 いちじくは酸味が少ないので、酸味のあるヨーグルトやチーズと合います。 ・ご到着時間の指定は下記の6つからお選びいただけます。 ホウロウまたはステンレスの鍋に水にカップ1と白ワイン、シナモンスティック、グラニュー糖を入れて強火にかける。 ジャムにしておくと、料理にお菓子に アレンジが効くので、消費しやすいです。 ラップや蓋をして、1~3時間置きます。

Next

上品な大人の甘さ!イチジクのコンポート レシピ・作り方 by はなまる子♪|楽天レシピ

に fukiyose より• 好みの固さまで煮込んだら、そのまま火を止めて常温に戻るまで放置します。 (どこまで本当かは定かではないですw) カラッカラになるまで干して、乾燥材を入れて密閉すれば、 1年くらい長期保存できると思います。 さてさて早速本題へと移りますが、 本日作るのは無花果のコンポートです。 【2】 煮汁ごとさまします。 開封後は冷蔵保存し、早めにお召し上がりください。 赤ワインを入れなくても、 皮ごと煮れば、きれいなピンク色のシロップになりますよ~ さっぱりした味がお好みでしたら、レモンの輪切りを一緒に煮込みましょう。 定番の「梅酒」や「フルーツジャム」、ワインに合う「ドライトマト」や「肉のパテ」のほか、「チキンナゲット」のレシピなど82品を掲載。

Next

いちじくで作る3大保存食。コンポート&ジャム&ドライフルーツの作り方

作り方 【1】 いちじくは、皮つきのまま熱湯に入れてさっとゆで、冷水にとり、皮をむきます。 もしアクが出てきたら、スプーンでとります。 カチカチになったいちじくは、噛みごたえがあって糖度が高く、一粒でも食べごたえのあるドライフルーツになります。 沸騰してアクが出てきたら、アクをスプーンで取ります。 レモンの香りがとっても爽やかな、いちじくのコンポートの出来上がり。

Next

無花果(いちじく)のコンポート

密閉容器に煮汁ごと入れます。 いちじくの保存食のまとめ 私が実家にいた頃、いちじくは手に入りやすくて、よく食卓にあがっていました。 熱いうちに、瓶に詰めます。 改めましてフランス料理ロドゥラを宜しくお願い致します。 紙ぶたをします。

Next

季節の手作り いちじくのコンポート

生の状態ですと日持ちしないのが難点でしたがコンポートにすることで食べやすく、日持ちするようにしました。 ケチったことを、ちょっと後悔… 干しいちじくは、オーブンで作る方法もありますが、加熱すると酵素が壊れると聞いたので、せっかく手作りするのならば…と、天日干しをしています。 鍋に水と粉寒天をいれ、火にかけます。 目安は完熟で8~10分。 未熟なものだと20分ぐらい。 【フランス料理のソースの盛り付け方】. 是非そちらもご覧ください。 3 最近のコメント• ビニールカバー付きで、水濡れや汚れにも安心な仕様。

Next