扇風機 グリス。 古い扇風機の不快な「キュルキュル」という異音を応急処置で消す方法

扇風機から異音(カタカタ・キュルキュル)がする、うるさい時の原因と対処法

メーカーによって多少違いはあるのかもしれませんが、私の使ってる扇風機の場合「手前のスピンナー(羽止めネジ)を右に回す」ことで、ファンを取り外すことが出来ました。 123• モーターの軸受けにメンテナンスのつもりで556をちょいちょい吹き付けていたら 使われていたボールベアリングに封入されていたグリースを流し出してダメにしてしまったという例もあります。 これでモータ軸が歪んで上手く廻らなくなったのかも。 異音が収まる可能性はありますが、くれぐれも「自己責任」でお願いします。 通電はしてる感じなのでバラしてみました。 尚、新品エアコンの臭いの問題はよほど強烈で無いとメーカー或いは販売店にも相談せずに「なんか臭うな、、」と思いつつ使い続けて夏がすぎ翌年の夏に臭ってももはや相手にされないか、メーカーに見させても室内臭だと丸めこまれるのがほとんどじゃないかと邪推しています。

Next

換気扇からキーキー異音がする

内側にホコリが溜まったら? 溜まる時点で想定外らしいですよ。 ほこりの付き具合を見ながら掃除をしましょう。 2009. ミシン油をティッシュペーパーを当てながらこぼさないように差すが、主にファンモーターの駆動軸の接触部分や首ふり機構の駆動部の接触部分に重点的に差す。 1 モーターの寿命が来た時勝手に停まるのでしょうか。 反負荷側のベアリングの奥に、 ウェーブワッシャー(ポテトチップをドーナツ状にカットした形状)が、付いています。

Next

扇風機の超簡単お掃除!半年間、ホコリまみれじゃ夏は迎えられない!|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

中にはこのように羽の回転を首振りの運動に変えるギアが入っています。 これは最悪の場合火災につながりかねないので、十分な注意が必要です。 そのため、 継続して利用したり保管する環境によっては自然劣化もかなりの確率で扇風機の首振りが故障が発生してしまいます。 (更に言えば 半固形グリスも所持しています) そこで 1 一般的 使い分けの考え方はどのようでしょうか? ex 潤滑目的ではグリス>オイル>シリコン の順で選ぶ?とか、、。 台所の上にあるドラム型の換気扇が、いきなり異常音がするようになりました。 修理では無理そうなので新品と交換するべきものでしょうね。 我が家には、Google検索結果にも出てこないほど古い型の扇風機があるんですが、最近「キュルキュル」といった音が鳴り出しました。

Next

古い扇風機の不快な「キュルキュル」という異音を応急処置で消す方法

こちらの対処法は、その場合は市販のグリスを買って軸受けに付けてみると治ります。 その手のモーターはたぶんコンデンサ起動型のインダクションモーターと呼ばれるものでしょう。 掃除しないでほっとくと、5年ちょっとで壊れるケースもあります。 首振り用のノブを引き抜き(上の穴)、カバーの真ん中にあるビスを外す。 光っているとカッコいいです。

Next

扇風機の分解清掃

また、この種のモーターの軸受け部分は多孔質金属のメタルというものの周りにオイルを染み込ませたフエルトなどを配し、そのフエルトに潤滑油を保持させた構造のものが多いのですが、灯油など... 付いてない機種の方が多いです。 また、ファンモータの駆動軸の中にかくれた部分は、コイルの間の隙間などから駆動部を傾けながら油を差して行きわたらせた。 A ベストアンサー ベアリング交換で、何年でも使えます。 こうなると部品の経年劣化などが心配です。 負荷が小さく、すべりを期待する場所・・・サッシの擦れ合う部分とか、引き出しの擦れ合う部分とかには効果的です。 勿論部品を含め今はもう、製造販売していません。 残念なのは、前述のAZグリースはホムセンで一般的に置いてあるのに対して、後述のCKM-002は私の住んでいる北海道で強い「ホーマック」には置いてありません。

Next

扇風機に塗るグリスってあるの?

ママチャリ・シティーサイクル・ホムセンで売ってるなんちゃってクロスバイクなどはこの製品で十分です。 ベアリング交換で、何年でも使えます。 他のメーカーのに変えて貰うべきでしょうか? 冷房や除湿にすると寒過ぎるし、かと言って切ってしまうと暑いのです。 負荷がかかり、羽根元の軸に接する部分のプラスチックが欠けている、又は、ゆるくなっている。 (アルミが臭いを出すとする人もいます)メーカーに至っては匂いが出る材料は使っていないから臭うのは取り込んだ室内空気=室内臭ですと言いますが(メーカー点検員はそう言って帰りました)室内臭も違いがわかります。 そこでの私のおすすめは この程々の粘度が回転ですっ飛んでしまいにくく、ただのオイルでは軸から受ける圧力で外に追いやられるところをこの極圧剤が上の画像の説明のように膜を形成して守ってくれます。 それからもう一つ参考までに・・・ 運転音が気になりだしたとのことですが、この種の換気扇モーターはカバーが圧接されているものが多く、分解できませんが音の原因はモーター内部の軸受だと思います。

Next