シマノ リール 新 製品 2020。 【USシマノ】インテンザなる新ロッド誕生。2020年ゾディアスの後継か!?-TsuriLuck

2020年新製品!『NEW 20ツインパワー』ついにモデルテェンジ!こんなに進化してた!

このロッドは筆者主観でから言わせて頂くと『ありえない・・・このクラスの性能で・・・この価格・・・』正直震えあがってます。 (メインギア素材がメタニウムは超々ジュラルミン、アンタレスは真鍮という差はあります。 最後にとんでもないロッドを紹介しようと思います。 上位3機種の違いはありません。 そんな感じでびっくりです。 3月にクリスマスがくる感覚で大人しく待ちます!. あそびが無くガタツキが少ない。

Next

2020年シマノが発表しそうな新製品リールを予想

強度、耐久性、ギヤ(巻き)、軽量化、全方位的に進化しており、突っ込みどころなどないのがNEWツインパワーだと思います。 ただ個人的にはバンタムMGLのアルミモノコックボディはものすごくお金がかかった仕様だと思うので、簡単にボディサイズ違いの200番などをリリースすることは出来ないはずです。 ドラグノブ(コイルドウェーブスプリング)とかDLCラインローラーは使ってみるとしっかりと違いを体感できますね。 この記事の目次• クイックレスポンスシリーズの頂点にはヴァンキッシュ、コアソリッドシリーズの頂点にはステラ。 ベイトリールに関しては自分の釣り、フィールドに適さないので興味なし。 詳細について分からない個所もありますので、その点はご了承ください。

Next

【2020年シマノ新製品情報】スピニングリール「20 ツインパワー(TWINPOWER)」

20メタニウムDC 20ツインパワーと一緒に発売されそうなので20ツインパワーSWです。 この辺りはちょっと予想がむずかしい・・・。 家族旅行にも早起きしてチョット釣りに行けるが、大型魚とも問題なくファイト出来る。 それでいて19アンタレスよりも軽量 175g です。 BBシリーズですが、12アルテグラを主体とした体系から スタートしました。 SLXトータルコーディネートできるようになるんじゃないかなーという予想もできるし、普通にゾディアスがリニューアルするんじゃないかなとも思ったり。

Next

2020年シマノ−SHIMANO− 新製品、 ニューモデル一挙に紹介!!!

20ソルティガは、「モノコックボディ」を搭載。 その折り返し地点を通過する回数が少なければ抵抗が生じる回数を減らせ飛距離のアップにつながります。 ギアが重くなった分、各パーツの徹底した軽量化が図られていて、そこにはシマノ開発陣の本気が垣間見えます。 その分200より、20g軽量化されたので扱いやすくなってます。 2020年 結構色々なものが変わるのではないか、と考えています。 察しの良い皆さんはお気づきだと思いますが、この変更によりローター重量は重くなってしまうんですよ。

Next

2020シマノ新製品は1月14日発表!

リーズナブルな価格のビッグベイト用リールとして、アンタレスDCMDのようなラインキャパを誇るバンタムXTを是非期待しています。 個人的にもこの番手は好きですね。 「金属ローター+アルミボディ」の組み合わせで達成した圧倒的な剛性感 15ツインパワーではラインナップになかっが、NEWツインパワーではC5000XGも選択可能。 C3000MHG(240g) 唯一の2500番ボディーです。 そしてブラックとレッド。 ストッパーベアリング部、ラインローラー部に採用されています。

Next

2020シマノ新製品は1月14日発表!

風が吹くとさらに飛距離は落ちると思うが自重の重さで80m以上は飛ぶでしょう。 スピニングリールでは、兼ねてから噂されていた ツインパワーが大幅に軽量化してフルモデルチェンジされコアソリッドシリーズを継続、ステラSWにも番手が追加されています。 困ったことに。 ここまでお読みいただきありがとうございました! Thank you for reading!• 当然糸巻き量も減るので、200ではできたことがやりにくくなったりはするでしょうが、20lb以上のラインがメインでなければ100で十分だと思います。 自重19gと風が強い時の飛距離面で少し心配だが、 シンキングモデルは1㌉程度で出てくることが予想されるので飛距離面を求めるのは そちらを待ちたい。 ここからは筆者の主観的意見です! 琵琶湖またはビックフィールドでとにかく フルキャストして飛距離のある釣りをしたいという方にはとにかく 超!超!超!オススメのリールです。

Next

【2020年】シマノのリール、ロッド新製品予想してみる。ヒントはICAST。-TsuriLuck

シマノHPより ラピッドファイアドラグ ドラグノブの回転数に対するドラグ力の変化が大きく、ストラクチャー周りで魚を止めたいとき、足元で急に突っ込まれた時など、瞬時にドラグ調整をしたいシチュエーションで非常に有効な機能です。 それに伴ってギアサイズが15ソルティガより12%大きくなり、強度は2倍以上に強化されています。 展開図が無いのでわかりませんが、18ステラは一体型のラインローラーなので恐らく19ストラディックと同等のラインローラーパーツで構成されていると思います。 これは作ったご本人様より説明できるものはいないと思うので 村田基氏のチャンネルでどうぞ! 楽天で購入 他にはセフィアリミテッドなどマイナーチェンジしたロッドはあるが 大きな変更点はない。 この17アルテグラをベースに今回搭載してきたのが、20エクスセンスBBです。 レングスは7ft6inから11ftまであり、シーバスのバチ抜けパターン、サーフのヒラメ、磯のキャスティングゲームなど幅広いシュチュエーションに対応できるようになりました。

Next